21日午後0時50分ごろ、春日部市粕壁の東武アーバンパークライン春日部―八木崎間の踏切で、市内に住む私立高校2年の女子生徒(16)が柏発大宮行き上り普通列車にはねられ死亡した。乗員乗客にけがはなかった。
 春日部署によると、遮断機が降りた線路内で立つ女子生徒の姿が目撃されており、自殺とみられる。女子生徒は私服姿で所持品は持っていなかった。女子生徒は同日朝に登校したが途中で行方不明になり、学校から連絡を受けた母親が同署に相談していたという。
 この事故で上下線18本が運休。最大56分の遅れが生じ、乗客約5千人に影響が出た。