(4日・県営大宮)

 最終日は決勝を行い、ノーシードの浦和学院が4―3でCシードの花咲徳栄を下し、3年ぶり16度目の頂点に立った。

 浦和学院は二回1死二塁から藤井の適時二塁打で先制すると、四回には1死一、二塁で金田が2点二塁打を放ち追加点。3―2の六回は2死一、三塁から松嶋の一ゴロが敵失を誘って決勝点を挙げた。投げては左腕宮城と右腕三奈木の継投で、花咲徳栄の反撃を3点に抑えた。

 浦和学院と花咲徳栄は関東大会(15〜18、22、23日・山梨)に出場。浦和学院は16日の2回戦から登場して、栃木2位と対戦し、花咲徳栄は15日の1回戦で山梨3位の東海大甲府と顔を合わせる。