久喜署は10日、久喜市の無職女性(81)が手渡し詐欺で、現金160万円をだまし取られたと発表した。
 同署によると、9日午前10時ごろから数回、孫(23)を装う男らから「書類と小切手が入ったバッグをなくした。お金を貸してほしい」と電話があった。
 信じた女性は同日午後4時ごろ、自宅を訪れた孫の上司の息子を名乗る男に現金160万円を手渡した。女性は孫らと同居し、孫の帰宅後に詐欺と分かった。
 現金を受け取りに来た男は30代ぐらいで身長約170センチ。中肉で半袖白色のポロシャツと黒色のズボンをはいていたという。