10月1日の沖縄都市モノレールの浦添延長区間の開業まで、12日であと19日となった。延長区間4駅の駅舎は完成しておりモノレールが利用できない事態は生じないが、周辺道路や付帯設備は一部完成していない部分があり、県と那覇市、浦添市が工事を急いでいる。

 浦添前田駅は駅舎につながる自由通路の完成が2020年2月ごろまでずれこむ見通し。駅舎の北側と南側に階段とエレベーターを設置する計画だが北側の整備が遅れているため、利用者は当面、南側から駅舎に入る形となる。

 てだこ浦西駅には自動車からモノレールに乗り換える「パークアンドライド」のための立体駐車場が整備されているが、2基設置するエレベーターの1基について、整備が1カ月ほど遅れる見込み。

 県都市計画・モノレール課によると、建設業の人手不足などの影響から工事が落札されない不調・不落なども発生しており、遅れが生じた原因になっている。

 11日に延長区間でモノレールの試乗をした謝花喜一郎副知事は「一部施設の整備が遅れている部分があるが、最低限、モノレールの利用に支障が出ない形は整う。しばらくの間、利用者に不便を掛けることになる。なるべく早期に完成させるよう県としても取り組みたい」と語った。

 そのほか周辺道路と自動車への乗り降りができる停車帯、歩道などは10月1日までに完成する見通し。県都市計画・モノレール課は「10月の延長開業後も整備が続く部分について、大きな部分は年度内をめどに完成させたい」と述べた。