カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。 特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。 今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”原宿表参道編の第12弾です。

創業から217年、元祖くず餅の『船橋屋』の新業態カフェ

表参道駅から徒歩8分ほどにある『BE:SIDE(ビーサイド)』。

江戸時代の文化2年(1805年)創業で200年以上の歴史ある老舗『船橋屋』が、2021年3月にオープンした新業態のお店です。

和モダンな雰囲気で、入り口横はテラス席になっています。

この日は、あいにくの雨模様でしたのでテーブルは端に寄せていますが、天気の良い日はテラス席が人気とのことです。

SNSで人気のメニューもあるので、きっと自然光で綺麗に撮りたい方も多いですよね。

店内も落ち着いた雰囲気で、ゆったりと過ごせます。

テイクアウトのメニューもあります。

船橋屋といえば“くず餅”ですが、上の段にあるのは「飲むくず餅」。

食べるのではなく、飲む!?

と思っていたら、実はこれがすごい!

船橋屋のくず餅を食べるとなぜか調子が良いとの声で、調べてみたらなんと船橋屋のくず餅由来の乳酸菌を発見。体内で重要な働きをする善玉菌の一種で、身体のコンディションを整え、健康や美容の維持に適しているそうです。

江戸時代から代々受け継がれてきた発酵製法が生み出した「くず餅乳酸菌®」なんですね。

賞味期限20分の儚く美味しい“みずくずもち”

みずくずもちセット 1250円。
みずくずもちセット 1250円。

『BE:SIDE』だけで味わえる「みずくずもち」。

黒蜜ときな粉がかけられ、ドリンクとセットになります。

ドリンクは、緑茶(温/冷)、お抹茶、くず餅専用珈琲(温)、オーガニック珈琲(温/冷)から選べます。

黒猫は、くず餅専用珈琲が気になりチョイス。

日本橋『ミカド珈琲』の焙煎士が、船橋屋のくず餅に合わせて厳選した豆を焙煎した珈琲です。

みずくずもちは、丸くて冷んやりぷるんぷるん。

基本素材などは、くず餅と同じですが製法の最後をくず餅が蒸し上げるのに対して、みずくずもちは、練り上げたうえで冷やし固めています。

ぷるんぷるんの喉越しは、クセになる美味しさ。

20分を過ぎると水分が溶け出してしまうので、賞味期限は20分。

この儚くも美しく、そして美味しいみずくずもちは、必食にゃー♪

もちろん元祖くず餅も味わえる

くず餅セット 1250円。
くず餅セット 1250円。

もちろん創業時から変わらない美味しさの看板メニュー・くず餅も人気。

こちらも黒蜜ときな粉がかけられて、ドリンクセットになります。

200年前から、基本は変わらない製法で作られるくず餅。

なんと乳酸菌発酵も合わせて製造工程は、驚きの450日!

そんな工程を経たくず餅は、もちもち食感でほのかに乳酸菌の優しい酸味を感じます。

その優しい酸味に、沖縄の黒糖ベースの黒蜜と粗めに挽いたきな粉の自然な甘さが合わさり、ウマウマ倍増にゃー♪

くず餅(お持ち帰り)小箱24切 840円、中箱36切 950円。
くず餅(お持ち帰り)小箱24切 840円、中箱36切 950円。

もちろんくず餅は、お持ち帰り用もあります。

ここで、再び驚きが!

450日かけて作られるくず餅ですが、昔ながらの無添加のため消費期限が2日間。

みずくずもちだけでなく、こちらも儚い美味しさですね。

味醂Berryスムージー 780円。
味醂Berryスムージー 780円。

飲むくず餅乳酸菌をベースにしたドリンクメニューも楽しめます。

セットで飲んだくず餅専用珈琲600円は単品でもOK!

 

老舗の作り出す新しいスイーツに、今回も大満足の“黒猫スイーツ散歩”だったにゃー♪

『BE:SIDE』店舗詳細

BE:SIDE(ビーサイド)
住所:東京都渋谷区神宮前3-14-6/営業時間:11:00〜17:00LO
/定休日:無/アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩8分

取材・文・撮影=ミスター黒猫

ミスター黒猫
日本一パンケーキを食べる男
朝は喫茶店のモーニング・昼はカフェでランチ・おやつはパンケーキ・スイーツを食べ歩くのが日課。雑誌FLASHでは【日本一パンケーキを食べる男】として紹介される。カフェ・純喫茶・パンケーキ・スイーツなどを年間約1000店以上訪問。Instagramでも約6万人のフォロワーに毎日2回スイーツ情報を発信し、テレビ・ラジオ・webメディアなどでも活躍中。