錦糸町のような繁華街も亀戸のような名所もない。どこにでもある普通の街に見える平井。でも大小ふたつの川を感じながら、寺町細道大店(おおだな)小店(こだな)に笑顔の人々、巡れば身も心も整う、のどかな風が吹く和みの街。

街も人もどこか穏やか。人懐っこい空気に頬が緩む

平井も変わるなぁと、北口駅前の再開発工事現場を睨(にら)んで真っすぐ、蔵前橋通りを渡ると見えてくる『金太郎煎餅』の看板に出くわすと、やっぱり平井は変わらないと胸をなで下ろす。「私は商売が下手なんです」と笑う3代目ご主人の一言が心にしみる。歴代将軍も参詣した燈明寺、通称平井の聖天さまに一礼。旧中川沿いを歩いて、『ぱん蔵』で、朝の一服には大きめなコロッケパンと、さらに大きなパンの耳もゲットさ。

燈明寺横、旧中川に至る坂道で異彩を放つ軒先庭園。名うての大工だったご主人の後を継ぎ、道の両側の草花の手入れをひとり続ける手塚のお母さん。「花の盛りに来てよ!」
燈明寺横、旧中川に至る坂道で異彩を放つ軒先庭園。名うての大工だったご主人の後を継ぎ、道の両側の草花の手入れをひとり続ける手塚のお母さん。「花の盛りに来てよ!」

旧中川の遊歩道は何度歩いても気持ちいい。平井の渡し跡からググッと蔵前橋通りに戻って、『zakka store towi(トウイ)』の扉を開くと、薄暗い店内には機械パーツやら謎の工具や置き物が、あなたを待ってましたよとほほえんでいる。後ろ髪引かれる思いで総武線のガードを潜って南口、かつての三業地界隈を抜け、『江戸一(かず)』親子が作る寿司&ラーメンランチに街の懐の広さを実感。

穏やかな街の空気は、きっと変わらない

きれいに整備された平井駅前通りを進んで地元スーパー『平井市場 中村屋』店頭の激安野菜を品定めして、『ひらい圓藏亭』で、平井をこよなく愛した噺家・橘家圓藏(たちばなや えんぞう)に思いをはせる。平井を「しらい」って発音してたっけ。

荒川方面に歩みを進め、最勝寺の目黄不動さまの眼光にたじろいだら、曲がりくねった旧中川の逆井の富士塚からスカイツリーを望む。すぐ先のふれあい橋でひと休み。やっぱり川は心和むな。ふたつの川に挟まれた平井がうらやましい……。

旧中川の両岸は、整備されすぎない穏やかな遊歩道が続く。週末はボートやカヤックの練習、親子連れのピクニックも見かける。カモやアオサギものんびり散策中。
旧中川の両岸は、整備されすぎない穏やかな遊歩道が続く。週末はボートやカヤックの練習、親子連れのピクニックも見かける。カモやアオサギものんびり散策中。

住宅地の細道や町工場を抜けて、『N’s BAKE SHOP』の地元っ子・菜穂子さん手作りのキャロットケーキをおみやげに、再び北口に戻って名店『ワンモア』で大団円。ほろ苦いコーヒーゼリーと昼下がりの美しい日の光は、この夏も変わらない。駅前再開発は平井の風景を変えるけど、このふわりとしたゆるさは、きっとそのままなのだ。

1. 金太郎煎餅 

休まず変えず笑顔絶やさず

実直な看板と店構えに、和孝さん邦子さん夫婦の人柄がにじむ。
実直な看板と店構えに、和孝さん邦子さん夫婦の人柄がにじむ。
丁寧に焼き上げた生地は、そのままでも十分おいしい。
丁寧に焼き上げた生地は、そのままでも十分おいしい。

御年83歳の3代目ご主人・田尻和孝さんが、奥さんと共に焼き続ける老舗にして、開店時間7時、1袋50円からという信じがたい煎餠店。ご主人が早朝から汗だくで焼き上げる手焼き煎餠も1枚80円!

●7:00〜18:30(日・祝は9:30〜17:00)、無休。☎03-3612-1372

金婚を超えた名コンビが作る変わらぬ味。
金婚を超えた名コンビが作る変わらぬ味。

2. 燈明寺

江戸名所図会にも載る古刹

平安時代の創建で、江戸時代には歴代将軍がお鷹狩りの御善処(休息、食事所)に利用した古寺。関東三大聖天のひとつで、商売繁盛や夫婦円満、豊穣の御利益があるといわれ、巾着袋と二股大根が象徴。2階に嵩(かさ)上げした聖天堂が特徴的。

3. ぱん蔵

地元への恩返しにも程がある

奥からその場で挟む大粒ピーナツサンド 200円、トルティーヤドッグ 290円、特大コロッケ2個が入ったコロッケパン 260円、ミックスサンド 380円、ごま団子5個入り 250円。
奥からその場で挟む大粒ピーナツサンド 200円、トルティーヤドッグ 290円、特大コロッケ2個が入ったコロッケパン 260円、ミックスサンド 380円、ごま団子5個入り 250円。

全国の飲食店や学校、病院、企業などに、多品種のパンを卸す業務用製パン会社、サンワローランの工場直営店。この店舗だけのために作る調理パンとサンドイッチは、ボリューム満点で激安。毎週日曜は特売日。

●8:00〜19:00(日・祝は9:00〜17:00)、土休。☎03-3616-6390

4. zakka store towi

幹線道路沿いの異空間

薬瓶 500円、鉛筆削り 7150円に牛の置き物 2000円などなど、つい連れて帰りたくなる小物ばかり。
薬瓶 500円、鉛筆削り 7150円に牛の置き物 2000円などなど、つい連れて帰りたくなる小物ばかり。

買いやすい値段、発見の楽しさを基準に、店主・嶋村さんが独自の目線で選んだ食器や古雑貨、置物が、平井とは思えぬ個性的な雰囲気を醸し出す。店内インテリア用にと、ショップオーナーも多く買い付けにくる。

●10:00〜18:00、火・隔週日休(不定休あり)。☎03-3619-3416

5. 江戸一

親子合作江戸前中華なお昼

店主・菅家一正さん静江さん夫婦が営む寿司店のお品書きに、長年中華料理店の厨房で勤めた娘婿の鈴木偉生さんの本格中華がマリアージュ。にぎり、和風ラーメンセットランチ1100円。

●11:00〜22:00LO(ランチは14:00まで)、月休。☎03-3637-5705

6. 平井市場 中村屋

こだわりが詰まった街の台所

産地を厳選した鮮魚や精肉、安くて鮮度抜群の青果、豆腐から総菜、菓子類まで、各コーナーを見れば見るほど、その品揃えにムムッとうなってしまう、創業98年の老舗ローカルスーパー。

●9:30〜21:00(祝は20:00まで)、無休。☎03-3681-1742

7. ひらい圓藏亭

町一番の有名人の足跡をたどる

幼少より平井で育ち、終生この街を愛し住み続けた八代目橘家圓藏。お茶の間の人気者の終の棲家が、そのまま記念館に。ゆかりの品々や芸歴を伝える資料がいっぱい。落語会や関連イベントも開催する。

●13:30〜17:00、月休。入場無料。☎03-5626-3242

8. 最勝寺

町に睨みをきかす目黄不動さま

1400年ほど前、墨田区の牛島神社あたりに創建し、2度の遷座を経て、大正期に平井に移転した。御本尊の不動明王坐像は江戸五色不動のひとつ。眼光鋭い右目は悪しきものを退け、輝く柔和な左目は全ての人に慈悲を差し伸べるお姿の表れ。美しいハスの花もぜひ。

9. 逆井の富士塚

特殊構造の富士山は意外と絶景

たくさんの石碑に囲まれた江戸川区内最大の富士塚。目の前は旧中川、両隣は生コン会社に年季の入った製薬工場、対岸はマンション群、横にはスカイツリーというパノラマが展開。

10. N’s BAKE SHOP

小さな店に広がる豊かな味覚世界

一番人気のキャロットケーキ 450円、バナナマフィン 420円、いちじくのベーグル 290円。
一番人気のキャロットケーキ 450円、バナナマフィン 420円、いちじくのベーグル 290円。

滞在したニューヨークやイギリスで食べた味をベースに、店主の菜穂子さんが独自に作り上げた、ずっしり大ぶりなベーグルと、ぎゅっと濃密な味わいの焼き菓子を、ひとりで製造販売する。レモンポピーシードケーキ480円もぜひ!

●火・金の11:30〜18:30と土の11:00〜17:00のみ営業。☎なし

11. ワンモア

駅前モダンは日のあるうちに

水出しコーヒーを使った夏限定のコーヒーゼリー 700円。ソーダ水 500円の水色が涼やか。
水出しコーヒーを使った夏限定のコーヒーゼリー 700円。ソーダ水 500円の水色が涼やか。

コーヒー豆の焙煎から、大人気のホットケーキやフレンチトーストまで全てをこなすご主人・福井明さんと奥様絹代さんが営む、平井の名喫茶。モダンな店構えとしつらえ、朝に昼に、店内に差し込む光の美しさも醍醐味。

●9:30〜16:00LO、日・月休。☎03-3617-0160

取材・文=高野ひろし 撮影=オカダタカオ
『散歩の達人』2022年8月号より