寄居町の夏を彩る「寄居玉淀水天宮祭」(同実行委員会主催)が5日、同町内を流れる荒川の玉淀河原で行われた。川面に浮かぶ舟山車と大輪の花を咲かせて清流の上空を照らす花火との競演は「関東一の水祭り」と称され、県内外から大勢の見物客が訪れた。
 水天宮祭は、水難よけと安産の神として信仰を集める水天宮の祭礼。1931年から花火大会が始まり、現在は約5千発を奉納している。
 夕方、鉢形城跡の下に集まった5隻の舟山車に、ぼんばりやちょうちんの明かりがともった。おはやしの音色とともに会場の熱気は次第に高まり、午後7時からスターマインや仕掛け花火が披露されると、夏の夜の幻想的な光景に、大勢の観客が酔いしれた。