高田馬場の路地裏にあり、贅沢にも黒毛和牛を使ったトッピングが名物のラーメン店。ちょっと値は張るが、スープや麺などに国内から厳選した素材を使い、無化調で仕上げることで素材の良さを最大限に活かした納得の1杯だ。食後に待つオリジナルスイーツも好評だ。

贅沢!黒毛和牛のローストビーフを味わう1杯

『道玄』といえば、ローストビーフをトッピングしたラーメンが看板メニューだ。スープはクリアな淡麗スープの塩清湯(ちんたん)、コクが感じられる黒清湯の2種類から選べる。薄くカットされたローストビーフは、やさしい甘さの脂が口の中に広がり、ゆっくりと溶けていくほど柔らかい。

 

塩清湯のチャーギュウ麺1300円。
塩清湯のチャーギュウ麺1300円。

麺はエゴマを練り込んだ中細の縮れ麺を使い、コシの強さとツルッとした喉ごしが特徴だ。ローストビーフと一緒に味わうと、ローストビーフの柔らかさとエゴマ麺のさっぱり感の相性がよい。塩けのあるスープが絡むとコクも加わるので、その旨さに箸が止まらない。

トッピングのローストビーフと麺を絡めて一緒に味わうのがおすすめ。
トッピングのローストビーフと麺を絡めて一緒に味わうのがおすすめ。

生産者支援も行う食材選び

ローストビーフは注文を受けてからスライスするからきれいな桜色で、肉もやわらかい。
ローストビーフは注文を受けてからスライスするからきれいな桜色で、肉もやわらかい。

ローストビーフは熊本県産黒樺牛(くろはなぎゅう)の希少部位を使っており、肉本来の旨さを引き立たせるため塩のみで味付けし、低温調理している。こうすることで、黒樺牛の特徴である甘い脂の香りと、柔らかさをしっかりと味わうことができるのだ。

また、スープに使う醤油は、鳥取県米子市にある老舗の「大山・須山醤油」と長い歳月をかけ、何度も試作を繰り返し完成させた特別製造のタレを、ダシには鶏を使用している。実は鳥取県をはじめとする全国・世界の生産者支援を行なっており、ラーメンの素材として使うだけでなく、鳥取県や特産品のPRも行っている。

トッピング、麺、スープに使う食材はどれも全国から選りすぐったものばかりで、1000円超えのラーメンはやや高級なものの、納得のいく味だ。

 

オーガニック日本酒「道玄」1杯(グラス)380円も好評。北海道せたな町で合鴨農法による有機栽培米「吟風」を使用。
オーガニック日本酒「道玄」1杯(グラス)380円も好評。北海道せたな町で合鴨農法による有機栽培米「吟風」を使用。

食後には冷熱のオリジナルスイーツが必食!!

注文を受けてから皮を軽く焼き、冷えたカスタードクリームを入れてくれる。
注文を受けてから皮を軽く焼き、冷えたカスタードクリームを入れてくれる。

この店のもう一つの名物はオリジナルのシュークリーム350円。天然のバニラビーンズを使っているから香りもよく、濃厚なクリームと皮のサクサク食感がたまらない。しょっぱいものの後の甘い一品。何個でも食べられてしまう無限のおいしさだ。

今回お話をうかがった店長の長野定可(さだか)さんは、「高田馬場というエリアは学生が多いので、若い方に良質な食材をラーメンやスイーツという気軽なメニューで味わっていただきたいと思っています」と話す。

L字のカウンター席のみで一人利用でも気兼ねなく利用できる。日本酒とともにラーメンを楽しむ人も多い。
L字のカウンター席のみで一人利用でも気兼ねなく利用できる。日本酒とともにラーメンを楽しむ人も多い。

白い暖簾、木板の外壁、スイーツの写真が目立つ看板と、とてもラーメン屋とは思えない店構え。だからこそ入りやすく、若いファンも多いのもうなずける。本物の味はしっかりと高田馬場の若者へ浸透しているに違いない。

道玄(どうげん)
住所:東京都新宿区高田馬場4-10-14 IMAビル1階/営業時間:11:30〜15:00・17:00〜22:30/定休日:火(祝日の場合は営業)/アクセス:JR・私鉄・地下鉄高田馬場駅から徒歩3分

取材・文・撮影=千葉香苗、構成=アド・グリーン

アド・グリーン
編集プロダクション
1982年創業の編集プロダクション。旅行関係の雑誌・書籍、インタビューやルポルタージュを得意とし、会社案内や社内報の経験も多数。企画立案から、取材・執筆、デザイン、撮影までをワンストップで行えるのがウリ。