スタート:地下鉄半蔵門.浅草線・京成押上線・東武スカイツリーライン押上駅ー(12分/0.8㎞)→たばこと塩の博物館ー(4分/0.3㎞)→大横川親水公園ー(11分/0.7㎞)→東京スカイツリーー(すぐ)→すみだ水族館ー(すぐ)→コニカミノルタプラネタリウム”天空“ー(すぐ)→郵政博物館ー(すぐ)→産業観光プラザすみだ まち処ー(2分/0.1㎞)→屏風博物館ー(5分/0.3㎞)→源森橋ー(4分/0.3㎞)→ゴール:地下鉄浅草線本所吾妻橋駅 今回のコース◆約2.5㎞/約40分/約3300歩

押上・東京スカイツリー®の基礎知識

電波塔、観光施設として2012年に開業した東京スカイツリー。足元には商業施設やオフィスビルがある。観光スポットで、浅草観光とともに訪れる人も多い。

押上エリアは古くからの住宅街であるとともに、職人が住む街としても知られ、町工場や工房などが点在する。墨田区では「ものづくりの街」の魅力を発信するため、屏風や紙製品、指物などの工場や工房を「小さな博物館」として認定。片岡屏風の『屏風博物館』もその一つだ。

大横川親水公園沿いには、日本たばこ産業の敷地にある倉庫を改装してオープンした『たばこと塩の博物館』もあり、博物館巡りが楽しいのもこのエリアのもう一つの魅力だ。

1 たばこと塩の博物館

たばこと塩の歴史と文化について学ぶ

かつて専売品であった「たばこ」と「塩」の歴史と文化を展示する博物館。たばこの起源から専売時代の話、世界や日本の塩についてなど、実物や模型を使って詳しく紹介している。

たばこと塩の博物館
住所:東京都墨田区横川1-16-3/営業時間:11:00〜16:30/定休日:月(祝の場合は翌)/アクセス:私鉄・地下鉄押上(スカイツリー前)駅から 徒歩12分

2 大横川親水公園

東京スカイツリーを望む公園

総延長約1.8㎞の公園。小さな子供にうれしいじゃぶじゃぶ池や遊具、芝生広場や緑豊かなビオトープ、魚つり場などにゾーニングされ、多彩に遊べる。

大横川親水公園(おおよこがわしんすいこうえん)
住所:東京都墨田区吾妻橋3〜緑4/営業時間:園内自由(魚つり場は9:00〜17:00)/定休日:無/アクセス:私鉄・地下鉄押上(スカイツリー前)駅から徒歩5分

3 東京スカイツリー®

世界一の高さ誇る自立式電波塔

高さ634mあり、地上350mにある天望デッキ、地上450mにある天望回廊の2つの展望台を備える。眼下には建物で埋まる東京の街を一望できる。カフェやレストランも併設。

東京スカイツリー®
住所:東京都墨田区押上1-1-2/営業時間:天望デッキ8:00〜21:00(天望回廊は〜21:20)/定休日:無/アクセス:東武スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅から徒歩1分

4 すみだ水族館

生き物の命と命を育む水を体感

約260種、約7000点の生き物を展示する都市型水族館。小笠原諸島の海をテーマとした小笠原大水槽、ペンギンを間近で見られる屋内開放型プールなどがある。

すみだ水族館
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5・6F/営業時間:10:00〜20:00(祝は9:00〜)/定休日:無/アクセス:私鉄・地下鉄押上(スカイツリー前)駅から 徒歩1分

5 コニカミノルタ プラネタリウム“天空”

本物の星空と見間違える映像美

約40万個の星が輝く臨場感ある映像が美しい。著名人によるナレーション作品や、アロマを使ったヒーリングプラネタリウムなど多様な作品が揃う。

コニカミノルタ プラネタリウム“天空”(コニカミノルタプラネタリウムてんくう)
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・イーストヤード7F/営業時間:10:30〜22:00(土・日・祝は9:30〜)/定休日:無/アクセス:私鉄・地下鉄押上(スカイツリー前)駅から 徒歩1分

6 郵政博物館

切手や郵便の世界を学ぶ

約33万種の切手や、郵政と通信の関係資料約400点を使い、7つのコーナーに分けて展示する。デジタル技術を駆使した体験型展示も楽しめる。

郵政博物館(ゆうせいはくぶつかん)
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9F/営業時間:10:00〜17:30/定休日:不定/アクセス:私鉄・地下鉄押上(スカイツリー前)駅から 徒歩1分

7 産業観光プラザ すみだ まち処

墨田印の手みやげはここで

江戸切子や革製品といった東京都墨田区ゆかりの工芸品の販売、伝統工芸実演コーナーなどを通じて、東京都墨田区のモノづくりの魅力に触れられる。

産業観光プラザ すみだ まち処(さんぎょうかんこうぷらざまちどころ)
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F/営業時間:10:00〜21:00/定休日:不定/アクセス:私鉄・地下鉄押上(スカイツリー前)駅から 徒歩1分

8 屏風博物館

屏風づくりの手しごとを知る

昭和21年(1946)創業で、節句用の屏風やホテル式場、室内装飾用などの屏風を制作する『片岡屏風店』に併設。これまでの作品を展示し、小さな博物館として公開。屏風づくり体験(要予約)も行う。

屏風博物館(びょうぶはくぶつかん)
住所:東京都墨田区向島1-31-6/営業時間:10:00〜17:00/定休日:土(不定)・日・祝/アクセス:私鉄・地下鉄押上(スカイツリー前)駅から 徒歩2分

shake tree DINER

肉の食感を楽しむホットドッグ

アメリカンダイナーならではの豪快な食事と雰囲気を楽しめる。店内加工のソーセージ、甘めのバンズ、自家製チリソースのチリチーズドッグ1500円は、ボリューム満点でおすすめ。

shake tree DINER(シェイクツリーダイナー)
住所:東京都墨田区向島1-23-11 東京ミズマチE06/営業時間:03-6658-8017/定休日:火/アクセス:私鉄・地下鉄押上(スカイツリー前)駅から徒歩3分

レストラン吾妻

昭和初期から変わらぬ味を

創業は大正2年(1913)。名物のオムライス3520円(オードブル付き)は、ケチャップライスに、じっくり煮込んだ自家製デミグラスソースをかけたもので、とろふわ食感がたまらない。

レストラン吾妻(レストランあづま)
住所:東京都墨田区吾妻橋2-7-8/営業時間:17:30〜20:00LO/定休日:火・水・木/アクセス:地下鉄浅草線本所吾妻橋駅から徒歩3分

【街探検】東京スカイツリー®スポット

近くからも遠くからもどこから見ても楽しい東京スカイツリーの絶景ビュー

錦糸公園からの眺め。
錦糸公園からの眺め。

地元押上はもちろん、東京スカイツリーを見られる場所は、各所にある。東京スカイツリーの足元にある東京ソラマチは、仰ぐように見上げるため、ツリーのてっぺんまで見るのも難しいぐらいだ。

押上駅から歩いて5分ほどの十間橋と本所吾妻橋駅に近い源森橋は、北十間川に映る「逆さツリ−」を見ることができ、撮影スポットとなっている。特に夜のライトアップは、真っ暗な川面に姿を映し、日中とは違った景色を見せてくれる。

浅草エリアも絶好ポイント。隅田川の墨田区役所をはじめ、駒形橋からは、アサヒビールタワーと隅田川を運航する水上バスとともに東京スカイツリーが眺められ、開放的な景色は都内屈指の絶景スポットといえる。浅草寺境内からも見ることができ、浅草寺五重塔とタワーの共演は、ここでしか見ることができない。

少し離れた場所ならば、錦糸町もおすすめ。錦糸公園からは、公園の遊具と周辺のビル越しにツリーが顔をのぞかせ、また違った角度のツリーを楽しむことができる。

取材・⽂・撮影=アド・グリーン
『街がわかる 東京散歩地図』より