韓国風家庭料理がおいしい町屋の居酒屋『呑ぐ里』に行ってきました。 2000年12月、町屋3丁目にオープン。町屋2丁目に移転後、この場所に移って韓国居酒屋として約10年。 サラリーマンを中心に地元の人に愛されている店です。 どのメニューもおいしそうなのですが今日の目的はサムギョプサル。 私はサムギョプサルを食べたことがなく、厚切りの豚肉を焼いて食べる料理ぐらいの知識しかないのでちょっと不安に思いつつ注文してみました。

野菜たっぷり! ボリューム満点のサムギョプサル

サムギョプサル(1人前 1300円・税込、2人前 2500円・税込)

グリルと食材が運ばれてきました。
サムギョプサルとは韓国語でサム=3、ギョプ=層、サル=肉という意味で豚バラ肉(三枚肉)を使った焼肉のことです。

初めてなのでママさんにおすすめの食べ方を教えてもらいました。
まずキムチとニンニクをグリルで焼きます。
キムチはそのまま食べるのかと思いましたが焼くんですね。
キムチは焼くと香ばしさがでるのとキツさが抜けておいしくなるそうです。

そのあとは長いバラ肉をそのままグリルへ。
焼けたらハサミで食べやすい大きさに切って完成。とても簡単ですね。

あとは自家製辛味噌だれ、ごま油塩胡椒をつけキムチ、ニンニク、味付け白ネギ、青唐辛子と一緒にサンチュ、エゴマの葉と一緒に巻いていただきます。
シンプルな料理ですが野菜と薬味と肉の組み合わせが絶妙でとてもおいしいです。

海鮮チヂミは日本の出汁でアレンジ

続いて食べたのは海鮮チヂミ(900円 税込)。

具だくさんのチヂミは日本の出汁を使っているのがポイント。
「日本の出汁はすごいから。日本の良い出汁を使うとなんでもおいしくなるんですよ」
と、日本で生まれ育ったママさん。

『呑ぐ里』のメニューは韓国の家庭料理を日本人向けにアレンジしています。
焼肉のタレにも日本の出汁を使っているそうです。

一番人気! 塩もつ煮込みはテイクアウトもできます

最後にトリを飾るのは一番人気のメニュー、塩もつ煮込み(大700円 小500円)。

ママさんのお母さんが作った済州島の海藻とモツを煮込んだスープをベースにした料理です。
新鮮なモツを柔らかくなるまでじっくり煮込んでいて、臭みもなく味わい深く、必ず食べてほしい一品。

またテイクアウトにも対応しているので、家庭では即席麺に入れたりごはんのおかずにといろいろ楽しめます。

「町屋にオープンして(2023年で)早23年になりました。
店の一番人気のメニュー塩もつ煮込みは営業を始めて2年後くらいに生まれました。20年間みなさまにおいしく召し上がっていただきうれしい限りです。
これからもまだまだがんばっていきますのでよろしくお願いします!」

気軽に楽しめる韓国料理、アットホームな雰囲気でとても居心地の良い店でした。

<店舗情報>

  • 店名:『呑ぐ里』
  • 住所:東京都荒川区町屋2-8-16
  • 電話:03-5692-3380
  • 営業時間
    ・平日: 18:00〜24:00(23:30LO)
    ・日曜日: 18:00〜23:00(22:30LO)
  • 定休日:月、火曜日
  • Instagram: @donguri1210_

取材・文・撮影=荒川102

荒川102
荒川区の地域情報サイト
2013年創刊。荒川区の住民が区民記者として自ら取材したリアル情報満載の荒川区の地域情報サイトです。「あらかわ都電バル」など、地域を盛り上げるイベントも主催しています。