秋田市の秋田竿燈まつり(国重要無形民俗文化財)が3日、秋田市の竿燈大通りを主会場に4日間の日程で開幕する。出竿本数は282本で昨年より2本増え、2011年から7年連続で過去最多となる。妙技会(昼竿燈)は4〜6日にエリアなかいちで行う。市竿燈まつり実行委員会は、期間中の観客数を昨年と同じ約132万人と見込んでいる。

 まつりを前に、参加する各町内や企業、団体は1日、最後の調整に力を入れていた。