児童に学校給食の調理現場を知ってもらう1日体験が25日、多久市南多久町の市学校給食センターであった。市内3校の義務教育学校4年生55人が参加し、調理員から大型器具の使い方の説明を受けながら、スライサーで野菜など食材を切り、夏野菜カレー作りに挑戦した。

 児童は頭にバンダナを巻き、エプロンにマスクという姿で、3班に分かれ各調理場を回った。炊飯調理場では、約80人分のごはんを炊く大型の炊飯釜を目の前で見学し、その大きさに驚いていた。

 1日体験で調理にチャレンジした夏野菜カレーは近くの公民館で振る舞われ、何杯もお代わりする児童もいた。