帰省客や観光客に鹿島市の魅力を知ってもらおうと、「鹿島おみやげフェア」が10日、佐賀空港で始まった。27日まで。市産業支援課は「ふるさとに帰ってきた思い出、そして旅のお土産として、全国に鹿島を広めてほしい」と呼び掛ける。

 夏休みやお盆の期間を利用して、空港の「SAGA空港一番館」に特設ブースを設置。稲荷ようかんや「のごみ人形」、ムツゴロウやワラスボの加工品など鹿島市の特産品を販売する。

 11、15の両日に伝統工芸品「浮立面」の制作実演を見ることができるほか、19、20の両日には浜蒲鉾(かまぼこ)の店頭販売も実施。問い合わせは同課、電話0954(63)3411。