東京都の小池百合子知事の側近、若狭勝衆院議員が政治団体「日本ファーストの会」を設立したことに対し、与野党の県関係者は静観する姿勢を示した。
 自民党県連は「政治団体を立ち上げた段階では、政党としてコメントしようがない。今後の推移を見つつ、必要な対応を検討する」と事務局としてコメントした。
 今回の設立は、小池氏が事実上率いる「都民ファーストの会」の国政進出をにらんだ布石との見方もある。
 公明党県本部代表の西田実仁参院議員(埼玉選挙区)は「中央政界にいかほどの影響を与えるかは見守っていくしかないが、政治に対する国民の信頼を取り戻すために互いに切磋琢磨(せっさたくま)していけたらいいと考える」とした。
 民進党の細野豪志元環境相が離党を表明し、若狭氏との連携を模索しているとみられる。同党県連代表の大野元裕参院議員(埼玉選挙区)は「まだ政党要件も満たしておらず、特段コメントすることはない。静かに見守るしかない」と述べた。
 共産の梅村早江子衆院議員(比例北関東)は「特に政策を打ち出しているわけではない。まだ枠組みだけで中身が分からない」とした上で、「評価ができる段階ではなく、コメントできない」と話した。