みなさん家計管理はしていますか?

家計管理をしているつもりでも、上手にできているか心配…という方は多いかもしれません。

今回は、「家計簿をつけているのに貯金ができない」というお悩みを持つsaitaリーダーズのみなさんのご質問に、家計簿・家計管理アドバイザーのあきがお答えします。

実は、家計簿をつけているのに貯金ができない原因はたったの2つしかないんです。

そのたった2つの理由とは?

家計簿をつけているのに貯金ができないと悩んでいる方は一緒に考えてみてくださいね!

家計簿をつけているのに貯金ができない理由とは?

「家計簿をつけているのに貯金ができない」理由は、何だと思いますか?

正解は、以下の2つです!

1.家計簿のつけ方が間違っている

2.根本的な収支が整っていない

私は、これまでたくさんの家計簿を拝見してきましたが、「家計簿をつけているのに貯金ができない」と悩んでいる方の家計簿は、必ずと言っていいほど、上記の2つのどちらかに当てはまっています。

2つの原因について、少し詳しく紹介しますね。

1)家計簿のつけ方が間違っている

家計簿をつけているのに貯金ができない人の家計簿というのは、ほとんどの場合家計簿のつけ方が間違っています。

例えば、収支が正確に出せない家計簿のつけ方をしている、家計簿上だけ黒字にして本当は赤字なのをごまかしている、予算管理ができない家計簿のつけ方をしている…。

挙げればキリがないのですが、非常に高い確率で「こんな家計簿のつけ方で貯金ができるはずがない」と感じてしまう「意味不明な家計簿」に遭遇することが多いのです。

「意味不明な家計簿」に翻弄され、家計簿をつけているのに家計のことが自分でもよく分かっていない…、このような方には、正しい家計簿のつけ方をお伝えするのですが、みなさんみるみる家計が改善していきます。

クレジットカードの使い過ぎで自己破産してしまった方でも、数か月正しい家計簿をつけていくと見違えるような家計になることが多々あります。


2)根本的な収支が整っていない

家計簿をつけているのに貯金ができない人の家計簿の特長として、もう1つ挙げられるのは、根本的な収支が整っていないことです。

当たり前のことですが、いくら家計簿をつけても、収入以上の支出があれば貯金はできません。

節約は大切なことですが、いくら節約をしても貯金ができる金額には限界があるのも事実です。

お子さんの教育費がかかる時期や、育児休業中で一時的に収入が減ってしまう時期、大きな支出がかかってしまう時期は、いくら上手に家計簿をつけても収入以上の支出になってしまうことがあります。

ただ多くの場合は、「うちは収入が少ないから貯金ができない」「無駄遣いはしていないからこれ以上の節約はできない」と思い込んでいるだけで、実は1つ目の「家計簿のつけ方が間違っていることが貯金ができない原因だった…」というケースもよくあります。

安易に「うちは家計簿をつけても貯金はできない」と思い込まず、まず相談してみてほしいですね。

家計簿をつけることで貯金ができる家計にするには

「家計簿をつけても貯金ができない」という人は、上記のうちのどちらに当てはるか考えてみてくださいね。

先ほどもお伝えしましたが、安易に「うちは家計簿をつけても貯金ができない家計だから」とあきらめてしまうと、本当は家計簿のつけ方が間違っているだけなのに、貯金をあきらめてしまうことにもつながりもったいないですよ。

ご自分の家計の状況をよく見直したうえで、今一度家計簿のつけ方について勉強してみましょう。

なお、家計簿をつけるなら、収支が明瞭に分かる、予算管理がしっかりできる家計簿を選んでつけることがポイントです。

このような家計簿を選んでしっかり自分でも家計のことがよく分かる状況になっても貯金ができない時は、収入を上げることも検討していきましょう。

「家計簿をつけても貯金ができない」という方は、ほとんどの場合が「家計簿のつけ方が間違っている」ことが原因ですから、一人で悩みすぎずプロに相談してみるのも一つの手です。

家計簿をつけるだけで、生涯のライフプランで1000万円以上の差が出る方も良く見受けられますので、今一度家計簿の見直しを行ってみてくださいね。

文/あき(2年間で350万貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ)