秋田市旭川南町の国指定名勝「如斯亭(じょしてい)(旧秋田藩主佐竹氏別邸)庭園」で2014年10月に始まった修復工事が進み、内装と門の工事を残すのみとなった。10月21日のオープンに向け、着々と準備が進んでいる。

 修復工事は、これまで何度も改修を重ねて形状が変わった建物を江戸期の姿に戻す目的で行われている。柱や梁(はり)は極力残し、改築によって取り壊された南側の和室を含む木造平屋148平方メートルの建物を復元した。工事費は約4億円で、9月中に完工する見通し。