アンテナショップの店内は、外の世界と比べて2倍ほど時間が早く進む。未知のローカルフードやお酒に出会え、店内にあるポップやパッケージの裏、酒瓶のラベルをじっくり読んでいると1時間なんて一瞬で、店内を一周すれば、いつの間にかカゴの中がいっぱい。東京にあるアンテナショップ探訪「1000円で旅するアンテナショップ」の連載でご紹介したお店をまとめました。

【鹿児島県】ひんやりキュートなローカルスイーツ「氷・白くま」も『かごしま遊楽館』(有楽町)

1階は物販『さつまいもの館』と観光案内コーナー、2階はレストラン『遊食豚彩いちにいさん』ちにいさん」、3階は工芸品展示・販売『鹿児島ブランドショップ』。
1階は物販『さつまいもの館』と観光案内コーナー、2階はレストラン『遊食豚彩いちにいさん』ちにいさん」、3階は工芸品展示・販売『鹿児島ブランドショップ』。

日比谷駅、有楽町駅から徒歩3分ほどの場所にある『かごしま遊楽館』は、25年以上ここに店を構える鹿児島の大使館的存在。

鹿児島のさつま揚げ「つけ揚げ」や銘菓「かるかん」など、王道の名物に加えて県出身の者の心をを掴むローカル調味料を揃える。お客さんの半分は県出身者で、多くが購入していくのは甘く濃厚な醤油。そのほか、麦味噌と砂糖、豚肉などでつくる豚味噌も人気だという。

たっぷり悩んで買い物が終わったら、2階にあるレストラン『遊食豚彩いちにいさん』へ。鹿児島産の黒豚を使用したしゃぶしゃぶなどが楽しめ、デザートには夏にぴったりのローカルフード「氷・白くま」も味わえる。

鹿児島で人気の3メーカーの「つけ揚げ」が並ぶ
鹿児島で人気の3メーカーの「つけ揚げ」が並ぶ
見たことないメーカーの醤油がズラリ。ミニサイズは初めての人にも
見たことないメーカーの醤油がズラリ。ミニサイズは初めての人にも
氷にはパイナップル、スイカ、ぶどう、干しぶどうに甘く煮た豆などがキュッと埋め込まれている。シロクマの顔みたい。
氷にはパイナップル、スイカ、ぶどう、干しぶどうに甘く煮た豆などがキュッと埋め込まれている。シロクマの顔みたい。

『かごしま遊楽館』店舗詳細

かごしま遊楽館(かごしまゆうらくかん)
住所:東京都千代田区有楽町1-6-4千代田ビル1〜3階/営業時間:1階さつまいもの館:11時00分〜19時00分、観光案内コーナー:11時00分〜18時00分、2階遊食豚彩いちにいさん:11時30分〜20時00分、3階鹿児島ブランドショップ:11時00分〜18時00分/定休日:無/アクセス:有楽町駅、日比谷駅から徒歩3分

【高知県】こじゃんとうまい!酒飲み文化を体感『まるごと高知』(銀座)

1階は食料品を扱う「とさ市」、地下1階は日本酒や工芸品を扱う『とさ蔵』、2階は高知のおきゃく文化を感じていただけるレストラン『TOSA DINING おきゃく』
1階は食料品を扱う「とさ市」、地下1階は日本酒や工芸品を扱う『とさ蔵』、2階は高知のおきゃく文化を感じていただけるレストラン『TOSA DINING おきゃく』

『まるごと高知』は2022年で12年目を迎え、高知ゆかりの品をおよそ1700アイテムが揃う。高知県は生産量がトップクラスの野菜や果物が多く、柚子や生姜のほか、なす、ししとうもよく採れ、食料品売り場には、毎日、県産の野菜が入荷する。

売上No. 1を譲らない不動の人気商品「万能おかずしょうが 」や、柚子をたっぷり使用した柚子ポン酢など、産品を使用したアイテムも多数。冷凍のカツオも人気だ。

地下1階の『とさ蔵』には、高知にある18箇所全ての酒蔵の日本酒が揃い、お酒の試飲コーナーがある。(※休止の場合あり)

酒蔵が18というと少なく聞こえるが、高知の人口は練馬区や大田区の人口ほど。その人口に対して恐ろしいほどお酒を飲むことがわかる。土佐の酒は淡麗辛口。もうこれは何杯飲んでも飽きない味わいを追求した結果なのだろう。

試飲を重ねているとほろ酔い気分に。なかなか手に入らないお酒を買って帰って、鰹のタタキと一杯やるのもオツなものだ。

柚子ポン酢だけでこの品揃え
柚子ポン酢だけでこの品揃え
美しく酒に合う鰹のタタキは薬味たっぷり盛り付けて、一献!
美しく酒に合う鰹のタタキは薬味たっぷり盛り付けて、一献!
仕入れは唎酒師の資格を持つスタッフが担当。高知の宴会「おきゃく」文化に触れるアイテムも
仕入れは唎酒師の資格を持つスタッフが担当。高知の宴会「おきゃく」文化に触れるアイテムも

『まるごと高知』店舗詳細

まるごと高知(まるごとこうち)
住所:東京都中央区銀座1-3-13 オーブ プレミア/営業時間:10:30〜20:00(1階・地下1階) ※変更する場合あり。/定休日:無/アクセス:JR有楽町駅、地下鉄有楽町線銀座一丁目駅よりすぐ

【奈良県】2022年夏に移転オープン!そうめんと柿の葉寿司をランチに『奈良まほろば館』(新橋)

移転前と商品セレクトを変え、スギやヒノキなど奈良の木材を使用した什器に陳列
移転前と商品セレクトを変え、スギやヒノキなど奈良の木材を使用した什器に陳列

2021年に移転オープンした『奈良まほろば館』は、ガラス張りの外観におしゃれな暖簾(のれん)がかかった今どきのアンテナショップ。

名産の奈良漬はスイカやキュウリ、三輪そうめんは生そうめんや、時間をおいても伸びにくいお弁当用のそうめんなど、あまりスーパーなどでは見かけないような商品も多く揃う。ギャラリースペースも併設され、アート作品や仏像が購入でき、神社やお寺のグッズも。

店内にはイートインカウンターがあり、ランチも食べられる。そうめんと炙った柿の葉寿司の横には奈良漬、デザートに葛餅までついたセットで奈良を堪能!至近にもいくつかアンテナショップがあるのでハシゴするのもおすすめだ。

『奈良まほろば館』店舗詳細

奈良まほろば館(ならまほろばかん)
住所:東京都港区新橋1丁目8-4 SMBC新橋ビル1F(2Fはレストラン&バルのTOKi)/営業時間:11:00〜20:00/定休日:無/アクセス:JR・地下鉄新橋駅より徒歩約3分

【伊豆諸島・小笠原諸島】島中毒者の心の支え『東京愛らんど』(竹芝)

竹芝には伊豆諸島や小笠原諸島へ行くための客船ターミナルがあり、ここから島を目指し、遠くの島であれば、海の上で一晩ざこ寝するところから旅が始まる。『東京愛らんど』は、客船ターミナル横にある伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ。船を利用する人々のお土産ショップでもあり、島中毒の人たちにとっての心の支えでもある。

島の名産品を直送で仕入れ、あしたばなどの野菜やくさやなどが揃う。リピーターが多いのはの手づくり塩辛。伊豆諸島の神津島で水揚げされる幻の赤イカ(剣先イカ)とスルメイカ、伊豆大島の天然塩を使用し、濃厚な肝の味わいが評判を呼んでいるという。

店内には、20種類以上の島ならではのお酒がズラリ。特に青ヶ島で作られる青酎は特殊で、村のおじいちゃんおばあちゃんが個人で杜氏を担い醸造しているお酒だ。

島の食べ物はどれもクセがありながらも、日常を吹き飛ばし包み込んでくれる。島風のような味わいを体感してほしい。

くさやは初心者にも食べやすいスティックタイプから、匂いとクセが強い玄人向けのものまで揃う
くさやは初心者にも食べやすいスティックタイプから、匂いとクセが強い玄人向けのものまで揃う
売り場に並んだ酒瓶にワクワク
売り場に並んだ酒瓶にワクワク
ジョナリーは八丈島の焼酎で、ブランデー樽、シェリー樽、ホワイト・オーク樽で熟成させた原酒を、八丈島焼酎「黒潮」とブレンドしている
ジョナリーは八丈島の焼酎で、ブランデー樽、シェリー樽、ホワイト・オーク樽で熟成させた原酒を、八丈島焼酎「黒潮」とブレンドしている

『東京愛らんど』店舗詳細

東京愛らんど(とうきょうあいらんど)
住所:東京都港区海岸1-12-2竹芝客船ターミナル内/営業時間:10:00〜18:00/定休日:無/アクセス:JR・東京モノレール浜松町駅から徒歩7分、ゆりかもめ竹芝駅より徒歩1分

【山形県】スポーツ県民歌が流れ、山形愛溢れる『おいしい山形プラザ』(銀座一丁目)

店内にはスポーツ県民歌『月山の雪』など県民おなじみの曲が流れる
店内にはスポーツ県民歌『月山の雪』など県民おなじみの曲が流れる

山形県のアンテナショップ『おいしい山形プラザ』は、有楽町駅から歩いて5分ほど。店名の通り、新鮮な野菜にフルーツなど県産おいしいものが並ぶ。寒い地域特有の長期保存するための発酵食品が多く、おみ漬けに、青菜漬け、ぜんご漬けなど、お漬物の種類も豊富だ。

名物の芋煮は、牛肉を使った醤油味と豚肉を使った味噌味があるそうで、レトルトや芋煮のたれは両方の味をラインナップ。野菜コーナーには下ごしらえ済みの芋煮用の野菜パウチも売られていて、この店に来れば手軽に芋煮が作れるのだ。オランダせんべいや玉こんにゃくなどの王道の名産も揃い踏み。
交通会館や銀座・有楽町周辺のアンテナショップをはしごするのにもぴったりだ。

ついつい買いすぎてしまうラインナップで「一回来るくらいじゃ、攻略しきれないな」と思える
ついつい買いすぎてしまうラインナップで「一回来るくらいじゃ、攻略しきれないな」と思える
芋煮は地域によって味噌派と醤油派があり、家庭内でも派閥が分かれる。県民に愛されるマルジュウのダシ醤油も
芋煮は地域によって味噌派と醤油派があり、家庭内でも派閥が分かれる。県民に愛されるマルジュウのダシ醤油も
玉こんにゃくは、つゆがシミシミになったものと香ばしくタレをから炒りにしたものがある
玉こんにゃくは、つゆがシミシミになったものと香ばしくタレをから炒りにしたものがある
売り場には、カップ酒やちょっとしたおつまみも。画像はデザインが気に入った「錦爛」
売り場には、カップ酒やちょっとしたおつまみも。画像はデザインが気に入った「錦爛」

『おいしい山形プラザ』店舗詳細

おいしい山形プラザ(おいしいやまがたぷらざ)
住所:東京都中央区銀座一丁目5-10 ギンザファーストファイブビル1F・2F/営業時間:10:00〜20:00/アクセス:JR・地下鉄有楽町駅から徒歩5分、地下鉄銀座一丁目駅からすぐ

【秋田県】湯気上るきりたんぽを自宅で『あきた美彩館』(品川)

秋田県は「どの季節も美味しいものがたくさんあります!」と『あきた美彩館』マネージャーの尾形さん
秋田県は「どの季節も美味しいものがたくさんあります!」と『あきた美彩館』マネージャーの尾形さん

品川駅から徒歩3分の場所にある、秋田県のアンテナショップ『あきた美彩館』。食品や工芸品を1000品以上取り扱う物販スペースに加えて、きりたんぽや稲庭うどんなどの地元グルメと地酒が味わえるレストランも併設している。

寒い季節になると、入口には名物グルメのきりたんぽや比内地鶏の旨味たっぷりの出鍋つゆがたくさん並ぶ。囲炉裏ワンダーランドの秋田県はいぶりがっこも有名。タルタルソースや辛味噌、チーズディップなどの加工品も登場している。米どころでもあり、日本酒の品揃えもバッチリ。山菜のみずのお浸しや、ナスの花ずしなどを一緒に買って帰って、つまみに酒を飲めばスイスイ進む。

案内してくれたマネージャーの尾形さんは、お客様に秋田弁で話しかけることも多いと言う。買い物へ行くだけで、なんだか心もあたたまる店なのだ。

秋田県の土地柄が生み出したおいしいものがたくさん!
秋田県の土地柄が生み出したおいしいものがたくさん!
きりたんぽの売り場の隣には、いぶりがっこがぎっしり。さすが、囲炉裏ワンダーランド
きりたんぽの売り場の隣には、いぶりがっこがぎっしり。さすが、囲炉裏ワンダーランド
日本酒は季節限定商品も扱っている
日本酒は季節限定商品も扱っている

『あきた美彩館』店舗詳細

あきた美彩館(あきたびさいかん)
住所:東京都港区高輪4丁目10-8 ウィング高輪WEST-Ⅲ1階/営業時間:11:00 〜 23:00(【ダイニング】ランチタイム 11:00〜14:30LO・ディナータイム 17:00〜21:00LO)/定休日:無 /アクセス:JR各線品川駅から徒歩3分

【香川県・愛媛県】アンテナショップツアーのスタート地点『香川・愛媛せとうち旬彩館』(新橋)

店内には所狭しと名産品が並び、愛媛県はオレンジ、香川県は緑と、看板や値札の色で商品の産地が見分けられるようになっている
店内には所狭しと名産品が並び、愛媛県はオレンジ、香川県は緑と、看板や値札の色で商品の産地が見分けられるようになっている

新橋駅近くにある『香川・愛媛せとうち旬彩館』は、愛媛県と香川県がタッグを組んだアンテナショップだ。2県がともにアンテナショップをはじめてから18年以上が経ち、常連も多数。近年は新橋から有楽町周辺のアンテナショップをめぐるツアーのスタート地点として、休日のオープンと同時に団体で来店するお客もいるのだそう。

香川県といえば、うどん!だが、ちりめん、しょうゆ豆、オリーブなど名産は他にもたくさんある。古くから塩が手に入りやすく、大豆や小麦などが採れる土地柄で醤油蔵が多く、種類豊富に揃えている。

愛媛県民が欠かせないのはじゃこ天。おつまみはもちろん、朝ごはんにおやつに大活躍。寒い季節になったら、おでんに入れるのが最高なのだそう。

感染予防の観点で宅飲み需要が増えたことから、ここ数年でカップ酒の品揃えをパワーアップ。じゃこ天やオリーブを買って、カップ酒で一杯!もいいだろう。

2県分大量に買いこんでしまう
2県分大量に買いこんでしまう
じゃこ天の中でも、宇和島田中の手押しじゃこ天はちょっとリッチな味わい
じゃこ天の中でも、宇和島田中の手押しじゃこ天はちょっとリッチな味わい
愛媛県といえば、みかん!元祖キリン堂の温州みかんジャムはお店でも定番人気
愛媛県といえば、みかん!元祖キリン堂の温州みかんジャムはお店でも定番人気
香川県のローカルグルメ骨付き鶏をおつまみに、さぬきビールで一杯
香川県のローカルグルメ骨付き鶏をおつまみに、さぬきビールで一杯

『香川・愛媛せとうち旬彩館』店舗詳細

香川・愛媛せとうち旬彩館(かがわ・えひめせとうちしゅんさいかん)
住所:東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル/営業時間:10:00〜20:00/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄新橋駅から徒歩2分

【長野県】りんご、ジビエ、虫食に発酵食!長野県民はくいしんぼう『銀座 NAGANO』(銀座)

バルカウンターをコの字に囲んで所狭しと特産品が並ぶ
バルカウンターをコの字に囲んで所狭しと特産品が並ぶ

『銀座 NAGANO』は3フロアあり、1階は物販とバルカウンター、2階はイベントスペースと観光案内所、伝統工芸品の販売スペース、5階に移住者向けの相談カウンターがある。

りんごは青森県に次ぐ名産地。県独自の品種もあり、りんごを発酵させて作るシードルも人気だ。店内には牛乳パンに、伝統の信州味噌、バリエーション豊富な野沢菜漬け、ジビエ、イナゴ、蜂の子の缶詰など、さまざまなローカルグルメが揃い、まさに食の宝庫だ。

おまけに長野県は米どころで、新潟県に次いで日本酒の酒蔵が多い県でもある。それだけではない。ぶどうなどの果物がたっぷり採れるので、ワインも美味しい。ワインや日本酒はバルカウンターで呑み比べられるので、酒飲みは買い物終わりに一杯やるのがオススメだ。

毎年春にシードルを約70種類集めたお祭りをひらいているそう
毎年春にシードルを約70種類集めたお祭りをひらいているそう
280年以上続く七味屋の老舗、八幡屋礒五郎の七味も。飛び抜けた辛さをもつ唐辛子品種のバードアイを使用した一味唐辛子や、ガラムマサラ風味の七味など変わり種も
280年以上続く七味屋の老舗、八幡屋礒五郎の七味も。飛び抜けた辛さをもつ唐辛子品種のバードアイを使用した一味唐辛子や、ガラムマサラ風味の七味など変わり種も
バルカウンターにはソムリエの資格を持ったスタッフさんもいて、お酒を存分に堪能できる
バルカウンターにはソムリエの資格を持ったスタッフさんもいて、お酒を存分に堪能できる

『銀座 NAGANO』店舗詳細

銀座NAGANO(ぎんざながの)
住所:東京都中央区銀座5-6-5 NOCOビル 1F・2F・5F/営業時間:10:30〜19:00(1・2階)/定休日:無/アクセス:JR山手線・京浜東北線有楽町駅から徒歩7分、地下鉄銀座駅から徒歩1分

【滋賀県】湖魚のほろ苦さを酒に泳がせたい『ここ滋賀』(日本橋)

看板に琵琶湖を掲げ、信楽焼(しがらきやき)のたぬきがドアマンのごとく佇む琵琶湖帝国の入り口
看板に琵琶湖を掲げ、信楽焼(しがらきやき)のたぬきがドアマンのごとく佇む琵琶湖帝国の入り口

『ここ滋賀』は、1階が物販スペースで2階がレストラン『日本橋 滋乃味』。物販スペースには、地酒とおつまみが楽しめるバーが併設している。

冷蔵庫には琵琶湖でとれる湖魚が多く並び、それにあう日本酒も。塩漬けにした鮒にお米を詰めて発酵させる鮒寿司は、複数のメーカーを扱い東京ではなかなか手に入らないものも揃えている。最近東京都内でもよく見かける焼酎、金宮焼酎や飛び出しを防止するとび太くん、ローカルグルメのサラダパンなどキャッチーな滋賀のグッズもあり、信楽焼のたぬきは店内のそこかしこに!
サラダパンはたくあんとマヨネーズをサンドしたコッペパンで、県民に絶大な人気を誇る。毎月第1、3の金曜日・土曜日で限定入荷するので、この日を狙って訪れるのもいいだろう。

信楽焼のたぬきが店内のあちらこちらに。忍者の格好をしたものも!
信楽焼のたぬきが店内のあちらこちらに。忍者の格好をしたものも!
冷蔵・冷凍コーナーにはお目当の湖魚。ビワマスや鮎、鮒寿司も気になる
冷蔵・冷凍コーナーにはお目当の湖魚。ビワマスや鮎、鮒寿司も気になる
飛び出し坊やは滋賀県発祥。とび太くんは滋賀県が輩出した有名人のひとりなのだ
飛び出し坊やは滋賀県発祥。とび太くんは滋賀県が輩出した有名人のひとりなのだ
ワインや日本酒に合うおつまみもたくさん!写真は赤こんにゃくと小あゆのオイル漬け
ワインや日本酒に合うおつまみもたくさん!写真は赤こんにゃくと小あゆのオイル漬け
2階は県産食材の滋を感じる『日本橋 滋乃味(じのみ)』
2階は県産食材の滋を感じる『日本橋 滋乃味(じのみ)』

『ここ滋賀』店舗詳細

ここ滋賀(ここしが)
住所:東京都中央区日本橋2-7-1/営業時間:マーケット:10:00〜20:00 (レストランは公式Webサイト・SNSにて)/定休日:無/アクセス:JR東京駅から徒歩6分、地下鉄日本橋駅から徒歩1分

取材・文・撮影=福井 晶