ミュージカル「えんとつ町のプペル」の出演者を募集するチラシ

 佐賀市の子どもミュージカル「ティーンズミュージカルSAGA(TMS)」(栗原誠治代表)が、西野亮廣さん原作の大ヒット絵本『えんとつ町のプペル』を舞台化する。2019年内の公演に向け、出演者を募集している。オーディションを3日午後2時半から、同市駅南本町のスタジオ「風のたね」で行う。

 『プペル』の世界観、ストーリーに魅了された栗原さんが昨年、原作者の西野さんにミュージカル化の打診をすると、脚本、演出ともに自由に制作する許可を受けた。栗原さんは「絵本の美しさを表現したい。佐賀で最高のミュージカルを作りたい」と意気込む。

 募集するのは、ミュージカルに興味があり、挑戦してみたいと思っている小学生から大学生までの10代。オーデイションでは簡単な歌唱やセリフ読み、面接などを行う。また、随時行っている体験レッスンでもオーディションに代える。

 問い合わせ、申し込みはスタジオ「風のたね」、電話0952(26)8892。