秋田市保戸野の通町商店街(約60店舗)で28日、商店主らがあきた舞妓(まいこ)2人と歩道に打ち水をし、暑さを和らげ夏の涼を楽しんだ。

 通町商店街振興組合(佐藤政則理事長)が企画。午後5時ごろから浴衣姿の店主ら4人とあきた舞妓の小代美(こよみ)さん、紫乃(しの)さんの計6人が、手おけとひしゃくを持って歩道に繰り出し、水をまいた。あいにくの小雨だったが、「風情がありますね」と涼をとっていた。