三角形を2つ並べたネパールの国旗を、ちらほら見る。ネパール人経営の店が、阿佐ケ谷には多い。 彼らはなぜこの街に集まるようになり、どんな生活を送っているのだろうか。

「子供の学校のために、阿佐ケ谷に引っ越してくるネパール人が多いんですよ。私たちも7年くらい前に川崎から移ってきました」

『パティバラ』の女将・テベ・アニタさんはネパールの納豆「キネマ」のスープを作りながら言う。学校とは、阿佐ケ谷駅のすぐそばで2013年に開校した『エベレスト・インターナショナルスクール・ジャパン(EISJ)』のことだ。

「小さいうちからぜんぶ英語で教育してくれるから」

立場が不安定な外国暮らしだ。だから子供たちにはしっかり「国際語」を身につけさせたい。そう考えるネパール人の親たちが、阿佐ケ谷近辺に集まってくるようになる。EISJはその後、すぐ隣の荻窪に移転するが、阿佐ケ谷を含めた杉並区に住むネパール人は増え続けている。2013年にはおよそ500人だったが、いまでは2100人を超える。

だから街を歩いていても、ネパール人と思しき南アジア系のファミリーをよく見るし、駅周辺のインド料理店で働いているのもたいていはネパール人だ。

『EISJ』では神輿担ぎやネパール物産展など地域との交流イベントも多数。
『EISJ』では神輿担ぎやネパール物産展など地域との交流イベントも多数。

ネパール少数民族がつくる「納豆汁定食」とは?『パティバラ』

ネパール納豆キネマは日本の納豆より粘り気はないが香りは強い。
ネパール納豆キネマは日本の納豆より粘り気はないが香りは強い。

「大豆を茹(ゆ)でて潰して、茹で汁を加えるだけなんです」と店主のアニタさん。あとは自然発酵を2、3日。ネパールの少数民族ライ族とリンプー族がよく食べるという納豆「キネマ」だが、これにショウガ、ニンニク、クミン、トマト、それに唐辛子を少し加えてスープに。味わいは、ほのかにスパイシーな納豆汁という感じ。日本でこのキネマを出している店は「他に知らない」そうだ。

干したマトンの炒めものスクティ850円。
干したマトンの炒めものスクティ850円。
納豆汁定食ことネパール家庭料理セット1050円。左下がキネマスープ。
納豆汁定食ことネパール家庭料理セット1050円。左下がキネマスープ。
ライ族の夫リネスさん、リンプー族の妻アニタさんが営む。
ライ族の夫リネスさん、リンプー族の妻アニタさんが営む。

パティバラ
住所:東京都杉並区阿佐谷南3-10-8/営業時間:11:30〜15:00・17:00〜22:00/定休日:水/アクセス:JR中央線阿佐ヶ谷駅から徒歩8分

彼らの「食」を支える存在が、『エベレスト・スパイス&ハラルフード』だ。ネパールをはじめアジア各地のスパイスや調味料、雑貨などがびっしり並ぶ店内で、店主のブダトキ・ジバンさんは言う。

「阿佐ケ谷、便利で住みやすいね。最近ではうちだけでなく、日本人の八百屋さんでも、パクチーとかヘチマとかネパール人が好きな野菜を置いてくれるようになったんです」

日本で育った子供たちも街にすっかりなじんでいて、当面はここで暮らすことになりそうだ。

「さて、ちょっと出かけますね」

ジバンさんはそう断ると、代わりの店番の奥さんが顔を出した。

「配達もやってるんです。今日は荻窪。やっぱり杉並区が多いですね」

そう言うと、食材を積んだ自転車にまたがり、阿佐ケ谷の街に走り出していった。

店内に一歩入れば、そこはネパールの下町『エベレスト・スパイス&ハラルフード』

ジバンさんが日本に来たのは2003年のこと。もともと留学生だったという。
ジバンさんが日本に来たのは2003年のこと。もともと留学生だったという。

「最近は日本人のお客さんも多いですよ。カレーのレシピのメモを持って、スパイスを買いに来るんです」と店主のジバンさん。ネパール人には現地のインスタント麺が大人気なのだとか。調味料やコメ、ギー(南アジアのバターオイル)、ヤギやマトンなどの肉類、スナック、石鹸(せっけん)やシャンプーや歯磨き粉などの日用品まで、コンパクトな店内にネパール人の生活が詰まっている。

ネパールの激辛スナック150円(左)。カンタン調理に使えるミックススパイスや合わせ調味料も色々。
ネパールの激辛スナック150円(左)。カンタン調理に使えるミックススパイスや合わせ調味料も色々。

エベレスト・スパイス&ハラルフード
住所:東京都杉並区阿佐谷南3-38-32/営業時間:12:00〜23:00/定休日:水/アクセス:JR中央線阿佐ヶ谷駅から徒歩3分

ネパール人のパーティーに遭遇するかも?『マティナ・ダイニング』

(上から時計回りに)じゃがいもと大根の漬け物400円、ネパール風水餃子モモ600円、豚肉のセクワ700円。
(上から時計回りに)じゃがいもと大根の漬け物400円、ネパール風水餃子モモ600円、豚肉のセクワ700円。

「日本人は昼、ネパール人は夜に来ることが多いですね」とスタッフ。ランチの人気は、豆スープとカレーにネパール風の総菜が盛りだくさんの定食ダルバート各種。夜は居酒屋使いのネパール人に混じって、スパイス風味の焼き肉セクワやアチャール(漬け物)など、ツマミ系で一杯やりたい。よくネパール人ファミリーの誕生パーティーなどイベントが開かれる店でもある。

誕生会開催頻度の高さを物語る飾り付け。
誕生会開催頻度の高さを物語る飾り付け。
ネパールのラムや焼酎も色々。
ネパールのラムや焼酎も色々。

マティナ・ダイニング
住所:東京都杉並区阿佐谷南2-16-9 2F/営業時間:11:00〜23:00/定休日:無/アクセス:JR中央線阿佐ヶ谷駅から徒歩2分

取材・文=室橋裕和 撮影=泉田真人
『散歩の達人』2022年11月号より