かつて花街として栄え、今もその趣のある街並みが残る神楽坂。高級で敷居が高いお店ばかりが立ち並ぶイメージだが、実は気軽に立ち寄れるリーズナブルな飲食店もたくさんある。ここでは神楽坂・飯田橋周辺で1000円以下でランチが食べられる15店をご紹介!

【老舗でお手軽ランチ】

地元に愛され続ける老舗カフェのパスタランチ『コパン』[神楽坂]

神楽坂駅を出て神楽坂通りを下ってすぐのところにある老舗のカフェ『コパン』は、地元の人が気軽に集まる社交場のようなお店。神楽坂散策の途中にふらっと1人で立ち寄っても、グループでゆったりと雑談を楽しんでも大丈夫だ。
ランチの定番パスタセットは12種類から選べる。一番人気はナポリタンのセット。常連客が毎日でも注文できるようにと、シンプルな味付けにしている。具材はピーマン、玉ねぎ、ウィンナーで、パスタのモチモチ感とあわせて、まさに王道のナポリタンだ。
ランチではほかに、月替わりメニューやサンドイッチ類も充実している。
看板商品の神楽坂シュークリームは2層のたっぷりクリーム(カスタードクリームと生クリーム)で大きめサイズ。スイーツも忘れずにチェックしよう。

ナポリタンのパスタセット。セットメニューにはミニサラダとプチデザート、ドリンクが付く。
ナポリタンのパスタセット。セットメニューにはミニサラダとプチデザート、ドリンクが付く。
看板メニューの神楽坂シュークリーム。遅い時間だと売り切れることも。
看板メニューの神楽坂シュークリーム。遅い時間だと売り切れることも。
長く愛され続けるお店は地元の人や神楽坂で働く人たちでにぎわう。
長く愛され続けるお店は地元の人や神楽坂で働く人たちでにぎわう。

『コパン』店舗詳細

コパン(こぱん)
住所:東京都新宿区神楽坂6-50 勝村ビル1F/営業時間:7:00〜20:50LO(土・日・祝は8:00〜19:50LO)/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩1分

サックサクのフライが絶品!日替りランチ『キッチンアオキ』[飯田橋]

東西線飯田橋駅A4出口から徒歩1分。1966年創業の『キッチンアオキ』は、近隣の会社員から社員食堂のように重宝されてきた老舗洋食屋だ。先代の青木秀雄さんが始めた店を、息子の真太郎さんが2代目として守る。
揚げ物を中心に豊富なメニューがずらり。ご飯はお茶碗で、みそ汁や冷奴付きと、見た目は和風弁当の趣き。
おすすめは日替りランチだ。メンチカツ・海老フライ・カニポテトコロッケと、曜日で内容が変わるので、毎日食べに来てもいつも違うおかずが楽しめる。
おいしさの秘訣は先代の頃から使う「パン粉の主張が強過ぎない、うちのフライを活かすパン粉」だ。注文ごとに衣をつけるところから、作りたて揚げたてにこだわり、揚げるそばからいい香りが漂う。昔からの常連さんが親子3代で通う、あたたかくやさしい味であふれる店だ。

曜日でおかずが変わる、日替りランチ980円。冷奴、ライス、みそ汁、キャベツサラダ付き。
曜日でおかずが変わる、日替りランチ980円。冷奴、ライス、みそ汁、キャベツサラダ付き。
海老フライは薄衣で仕上げてこの大きさ。弾けるようなぷりぷり食感♪
海老フライは薄衣で仕上げてこの大きさ。弾けるようなぷりぷり食感♪
赤いテントとコックさんの看板がひときわ目につく。
赤いテントとコックさんの看板がひときわ目につく。

『キッチンアオキ』店舗詳細

キッチンアオキ(きっちんあおき)
住所:東京都千代田区飯田橋4-8-11/営業時間:11:00〜14:30LO・17:00〜20:30LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩2分

奥深い味わいの継ぎ足しカレーが大人気『二丁目食堂 トレド』[神楽坂]

JR飯田橋駅から徒歩3分の場所にある神楽坂の老舗洋食店『二丁目食堂 トレド』。大人気メニューの1つ、継ぎ足しカレーは、お店の創業の時から「継ぎ足し」で出され続けてきたメニューだ。ビル建て替えのための休止を挟むものの、50年続く伝統の味わいは、ほかでは決して味わうことのできない一品。
まず感じるのはやさしい深み。もちろんしっかりとスパイスは効いているのだが、それを包み込むようにまろやかな旨味が広がる。
このまろやかさと深みは、もちろん継ぎ足し効果も大きいが、バナナやマンゴー、リンゴや野菜などが17種類も投入されているという。この素材を注ぎ足された「親カレー」に混ぜることで、どこにも真似できない奥深いカレーの味ができあがっている。
継ぎ足しカレー単体のほかにも、オムライス、トンカツ、ナポリタンとカレーがワンプレートに盛られた“大人のお子様ランチ”トルコライスも人気だ。

50年の伝統を誇る継ぎ足しカレー850円。商標も取得している。
50年の伝統を誇る継ぎ足しカレー850円。商標も取得している。
料理の写真やメニューが多数貼られた窓からカウンターと厨房が垣間見える。
料理の写真やメニューが多数貼られた窓からカウンターと厨房が垣間見える。
テーブル席の壁には神楽坂とお店の歴史を物語る写真の数々が飾られている。
テーブル席の壁には神楽坂とお店の歴史を物語る写真の数々が飾られている。

『二丁目食堂 トレド』店舗詳細

二丁目食堂 トレド(にちょうめしょくどう とれど)
住所:東京都新宿区神楽坂2-6-7 ポルタ神楽坂1F/営業時間:11:00〜15:00・17:00〜22:00(土・日は11:00〜22:00)/定休日:月/アクセス:JR中央線飯田橋駅から徒歩3分、地下鉄飯田橋駅から徒歩1分

“海の宝石箱”ばらちらしをカウンターでいただく『すし茶屋 吟遊』[神楽坂]

神楽坂駅2番出口から徒歩1分の早稲田通り沿いにある『すし茶屋 吟遊』は、1987年にオープンしたお寿司屋さん。
神楽坂で寿司と聞くと少々腰が引けるが、店先に出されたお昼の献立には料理写真とともに値段もしっかり載っている。メニューは20種類以上、しかもほとんどが1000円以下! こんなお手頃価格でカウンター寿司が体験できるなんて夢みたい。
丼の人気No.1メニュー・ばらちらし990円は、色鮮やかでまるで“海の宝石箱”。ここで使われているマグロはなんと、夜のメニューでが1貫500円で出されているマグロと同じもの。しっかり下味が付いていて、醤油を使わなくてもそのままでどんどん箸が進む。
「他所で仕込んだものをそのまま使うことをしない」というのが店のこだわり。すべて職人さんの手で丁寧に作られる。
カウンターの寿司未体験の人は、まずはランチで一歩を踏み出してみてはどうだろう。

昼特ばらちらし990円。色鮮やかな盛り付けはまさに“海の宝石箱”。
昼特ばらちらし990円。色鮮やかな盛り付けはまさに“海の宝石箱”。
神楽坂駅2番出口からすぐの早稲田通り沿いにある。
神楽坂駅2番出口からすぐの早稲田通り沿いにある。
憧れのカウンター席。職人さんとの会話も楽しい。
憧れのカウンター席。職人さんとの会話も楽しい。

『すし茶屋 吟遊』店舗詳細

すし茶屋 吟遊(すしぢゃや ぎんゆう)
住所:東京都新宿区矢来町110/営業時間:11:30〜13:40LO・17:30〜22:00/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩1分

【雅でおしゃれ!】

昭和レトロな空間の復刻・グリーンカレー『神楽坂 和らく』[神楽坂]

『神楽坂 和らく』は、牛込神楽坂駅から大久保通りを牛込坂上に向かい、交番の脇の路地を入った路地にある1軒古民家。炉端席や階段下の隠れ家のような個室、畳敷きにテーブル席の広間や個室がある。細めの格子や使い込まれた簾、数寄屋風の床の間を設えた和空間で、平日ランチ限定の復刻・生麩入りグリーンカレーを注文。
艶消しの黒の器に盛り付けて、トーンの近い生麩を添えたグリーンカレーは、しっとりとした風情と華やぎのある和のお膳。揚げた生麩を箸でつまんでみると、しっかりとした食感。口に入れると、ぷにっとした弾力、揚げの香ばしさがグリーンカレーを受け止めている。
豚のスライス肉と鶏肉の両方が入っていて、グリーンカレーならではの香りと爽快さがあるけれど辛さはマイルド。タケノコやきくらげの歯ごたえも楽しい。
まずは平日ランチを全制覇、そしていつかは懐石コースやお祝い膳、夜のメニューも味わってみたい。

和らく名物、平日限定の復刻・生麩入りグリーンカレー1000円。
和らく名物、平日限定の復刻・生麩入りグリーンカレー1000円。
グリーンカレーに揚げた生麩、斬新だけど驚くほど相性のよい取り合わせ。
グリーンカレーに揚げた生麩、斬新だけど驚くほど相性のよい取り合わせ。
年月を経た建物だけが持つ落ち着きと魅力を兼ね備えた炉端席。
年月を経た建物だけが持つ落ち着きと魅力を兼ね備えた炉端席。

『神楽坂 和らく』店舗詳細

神楽坂 和らく(かぐらざか わらく)
住所:東京都新宿区白銀町2-3/営業時間:11:30〜14:00LO・17:30〜22:30LO/定休日:日/アクセス:地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩3分、地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩5分

海鮮&魚卵を使った生パスタ『シーフードビストロ 魚卵House Eni』[飯田橋]

2013年7月にオープンした『シーフードビストロ 魚卵House Eni』。JRの高架と交差する目白通り沿いにあり、路面にはさまざまな店舗がひしめくなか、ひときわ目立つ赤い縁取りのビルだ。外観には可愛らしいエビとカニのイラストが描かれている。この店のコンセプトは「エビとカニ、魚卵をリーズナブルに楽しんでいただきたい」らしい。なるほど、外観のイラストと合点がいった。
平日ランチは650円から、シーフードと魚卵を使った生パスタとご飯ものを用意。サラダやポテト、ドリンクなどのサイドメニューはそれぞれ100円なので、1000円でも充分満足できる。
休日ランチはカニやウニなど高級食材のメニューも加わり、ややリッチになる。たとえば、タラコとイクラのパスタ950円は、モッチモチで太めの生パスタに、バターやマヨネーズ、しょうゆなどを加えたオリジナルのタラコソースがたっぷり和えてある。タラコのツブツブが惜しみなく入っていてソースがふわふわしている不思議な食感。まさに専門店ならではの味である。

土・日・祝のランチ、タラコとイクラのパスタ950円。
土・日・祝のランチ、タラコとイクラのパスタ950円。
にぎやかな目白通りでも目を引く外観。入り口にはエビと樽がある。
にぎやかな目白通りでも目を引く外観。入り口にはエビと樽がある。
『シーフードビストロ 魚卵House Eni』店舗詳細
『シーフードビストロ 魚卵House Eni』店舗詳細

シーフードビストロ 魚卵House Eni(しーふーどびすとろ ぎょらんはうすえに)
住所:東京都千代田区飯田橋2-9-5/営業時間:11:30〜14:30LO・17:30〜22:00LO(土・日・祝は11:30〜22:00LO ※ランチは14:30LO)/定休日:不定/アクセス:JR中央線・地下鉄飯田橋駅から徒歩5分

江戸前の“粋”な心を感じるお手頃な天丼『一心 金子』[飯田橋]

飯田橋駅前の複合施設・飯田橋プラーノの1階にある『一心 金子』は、天麩羅専門の調理士の団体である一心会が手がける天麩羅専門店。伝統ある江戸前の味を多くの人に広めたいという思いからお手頃価格で提供している。
1000円以下でいただけるのは、大かき揚げ天丼920円。かき揚げの具はエビ、マイタケ、マコモダケ、長ネギ、ナス、アスパラ。厚めの衣にいい塩梅にしみこんだ丼つゆは、ずっとつぎ足しで使われている金子伝統の味。揚げたてのかき揚げを熱々の丼つゆにくぐらせることによって、かき揚げに丼つゆがぎゅっとしみこむのだ。
丼つゆは、毎日火を入れて、毎日味見をする。“だしは一番だししか使わない”“醤油を利かせたメリハリのある味”が江戸料理の「粋」な味付けなんだそう。この甘すぎない丼つゆのおかげで、どんどん箸が進む。
ぜひ天麩羅を揚げる職人の技を目の前で眺められるカウンター席に座って、贅沢なひと時を過ごそう。

ふた付きの陶器のどんぶりで登場。ふたをして少し蒸らすのも江戸前の伝統。
ふた付きの陶器のどんぶりで登場。ふたをして少し蒸らすのも江戸前の伝統。
大かき揚げ天丼920円。
大かき揚げ天丼920円。
店の入り口には一心会の紋章入りの格調高い店頭幕が掲げられている。
店の入り口には一心会の紋章入りの格調高い店頭幕が掲げられている。

『一心 金子』店舗詳細

一心 金子(いっしん かねこ)
住所:東京都千代田区富士見2-7-2 プラーノモール1F/営業時間:11:00〜14:00LO・17:30〜20:00LO/定休日:月/アクセス:JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩3分

食材にこだわり抜く。庶民派だけど価値アリ『神楽坂 むすびや』[神楽坂]

「無添加でおいしく安全な食材を使い、冷めてもおいしいおむすびをみなさんに提供したい」という想いから、2016年の元旦にオープンした『神楽坂 むすびや』。
30種以上から好きなおむすびを2個選べるおむすびセット700円のほか、店内ではお茶漬けも楽しめる。店頭でテイクアウトのおむすびやお弁当の購入も可能だ。
米から付け合わせの漬物まで良質な素材にこだわり抜いており、たとえば米は、お米マイスターが無農薬、減農薬、有機栽培で作っている農家を廻って厳選した1等米だけをオリジナルでブレンドし、おむすびに適した、甘くて柔らかく、口に入れるとホロホロとほどけるようなお米だ。
具材もできるだけ店内で手作りし、一番人気の鮭は築地で仕入れた良質な北海道産銀鮭を店内で焼き、手ほぐししている。旨味たっぷりのご飯とふわふわの銀鮭、香りの良い海苔が織りなすのは格別の味。なお、毎月2のつく日は鶏飯、5のつく日は鯛めしが食べられる。

30種以上から好きなおむすびを2個選べるおむすびセット700円。塩麹唐揚げ、味噌汁付き。
30種以上から好きなおむすびを2個選べるおむすびセット700円。塩麹唐揚げ、味噌汁付き。
最上級の米、豊かな香りの海苔、そして鮭との三位一体は最強。
最上級の米、豊かな香りの海苔、そして鮭との三位一体は最強。
店内に入るとすぐテイクアウトのガラスケースがある。
店内に入るとすぐテイクアウトのガラスケースがある。

『神楽坂 むすびや』店舗詳細

神楽坂 むすびや(かぐらざか むすびや)
住所:東京都新宿区神楽坂2-10/営業時間:8:30~14:00・16:00〜18:30(土は10:00〜14:00)/定休日:日、第2土/アクセス:JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩3分

五臓六腑に染み渡るラーメン『しゃぶしゃぶ シャ豚ブリアン』[神楽坂]

神楽坂駅から徒歩1分、神楽坂通りから1本路地に入り、店の前にある樽が目印の肉料理店『しゃぶしゃぶ シャ豚ブリアン』。幻の豚肉と名高い、群馬県・加藤畜産の加藤ポークを使ったしゃぶしゃぶのほか、生姜焼きやヒレカツ、黒酢酢豚などが人気だ。
ランチはしゃぶしゃぶのスープを使ったテールスープのラーメンを展開している。ふわっとショウガが香り、滋味深いスープが五臓六腑に染み渡るテールスープのラーメンは、臭みが一切なく口に入れた瞬間にショウガが香る。サラサラとしたスープで、スッキリなのにコクが深く旨味がじんわり口の中に広がる。平たい太ちぢれ麺がそのスープを持ち上げてくれるので箸が進む。
加藤ポークのチャーシューもしっとりして柔らかい。チャーシューが鮮やかなバラ色なのに、しっかりタレの味が染みているところもすごい。トッピングの金ごまや長ネギのサポートもしっかりいい仕事をしている。

テールスープのラーメン900円。しっかりコクがあるテールスープに、平太ちぢれ麺がよく絡む。
テールスープのラーメン900円。しっかりコクがあるテールスープに、平太ちぢれ麺がよく絡む。
木の温もりを感じる店舗。入り口にある大きな木の樽が目印。
木の温もりを感じる店舗。入り口にある大きな木の樽が目印。
1階はバースタイルのカウンター、2階はグループで楽しめるテーブル席。
1階はバースタイルのカウンター、2階はグループで楽しめるテーブル席。

『しゃぶしゃぶ シャ豚ブリアン』店舗詳細

しゃぶしゃぶ シャ豚ブリアン(しゃぶしゃぶ しゃとんぶりあん)
住所:東京都新宿区神楽坂6-29 田口ビル1階/営業時間:11:00〜14:00LO・17:00〜21:30 LO (土は11:00〜14:15LO・17:00〜21:30 LO、日・祝は11:00〜14:15LO・17:00〜21:00 LO)/定休日:不定/アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩1分

【町中華が旨い】

肉汁たっぷりパリパリ羽餃子は1日1300個も売れる!『おけ以』[飯田橋]

飯田橋駅西口から徒歩2分のところにある餃子の超人気店『おけ以』は、1954年創業というから、すでに70年弱(2022年時点)の歴史がある。開店当初は東京に餃子を出すお店が1店しかなかったという。つまり、東京の餃子の歴史そのものともいえるお店なのだ。
お店の一番人気はもちろん餃子。来店された客のほとんどが注文し、1日に1300個も出るとのこと。
そのおいしさの秘密は店主のこだわり。餡、皮、焼き方すべてに工夫を凝らし、作り始めからお客さんに提供するまでに、なんと3日間もかけている。皮は信じられないほどのもちもちで、羽のパリパリとのハーモニーもたまらない。そしてあふれる肉汁と野菜の甘み。その味は一口食べて明らかに違う。
餡にしっかりと味付けがされているので「最初の一口は何もつけずにどうぞ」と店主。ライスによし、ラーメンによし、そしてもちろんビールにも相性抜群。多くの人がわざわざこの餃子を目当てにこのお店を訪ねるのも納得だ。

しっかりついた焼き色が食欲をそそる。この焼いた面の香ばしさも餃子の醍醐味!
しっかりついた焼き色が食欲をそそる。この焼いた面の香ばしさも餃子の醍醐味!
餃子630円+ライス200円で餃子定食のできあがり!
餃子630円+ライス200円で餃子定食のできあがり!
開店前から行列ができる。お昼はいつも満席。
開店前から行列ができる。お昼はいつも満席。

『おけ以』店舗詳細

おけ以(おけい)
住所:東京都千代田区富士見2-12-16/営業時間:11:30〜13:50・17:00〜20:40/定休日:日・祝、第3月/アクセス:JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩2分

ぱらぱらチャーハンと創作料理で人をつなぐ『幸せのはし』[神楽坂]

神楽坂駅から徒歩4分、2006年創業の『幸せのはし』。店主は洋食、フランス料理、イタリア料理、エジプト料理、スペイン料理、日本料理とさまざまなジャンルで30年以上修業してきた。店先には“創作料理とぱらぱらチャーハンの店”とあり、ランチメニューはバラエティー豊かなチャーハンが並ぶ。
人気のチャーハンは、よりぱらぱらになるように小粒のブレンド米を使用。ぱらぱらだけどほどよくまとまり食べやすい仕上がりだ。餡は鰹と鶏ガラのスープに醤油、砂糖、酢など、具は蒸し鶏や干し椎茸、タケノコ、ニンジンなど、和テイストのあっさりした味わい。味噌汁付きなのも和食風。原点が母の手料理であり、日本料理の経験も活かされている。
ランチに味噌汁、サラダ、杏仁豆腐が付いているのは、食材をバランスよく食べてもらうための心配り。フレンチの技法を用いた杏仁豆腐は硬すぎず柔らかすぎず、ほどよいコクもある本格的な一品。夜は、多彩な創作料理とワインやお酒が楽しめる。

天津玉子のあんかけチャーハン890円。ランチはすべて味噌汁、サラダ、杏仁豆腐付き。
天津玉子のあんかけチャーハン890円。ランチはすべて味噌汁、サラダ、杏仁豆腐付き。
洋風な味わいの杏仁豆腐。トロっと口の中でとろける。
洋風な味わいの杏仁豆腐。トロっと口の中でとろける。
四つ葉のクローバーを配した店構え。“創作料理とぱらぱらチャーハンの店”とある。
四つ葉のクローバーを配した店構え。“創作料理とぱらぱらチャーハンの店”とある。

『幸せのはし』店舗詳細

幸せのはし(しあわせのはし)
住所:東京都新宿区天神町22-5 天神ハイツ1F/営業時間:11:30〜14:00LO、17:30〜21:30LO(土は17:00〜21:30LO)※状況により21:00 LOの場合あり/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩4分

ボリューム満点&格安ランチで老舗創作中華を堪能。『宝龍』[神楽坂]

1952年、神楽坂の地で産声を上げた中華料理店『宝龍』。代々親子で営んできた町中華は、長年、地元の人たちに親しまれている。
お得なランチセットは、麻婆豆腐800円、上海焼きそば850円、酢豚930円、週替わりメニュー930円の4種類。メイン料理のほかに、ジャンボシュウマイ、自家製ザーサイ、スープが付く。プラス焼飯、ライス、杏仁豆腐の中からもう1品選べてコスパ最強!
先代オリジナルの中華をおなかいっぱい食べられるのが人気の理由だ。なかでも上海焼きそばは絶品。中華スープで炒め煮した、たっぷり野菜としっとりつるつるの麺が特長だ。
店イチオシのふんわりモチモチしたジャンボシュウマイには国産もち豚を使用。ゴロッとしたジューシーな挽き肉と玉ねぎの甘みが後を引く。
常連さんが多くアットホームな雰囲気で、こまやかな気配りのある接客が嬉しい。初めてでも気軽に入れて居心地がよく、味・価格・ボリューム・雰囲気、すべてが折り紙付きだ。

上海焼きそば850円のセット。ボリューム満点。
上海焼きそば850円のセット。ボリューム満点。
ランチセットには1個サービスで付いてくるジャンボシュウマイ。
ランチセットには1個サービスで付いてくるジャンボシュウマイ。
神楽坂通り沿い。はす向かいには、明治創業の老舗スーパー「神楽坂KIMURAYA」がある。
神楽坂通り沿い。はす向かいには、明治創業の老舗スーパー「神楽坂KIMURAYA」がある。

『宝龍』店舗詳細

宝龍(ほうりゅう)
住所:東京都新宿区神楽坂6-24/営業時間:11:30〜14:30LO・17:00〜20:00LO(土は11:30〜14:30)/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩1分、地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩3分

ハラペコを支える早い・うまい・安い町中華『神楽坂飯店』[飯田橋]

飯田橋から徒歩1分、飯田橋西口を外堀通り沿いに歩くとすぐ「一升炒飯・ジャンボ餃子・百ヶ餃子 挑戦受付中!」と書かれた青いテントが見えてくる。チャレンジメニューで有名な『神楽坂飯店』だ。
ランチメニューはラーメン550円から定食までほとんどが1000円以内。なかでもおすすめは、ネギとエビ、卵チャーハンのコントラストが美しい海老かけ炒飯780円。やや塩が利いたあんにはプリップリのエビと、シャキシャキのネギががたっぷり。卵チャーハンはふんわりとしている。あんとチャーハンを混ぜれば、お茶漬けのようにサラサラと食べられる。
注文するや否や、5分と待たずに提供してくれるのもうれしい。早い、うまい、安い『神楽坂飯店』は、2階に麻雀クラブも併設されており、ゲームをしながらの食事も可能だ。

海老かけ炒飯780円。夜は830円。鶏ガラのしょうゆのスープがついてくる。
海老かけ炒飯780円。夜は830円。鶏ガラのしょうゆのスープがついてくる。
1966年創業。今や全国各地にある爆盛りメニューだが、その先駆けとなった店である。
1966年創業。今や全国各地にある爆盛りメニューだが、その先駆けとなった店である。
店内には有名人のサインが壁一面に貼られていて、この店の歴史と知名度がわかる。
店内には有名人のサインが壁一面に貼られていて、この店の歴史と知名度がわかる。

『神楽坂飯店』店舗詳細

神楽坂飯店(かぐらざかはんてん)
住所:東京都新宿区神楽坂1-14/営業時間:11:00〜21:30LO(土11:00〜20:30LO)※ランチは14:45LO/定休日:日/アクセス:JR中央線・地下鉄飯田橋駅から徒歩1分

【神楽坂の絶品定食】

コスパ最強な鶏から揚げランチ『とり酒場 わや 神楽坂』[神楽坂]

神楽坂駅から徒歩1分の『とり酒場 わや 神楽坂』は鶏料理をメインとした居酒屋。オーナーはチェーンの居酒屋で10年修業した鶏料理のエキスパートだ。
低価格なのに小鉢が充実のランチは、ボリューム満点で地元で働く人たちに大人気。ごはんとお味噌汁はおかわり無料。しかも大盛りも無料だ。
人気メニューの1つ、鶏から揚げ定食は、オリジナルレシピの自家製たれで味つけ。注文が入ってから揚げ始めるので、外はカリカリ、中はジューシーな揚げたてのから揚げをいただける。ランチではチキン南蛮定食や絶品スープの水炊き鍋定食もおすすめだ。
仕事帰りにアルコールを飲みながら夕食をいただく人のために夜定食も用意されている。居酒屋メニューもこだわりの焼き鳥やじっくりと煮こんだ鶏白湯仕立ての鍋など絶品ぞろいで、ランチだけでなく夜に訪れるのもおすすめだ。

鶏から揚げ定食750円。オクラが添えられた納豆、冷奴など小鉢が充実。
鶏から揚げ定食750円。オクラが添えられた納豆、冷奴など小鉢が充実。
メインは大きめの鶏のから揚げが4つ。ブラックペッパーが味のアクセントに。
メインは大きめの鶏のから揚げが4つ。ブラックペッパーが味のアクセントに。
駅近のビルの階段を上がった2階。店名が書かれた白い提灯が目印。
駅近のビルの階段を上がった2階。店名が書かれた白い提灯が目印。

『とり酒場 わや 神楽坂』店舗詳細

とり酒場 わや 神楽坂(とりさかば わや かぐらざか)
住所:東京都新宿区矢来町112-6 神楽坂RMビル2F/営業時間:11:30〜15:00LO・17:00〜23:00LO(土・日は17:00〜23:00LO)/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩1分

目の前に出されるおかずは二人前『ろくでもない喰いもの屋 くま』[神楽坂]

東西線神楽坂駅を出て約10分。早稲田通り沿いにそこだけ樹々が豊かに生えている一角が現れる。茂み中央の緑のトンネルを分け入るように進んでいくと、「ここは絶対おいしい店」であることを予感させるボードいっぱいの手書きのメニューが立てられた入口に到着する。ここが知る人ぞ知る定食屋『ろくでもない喰いもの屋 くま』だ。
店に入ると、目の前の壁には「あれもこれも食べたい!」というお客さんの贅沢な気持ちにこたえるように、おかずが組み合わされたセットメニューがたくさん並んでいる。
注文し待つこと数分。運ばれてきた定食に思わずのけぞる。サラダが添えられた巨大なコロッケにハムエッグがトッピングされた一皿。そして同じくサラダ付き豚の生姜焼き。それぞれのおかずは、ほかの定食屋さんであれば、立派に一人前の分量。つまり二人前のおかずにご飯とお味噌汁という構成なのだ。
江戸っ子気質、一見こわもてのご主人も一言話せばとてもハートフル。たまらない魅力の定食屋さんだ。

日替わり定食800円。トッピングはハムエッグ、冷奴、納豆、玉子豆腐の中から選べる。
日替わり定食800円。トッピングはハムエッグ、冷奴、納豆、玉子豆腐の中から選べる。
タレにまみれた生姜焼きの空撮。一般的な定食屋さんならこれだけで一人前。
タレにまみれた生姜焼きの空撮。一般的な定食屋さんならこれだけで一人前。
樹々の奥に見え隠れする入り口。近づくのに少し勇気がいる。
樹々の奥に見え隠れする入り口。近づくのに少し勇気がいる。

『ろくでもない喰いもの屋 くま』店舗詳細

ろくでもない喰いもの屋 くま(ろくでもないくいものや くま)
住所:東京都新宿区榎町73/営業時間:11:30〜14:00・17:30〜19:00/定休日:土・日・祝(不定休あり)/アクセス:地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩10分

取材・文・撮影=丸山美紀(アート・サプライ)、大熊美智代、松本美和、夏井誠、パンチ広沢、コバヤシヒロミ