カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。 特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。 今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の高田馬場編の第二弾です。

台湾と日本の文化を繋ぐコーヒースタンド

JR高田馬場駅から、早稲田通りを小滝橋方面に6分ほど歩いた横路地にある『LIWEI COFFEE STAND(リウェイコーヒースタンド)』。

2020年12月にオープンした比較的新しいお店ですが、美しいラテアートで開店当初から人気のお店です。

台湾出身の李維軒(リウェイ)さんと、日本人の奥様でオープンしたお店。

台湾と日本の文化の融合が違和感なく素敵に楽しめる店内は、ゆったりとした席間で落ち着いて過ごせます。

器にもこだわっていて、有田焼の中華カップで提供するラテメニューもあります。

また奥様がデザインしたアクセサリーやTシャツなども販売されていて人気になっています。

珈琲豆は自家焙煎で、販売もしています。

おしゃれなパッケージですが、お店のロゴやデザインも奥様が担当されているとのことです。

世界チャンピオンのラテアート

李維軒さんは、数々のラテアートの大会に出場経験があり、過去には優勝されたこともある凄腕のバリスタ。

もちろん黒猫も、最高のラテを味わいたいと数あるラテメニューの中から、BLACK LATTE をお願いしました。

まず、茶筅で竹炭パウダーを点てます。

そして李維軒さんが、フォームドミルクを注いでいくと、みるみる美しい絵柄が…。

あっという間に、きめ細かく美しいラテアートが完成。

その美しい仕上がりに、黒猫テンションMAXひゃっほー!

竹炭のラテの味わいは普通のラテと大差ありませんが、口が少し黒くなります(笑)。

でも口が黒くなるのでと、おしぼりを2つ出してくれるので安心ですよ。

自家製スイーツが絶品!

BLACK LATTE 650円。自家製季節のレアチーズケーキ 600円。
BLACK LATTE 650円。自家製季節のレアチーズケーキ 600円。

黒猫の経験上ですが、珈琲の美味しいお店の自家製スイーツは美味しい。

もちろん、こちらのお店のスイーツも珈琲に良く合う絶品スイーツです。

濃厚で爽やかな後味のレアチーズケーキは、珈琲のオトモの定番ですが、こちらは季節のフルーツが中にごろごろ。

伺った時は(2021年10月)シャインマスカットのレアチーズケーキで、シャインマスカット好きの黒猫は悶絶する美味しさ。ケーキ屋さんでもレアチーズケーキの中にフルーツは、あまり見かけないですよね。このアイデアは、さすがです。

シャインマスカットの前は、桃のレアチーズケーキだったそうです。シャインマスカットの次のフルーツも楽しみにゃー♪

チョコレートドーナツ 450円。
チョコレートドーナツ 450円。

そしてもうひとつおすすめが、このドーナツ。

表面のチョコパリパリで、ドーナツ自体も、ふわふわでもパサパサでもなく“しっとりしっかり”でウマウマ。

ブラックラテと一緒に味わえば、口の周りが竹炭まみれチョコまみれになりながら、至福の美味しさが楽しめます。

自家製スイーツは他にも、プリン(600円)、キャロットケーキ(550円)があります。

プリンはもちろん、最近キャロットケーキがブームになってきているので気になるなあ。

また残りのスイーツ制覇に伺わねば♪

 

美しいラテアートと、大満足自家製スイーツで、今回も大満足の“黒猫スイーツ散歩”だったにゃー♪

『LIWEI COFFEE STAND』店舗詳細

LIWEI COFFEE STAND
住所:東京都新宿区高田馬場4-18-12/営業時間:10:00〜18:00/定休日:不定/アクセス:JR高田馬場駅徒歩約6分

取材・文・撮影=ミスター黒猫

ミスター黒猫
日本一パンケーキを食べる男
朝は喫茶店のモーニング・昼はカフェでランチ・おやつはパンケーキ・スイーツを食べ歩くのが日課。雑誌FLASHでは【日本一パンケーキを食べる男】として紹介される。カフェ・純喫茶・パンケーキ・スイーツなどを年間約1000店以上訪問。Instagramでも約6万人のフォロワーに毎日2回スイーツ情報を発信し、テレビ・ラジオ・webメディアなどでも活躍中。