秋田県湯沢市皆瀬のそば店「かえで庵」(鈴木直喜店長)は、13日から9月末までの期間限定で、地元特産の皆瀬牛を使ったそばやカレーライスなど5品をメニューに加える。売り上げの一部は、7月の記録的大雨の県内被災地に義援金として寄付する。

 秋田市で先月開かれた「秋田牛(あきたぎゅう)」の肉質を競う共励会で、最優秀賞のチャンピオン賞に選ばれた皆瀬牛の枝肉を仕入れたことから、鈴木店長(48)が「皆瀬の特産品をアピールしよう」と新メニューを考案した。

 「皆瀬牛の肉おろしそば」(税込み1100円)は、冷たいそばに、煮込んだ牛すじや地熱を活用して栽培されたネギ、三つ葉、大根おろしなどをのせたボリューム満点の一品。このほか「皆瀬牛筋肉のカレー」(同950円)、「皆瀬牛丼とおそばのセット」(同1280円)などを用意した。