越谷署は13日、強制わいせつ容疑で、越谷市東越谷2丁目の自称会社員の男(45)を逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前0時ごろ、越谷市の東武スカイツリーライン越谷駅ロータリーの公衆トイレで、東京都の30代女性の体を触るなどのわいせつな行為をした疑い。
 同署によると、男は「女子トイレに入ったことは間違いないが、何もしていない」と供述している。女性がトイレ直近の交番の非常通報装置を使って通報。駆け付けた同署員が、駅近くの店舗にいた男を発見し、任意同行を求めたという。