展示会をPRする伊万里・有田焼伝統工芸士会のメンバー。クリスマスツリーのオーナメントも販売する=有田町の県陶磁器工業協同組合

 伊万里・有田焼伝統工芸士会(市川光山会長)は20〜24日の秋の有田陶磁器まつりに合わせて、有田町の県陶磁器工業協同組合内にある直営の職人舎で展示会を開く。焼き物製のクリスマスツリーのオーナメント(装飾品)やアクセサリーの「ガチャポン」、会員の新作などを販売する。

 今回初めてツリーのオーナメント作りに取り組んだ。小さな陶板にサンタクロースやトナカイ、靴下などを描いた。焼き物のアクセサリー入りカプセル「ガチャポン」は1個500円で、ペンダントトップやブローチなど約200個を用意する予定。

 迎春やクリスマス向けを中心に、会員20〜30人の新作も並べる。会員の作品が当たる抽選もある。山口政勝副会長は「秋は落ち着いた雰囲気なので、散策がてらゆっくり楽しんで」と来場を呼び掛けている。問い合わせは県陶磁器工業協同組合、電話0955(42)3164。