国土交通省は28日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」の定着を防ぐ緊急工事を伊万里市の伊万里港で実施した。巣を作らないように路面の亀裂を修復した。

 ヒアリが生息する中国などからのコンテナ貨物定期便が運航する全国68港湾のうち54カ所で一斉に行った。

 伊万里港国際物流ターミナルでは、コンテナを移動させるクレーンが稼働するエリアにあった全長31メートルの亀裂に、ヒアリが巣を作らないようにアスファルトを流し込んだ。国交省九州地方整備局唐津港湾事務所の宗勇一所長は「侵入や定着を水際でしっかり食い止めたい」と話した。

 ヒアリはこれまでに東京や横浜、名古屋、大阪、神戸、博多の6港で発見された。伊万里港は中国や韓国の週6便のコンテナ貨物便を運航しており、10日には港湾管理者の佐賀県が侵入を防ぐ忌避剤などを散布した。