三鷹の地に純喫茶と呼ばれる店は、どれほど残っているのだろうか。 今や新進のカフェがひしめくようになった三鷹駅南口で、時代の変化を見つめながら今も変わらぬ営業を続ける店がある。その名は『喫茶リスボン』。 なんと言っても店の名物は「モーニングメニュー」と「ランチバスケット」だ。開店当時から変わらないというそのメニューには安心感を抱く。

昭和の栄華をかけぬけ、今もなお三鷹で営業する老舗純喫茶

南口から徒歩3分、商店街の交差点沿沿いに、古めかしさを感じる商業ビルが見えてくる。ふと奥へ目をやるとビルの地下に飲食街があることに気づく。「こんなところに飲食店街があるのか」。日頃街を歩いていてもなかなか気づきにくい。

「地下1階ってわかりにくいですよね。長くこの場所で店をやってますけど、コロナ禍になってビルの1階でテイクアウト販売を始めたら、『地下に喫茶店があったんだ!』と驚かれて。初めて足を運んでくれる人が増えています」そう語るのは御年69歳のマスター、武内勇さん。

そうなのだ。この店の歴史は実に長く、創業は昭和33年。戦後の街で区画整備が始まったという時代からこの地で営業を始め、昭和・平成・令和と移り変わりを眺めてきた店なのだ。それでもまだまだ新しい人との出会いがあるようだ。

「昔から通ってくれている人が多いんですよね。でもこうした新しい出会いもうれしいもの」

ビルの地下1階に昔ながらの小さな飲食店街。『リスボン』はここで営業している。
ビルの地下1階に昔ながらの小さな飲食店街。『リスボン』はここで営業している。
朝7時半から営業しているのがうれしい。モーニングセットは驚きの170円。
朝7時半から営業しているのがうれしい。モーニングセットは驚きの170円。

武内さんは2代目マスターであり、両親がこの場所で営業を始めた。

「最初はね、地上で営業していたんです。長屋に入った喫茶店だったんですけど、まだ喫茶店なんてない時代でね。街の人にとってコーヒーを飲める場所は限られていた。喫茶店でコーヒーを飲めるということは人々にとって贅沢でもあり、癒やしでもあったんです。本当にいろんな方が訪れてくれましたよ」

その後、駅前が開発されてビルが建ち、地下の飲食街へと店を移した。なるほど、どこか昔ながらの名残を感じる飲食店街だったのはそういう所以なのかと感じる。

店内にはタバコの染みが残り、音楽は明るく陽気な60年代のものがかかっている。カウンター席とテーブル席があるが、みなそれぞれ好む位置で静かに過ごす。客の多くは一人客で、朝から新聞を読んだり読書をしたりしている姿は「昔ながらの喫茶店」の雰囲気が満点だ。

「かけている音楽は僕が選んでいてね、オールディーズが好きだからそれが中心。きているお客さんも昔からの人で、みんなにとっても懐かしんでもらえるしね」

柔らかな明かりの温かみがある店内。雑然と並ぶ荷物たちにも味がある。
柔らかな明かりの温かみがある店内。雑然と並ぶ荷物たちにも味がある。

リーズナブルなメニュー、わがままオーダーもおまかせ。マスターはいつでも客の想いに応える

『リスボン』といえば驚きなのはそのメニューのラインナップと価格。なんと昔から変わらない価格で提供している。

名物のモーニングセットと、ランチバスケットは必ず頼みたい。モーニングは、170円。ランチは340円。なんだかちょっと申し訳ない気持ちになる。

「儲けというより、ここにきているお客さんに少しでも楽しんで欲しい、また訪れて欲しいという気持ちでやっていますね。女房には呆れられているけど(笑)」

ランチバスケットは日替わりメニューが掲示されている。ランチメニューでありながらも閉店までオーダー可能だ。
ランチバスケットは日替わりメニューが掲示されている。ランチメニューでありながらも閉店までオーダー可能だ。

モーニングは開店から朝11時までの間に、トーストかドッグ、卵、サラダの組み合わせが提供される。ランチバスケットは日替わりパン2種と、ミニサラダ、ミニヨールグルト、フルーツがつく。どちらもびっくりするくらいのボリュームで頼まずにはいられない。

この日はランチバスケットをいただく。さっくりとしたピーナッツバタートーストに、ハムチーズサンド、マカロニサラダに今日のフルーツは苺が。

温めたばかりのさっくりトーストにたっぷりのピーナッツバタートーストが懐かしさを感じます。ヨーグルトには青リンゴのシャーベットがひとさじ。ヨーグルトとの交わりがよく後味が爽やかだ。

「どちらも季節に合わせてメニューを変えているんですよ。今日はこのフルーツがいいかな?とか、今日はこっちのサラダにしようかな、ヨーグルトにつけ合わせるシャーベットは何にしようかなと。そんなちょっとしたことなんだけどね、訪れる人が喜んでくれるのがうれしいからさ」

盛り沢山のランチバスケット340円にブレンドコーヒーを合わせて。
盛り沢山のランチバスケット340円にブレンドコーヒーを合わせて。

そして、デザートにも食事にもなるこのクリームトーストも是非食して欲しい。バターが塗られているトーストには、シロップとたっぷりのクリームが。しっかりトーストに伸ばして頬張ると、その優しい甘みに幸せな気持ちになる。コーヒーとの相性もまた抜群だ。

たっぷりのクリームとシロップが幸せな気持ちにしてくれる、クリームトースト320円。
たっぷりのクリームとシロップが幸せな気持ちにしてくれる、クリームトースト320円。

単品のフードはオーダーが自由。基本のフードメニューにサイズの大小・トッピングの追加、マスターはなんでも応えてくれる。店のメニューには「わがままなオーダーお待ちしています」とのメッセージがあり、おおらかなマスターの人柄が窺える。

そう、忘れてはならない。喫茶といえばやはりブレンド珈琲。カウンター横に設えられたサイフォンで丁寧に淹れる。昔ながらのブレンド珈琲に始まり、アメリカン珈琲、ミルク珈琲、ウインナー珈琲など、変わらぬ味が提供されている。

 

変わらぬ味のブレンドコーヒーは350円。コーヒー豆の販売もしている。
変わらぬ味のブレンドコーヒーは350円。コーヒー豆の販売もしている。
朝11時まではモーニングセットをぜひ。ドッグかトーストか選べる。お供にはクリームたっぷりのココア450円を。
朝11時まではモーニングセットをぜひ。ドッグかトーストか選べる。お供にはクリームたっぷりのココア450円を。

マスターはとっても気さくだ。誰かを喜ばすことが好きだといい、そんな気持ちを第一に店を長年続けてきたそうだ。

「時代は移り変わるし、カフェはたくさん増えてきているけどね。いつまでも変わらないこの雰囲気、この場所を求めている人のためにまだ頑張ろうと思ってるよ」

リスボン
住所:東京都三鷹市下連雀3-27-9 B1F/営業時間:7:30〜19:30LO/定休日:日/アクセス:JR中央本線三鷹駅から徒歩3分

取材・文・撮影=永見薫

永見 薫
ライター
まちづくり系の仕事を経て2014年よりライター。お散歩大好き、過去地図が好物。住宅地図片手にズンズン歩くも道にさまようのが悩み。店主さんと仲良くなってすぐに熱い抱擁をかわす癖が。