認知症の高齢者と接するにあたり、まずは認知症について正しく理解することが重要となります。近年は、認知症に関する書籍もたくさん見られるようになり、少しずつ社会への認知も高まってきていますが、一緒に暮らす家族や介護の世界で働くヘルパーならば、患者本人や周囲の人たちを安心させられる一定の知識は持っておきたいものです。今回は、そんな認知症に関する資格の一つ「認知症介助士」について取り上げていきます。

認知症という社会課題と向き合う「認知症介助士」

「認知症介助士」は公益財団法人日本ケアフィット共育機構が主催する2014年に創設された民間資格です。認知症患者に見られるさまざまな事例をもとに適切な対応方法を学び、家庭だけでなく、家の近所や公共の場などあらゆるシーンで困っている人の手助けをすることができます。資格名に「介助士」と付いていますが、決して介護の世界で働く人だけのための資格ではなく、誰でも受験することが可能です。

例えば、スーパーマーケットなどの商店で、一日に何度も買い物に来る、金額を伝えても計算ができない、会話のつじつまが合わないなどの客がいたとします。店員が認知症に対する知識がない場合、そのまま見過ごされるばかりか「迷惑な客だ」と偏見を持たれてしまいます。もし認知症に対する正しい知識があれば、いったん保護して家族に連絡を取るなどの対応策が取れるのです。

近年、認知症とみられる高齢者の痛ましい事故が頻発しています。特に踏切事故では、鉄道会社や乗客などに多大な迷惑と被害が及ぶことになり、場合によっては損害賠償を求められることだってあるのです。周囲の人間に認知症についての知識があれば、認知症患者特有の行動や言動から、危険を事前回避することにもつながるのです。

自分のペースで好きなときに勉強・受験できる

認知症介助士の資格取得方法は極めてシンプル。自宅学習のみで受験する方法と、日本ケアフィット共育機構が主催する認知症介助セミナーを受講し、講座が終わったあとに受験する方法があります。なお、学習用に同機構が監修したテキストが用意されていますが、購入はあくまで任意となります。

試験はマークシートまたはパソコン画面への直接入力による選択式で、計30の設問に対し、21点以上で合格となります。試験時間は45分です。場所については、東京と大阪にある同機構の会場か、全国にある提携先の試験会場で受験することができます。同機構の会場で受験する場合はマークシート方式で、提携先の試験会場で受験する場合は、室内に設置されたパソコンを用いて入力する方式(CBT方式)になります。

料金は一律3,300円(税込み)ですが、認知症介助セミナーを受講する場合、別途受講料金がかかります。同時に自宅学習用のテキストの購入も必須となります。また、提携している通信講座や教育機関(大学)を通じて学習・受験することも可能ですが、この場合、受験方法など諸条件が異なります。詳しくは公式ホームページでご確認ください。