「第6回カレーの王者決定戦2017inからつ」が8月6日、唐津市新興町の市ふるさと会館アルピノで開かれる。初出店の4店を含む市内外15店の自慢の味を食べ比べできる。

 佐賀は全国屈指のカレールウの消費県。唐津青年会議所(唐津JC)がそれに着目し、2012年に始めた。昨年度は2500人が来場し、チケットが完売した。

 チケットは前売り千円、当日1200円。1枚でライスとともに県産食材を使用した各店自慢のルウを5種類選んで味わい、1票を投票できる。

 参加店舗は販売歴34年から1年の各店で、唐津市からJOOK▽焼肉おおきに▽hanaはな家▽いざかやかんすけ▽新牛々庵▽Kitchen Bar ALBA▽オデカフェ▽焼肉えん▽佐里温泉銀乃湯▽caffe Luna▽イエローキッチン▽海浜館−の12店。市外から美食倶楽部富高岩(玄海町)、蘭蘭(佐賀市)、石焼きカレーm・i(鳥栖市)が出店する。

 このほか、「王座ブース」を新設し、歴代グランプリのカレーをレトルトで販売する。サイエンスショーなど多彩なイベントもある。前売り券は8月2日まで唐津JCやまいづるグループ各店、各出店舗などで販売する。問い合わせは唐津JC、電話0955(73)7205。(宮崎勝)