各駅停車の都電のようにコツコツと。ここに並びしは、流行に一瞥(いちべつ)もくれず、自らのラーメンを研鑽(けんさん)し続ける店ばかり。東京の穴場で、じんわり染みる一杯を。

魚貝中華そば 西尾久さんご [ 荒川遊園地前 ]

元シェフが導く海と森の香りの邂逅(かいこう)

 煮干ラーメン トリュフ風味 800円・食感のいいストレートの細麺。しっかりと煮切った、しっとりチャーシューも出色。
煮干ラーメン トリュフ風味 800円・食感のいいストレートの細麺。しっかりと煮切った、しっとりチャーシューも出色。

元イタリアンシェフの羽田太志さんが還暦を機に開店。看板の煮干ラーメンは、水出し・炊き出しのほか多様な方法で出汁を取り、煮干しや本枯れ節などの旨味と香りのみを抽出。
そこに合わさる芳醇なトリュフソースとのペアリングには、海と森の情景が同時に浮かぶよう。ほかにもドライトマトを使ったつけ麺など経験を活かした各麺に、早くも固定ファンが。開店早々大忙しでも、奥さんと娘さんに助けられ、オールドルーキー奮闘中!

ふすま入りの太麺とエビの深い香りが好相性の、濃厚エビ豚骨つけ麺850円(普通盛)。
ふすま入りの太麺とエビの深い香りが好相性の、濃厚エビ豚骨つけ麺850円(普通盛)。
赤いアロハは家族からの還暦祝い。全5席。
赤いアロハは家族からの還暦祝い。全5席。

『魚貝中華そば 西尾久さんご 』店舗詳細

魚貝中華そば 西尾久さんご
住所:東京都荒川区西尾久7-1-10/営業時間:11:30〜19:30(売り切れ次第終了)/定休日:月〜木/アクセス:都電荒川線荒川遊園地前停留場から徒歩4分

中華そば 虎桜 [ 町屋二丁目 ]

各麺旨く“白黒”はっきりつけがたし

ワンタン中華そば 白だし 980円 パツンと切れる中細のストレート麺にスープがよく絡む。ワンタンはエビ・肉各2個入りで大ぶりの皮はツルツル。
ワンタン中華そば 白だし 980円 パツンと切れる中細のストレート麺にスープがよく絡む。ワンタンはエビ・肉各2個入りで大ぶりの皮はツルツル。

2015年、町屋になかった醤油ラーメン専門店をオープン。やや甘みのある白醤油を使った「白だし」は、ハマグリやアサリなどの貝類を軸とした粘度のあるスープに仕上げ、漁師鍋のごとく味わい深い。かたや「黒だし」はコクのある再仕込み醤油のタレを、シイタケや豚など力強い出汁が支える。醤油にこだわり、塩は使わず基本無化調! お客の要望で品書きが増え、現在はつけそばも担々麺も白・黒をチョイス可能に。

担々麺 白850円は白だしのスープを使い、辛みとまろやかさを両立。
担々麺 白850円は白だしのスープを使い、辛みとまろやかさを両立。
都電を望む店内。全16席。
都電を望む店内。全16席。

『中華そば 虎桜』店舗詳細

中華そば 虎桜(こざくら)
住所:東京都荒川区荒川6-20-12 岸ハイツ1F/営業時間:11:00〜14:30LO・17:30〜22:00LO/定休日:月/アクセス:都電荒川線町屋二丁目停留場から徒歩2分

麺処 富士松 [ 荒川遊園地前 ]

旨味の層を丁寧に重ねた流麗スープ

特製塩らーめん 950円 シソとネギ油がスープに風味をプラス。豚肩ロースと鶏モモチャーシューは注文後に炭火焼き。
特製塩らーめん 950円 シソとネギ油がスープに風味をプラス。豚肩ロースと鶏モモチャーシューは注文後に炭火焼き。

「腰を据えてラーメンと向き合うため、忙(せわ)しくない雰囲気のこの場所で開店しました」と店主・藤松謙太郎さん。メニューによって5種も使い分ける麺に、その気概がちらり。看板の特製塩らーめんは、ストレートの細麺が美しい黄金スープの中を泳ぐ。澄んだスープをすすると、鶏ガラや煮干し、かつお節などから取った出汁に干した貝柱やエビを使った塩ダレの旨味が重なり、和のお出汁のように飲み干せる味わいだ。

藤松さんは海老名の名店「中村屋」で修業。
藤松さんは海老名の名店「中村屋」で修業。

『麺処 富士松 』店舗詳細

麺処 富士松
住所:東京都荒川区西尾久7-19-6 ベルメゾンヤスダ104/営業時間:11:00〜15:00 ・18:00〜21:00/定休日:水/アクセス:都電荒川線荒川遊園地前停留場から徒歩1分

ラーメン いいかお [ 庚申塚 ]

優しい味わいに2坪が笑顔で満ちる

煮干しが薫る白醤油ラーメン 850円 ゼンマイにミツバと具材も胃に優しい。低温調理のチャーシューは肩ロースと鶏モモ。
煮干しが薫る白醤油ラーメン 850円 ゼンマイにミツバと具材も胃に優しい。低温調理のチャーシューは肩ロースと鶏モモ。

両輪のひとつ、煮干しが薫る白醬油ラーメンは、愛知県・七福醸造の白醤油を使用。麹感のある甘い香りの白醤油と、3種の煮干しから取ったまろやかなスープが見事に調和。一方、天然醸造醤油ラーメンは愛媛県の巽(たつみ)醤油などのコクと、鶏ガラ出汁が相思相愛。ともに平打ちの細麺がスープをよく拾い、シンプルだけど、心へじんわり響く味わい。まるでおかんの作るお吸いもののような安心感に包まれるのだ。

数種類の醤油が香り立つ天然醸造醤油ラーメン850円。
数種類の醤油が香り立つ天然醸造醤油ラーメン850円。
店主の早川文雄さんは末広町「福の神食堂」の元スタッフ。全4席。
店主の早川文雄さんは末広町「福の神食堂」の元スタッフ。全4席。

『ラーメン いいかお』店舗詳細

ラーメン いいかお
住所:東京都豊島区巣鴨4-35-2 岩下ビル1F/営業時間:11:00〜14:30・18:00〜20:00(日・祝は昼のみ)/定休日:月/アクセス:都電荒川線 庚申塚停留場から徒歩2分

麺創庵 砂田 [ 庚申塚 ]

モチモチ麺で中華そばのさらなる高みへ

ワンタン麺 1030円 ワンタンは極薄生地のトゥルトゥル食感が心地よい。
ワンタン麺 1030円 ワンタンは極薄生地のトゥルトゥル食感が心地よい。

「巣鴨という土地柄、誰にも親しみやすい中華そばで勝負したかった」と店主・砂田裕史さん。福島の白河ラーメンをベースに、自分なりの味を探求。名古屋コーチンやはかた地どりなどを昆布水で約12時間煮込んだスープに、窯で炭焼きした香ばしいチャーシューのタレを加え、奥行きのある一杯に。スープをしっかり纏(まと)う手打ちの縮れ麺をすすれば、愉悦のモチモチ感に顔がほころぶ。開店2年でこの行列も納得。

冷蔵庫で1日寝かし足踏みで鍛えた麺。岩手県産小麦・もち姫を加えることで、モチモチに。
冷蔵庫で1日寝かし足踏みで鍛えた麺。岩手県産小麦・もち姫を加えることで、モチモチに。
50歳を過ぎ、愛するラーメンの道へ。今後は新メニューも登場予定。
50歳を過ぎ、愛するラーメンの道へ。今後は新メニューも登場予定。

『麺創庵 砂田』店舗詳細

麺創庵 砂田(めんそうあん)
住所:東京都豊島区巣鴨4-24-6 富士ビル/営業時間:11:00〜17:00(売り切れ次第終了)/定休日:水・木/アクセス:都電荒川線 庚申塚停留場から徒歩6分

取材・文=鈴木健太 撮影=木村心保
『散歩の達人』2022年5月号より