こんな酒場があるなんて!と書くのは失礼かもしれないが、事実、今回の3軒はどこも「普通、川越にはない」を意識して我が道を歩んでいるのだ。仲のいい3組の夫妻が営む、酒も料理も素晴らしき酒場をこっそりご紹介。

『日本ワインと日本のお酒 トビバコ』酒ツウのための秘密の花園[川越市]

サザエの食感がたまらない明石焼き風玉子焼き530円。
サザエの食感がたまらない明石焼き風玉子焼き530円。

元々お酒と食べる事が好きだった髙橋正行さん・友子さん夫妻。「この場所で普通のことをしてもなぁ」と、ワインを軸に酒は一級品を揃え、明るい時間から全開で飲めるスタイルに。黒板を埋め尽くすメニューの安さに驚くが、「地場の野菜ですから」と、気取らないところに美学を感じる。友子さんが作る総菜ベースの創作料理は出汁香る優しい味で、個性ある酒の味を引き立てる。その酒が口の中をリセットし、また次のあてを誘うのだ。夫妻の日頃の宅飲み風景が浮かんで、うらやましくなった。

ナスと味わう自家製新物だし漬けいくら和牛炙り780円に山梨「共栄堂」の淡赤780円。
ナスと味わう自家製新物だし漬けいくら和牛炙り780円に山梨「共栄堂」の淡赤780円。
固定の酒メニューはないので、まずは正行さんに相談を。
固定の酒メニューはないので、まずは正行さんに相談を。
野菜たっぷりのあての5点盛り800円にカマンベール自家製セミドライフルーツ670円。北海道「10R」グラス890円。
野菜たっぷりのあての5点盛り800円にカマンベール自家製セミドライフルーツ670円。北海道「10R」グラス890円。
ワインの8割が日本ワイン。「ドメーヌ・タカヒコ」や「農楽蔵」など希少銘柄も。
ワインの8割が日本ワイン。「ドメーヌ・タカヒコ」や「農楽蔵」など希少銘柄も。
総菜はテイクアウトも販売中。詳細はSNSへ。
総菜はテイクアウトも販売中。詳細はSNSへ。

『日本ワインと日本のお酒 トビバコ』店舗詳細

日本ワインと日本のお酒 トビバコ
住所:埼玉県川越市三光町16-3/営業時間:14:00〜22:00(木は17:00〜、土・日・祝は12:00〜)/定休日:火・水/アクセス:東武鉄道東上線川越市駅から徒歩8分

『ANO kitchen』これぞ、日本版・世界の母の味[川越]

サラダ650円、ルンダン・トルティーヤ皮包み1200円、ボルシチのテリーヌ780円、まぜご飯900円。グラスワイン700円〜は基本ナチュールを用意。
サラダ650円、ルンダン・トルティーヤ皮包み1200円、ボルシチのテリーヌ780円、まぜご飯900円。グラスワイン700円〜は基本ナチュールを用意。

「食べた物はその人の一部になる」という考えから、大野織江さんは川越市内の無農薬野菜や自家製発酵調味料を積極的に使う。この日は「いいビーツが入ったから」と、ボルシチをなんと、テリーヌに。そんな多国籍で無国籍なメニューにもかかわらず、海外経験はないというからさらに驚く。織江さんが食べ盛りのお子さん4人を抱える母でもあるからか、これらはなんでもおいしく食べさせてくれる、ナチュラルボーン母の味なのだ。

夫の亮史さんは、元バックパッカーで世界を旅した。
夫の亮史さんは、元バックパッカーで世界を旅した。
口の中で作るカクテル・ニコラシカ(手前)にイエガーマイスターのソーダ割各500円など世界のお酒も提供。
口の中で作るカクテル・ニコラシカ(手前)にイエガーマイスターのソーダ割各500円など世界のお酒も提供。
元薬局だった建物の2階をDIYし、ロッジ風の開放感ある店内に。
元薬局だった建物の2階をDIYし、ロッジ風の開放感ある店内に。

『ANO kitchen』店舗詳細

ANO kitchen(アノ キッチン)
住所:埼玉県川越市岸町2-30-20 2F /営業時間:11:00〜18:00/定休日:水(木は予約営業のみ)/アクセス:JR川越線・東武鉄道東上線川越駅から徒歩15分

『和の時 おでん 月と熊』小江戸川越にも「海」がありました[本川越]

おでんには明太子と山葵漬けの薬味が付く。奥はタチウオの塩焼き。
おでんには明太子と山葵漬けの薬味が付く。奥はタチウオの塩焼き。

あえて人の流動がない場所を店に選んだ米澤伸明さん。「複数人で来られても、一人ひとりに充てた料理を」と、おまかせコースを推奨する。板前修業時代から付き合いのある豊洲仕入れの海の幸を食べ進めるうちに、「委ねて正解だった」という気持ちになるはず。母への恩返しという締めのおでんは、鶏ガラと昆布ベースで食べ応えがあり、食材一つひとつの適切な炊き加減も絶妙で恐れ入る。日本酒の次は焼酎も試そうか。

 

妻の里美さんと二人三脚で営む。
妻の里美さんと二人三脚で営む。
おまかせコース5000円一例。お造り、イワシのなめろう、生ガキ、バイガイのうま煮と、どれも素材の味が澄んでいる。
おまかせコース5000円一例。お造り、イワシのなめろう、生ガキ、バイガイのうま煮と、どれも素材の味が澄んでいる。
熱々でいただくタイラガイの磯辺焼き。
熱々でいただくタイラガイの磯辺焼き。
日本酒は120㎖ 660円〜。八丈島の麦焼酎「情け嶋」一杯600円も人気。
日本酒は120㎖ 660円〜。八丈島の麦焼酎「情け嶋」一杯600円も人気。
奥には座敷もあるので、接待利用も◎。
奥には座敷もあるので、接待利用も◎。

『和の時 おでん 月と熊』店舗詳細

和の時 おでん 月と熊
住所:埼玉県川越市中原町1-2-2 第一櫻進ビル2F-D/営業時間:16:00〜23:00/定休日:月/アクセス:西武鉄道新宿線本川越駅から徒歩2分

取材・文=高橋 輝(『散歩の達人』編集部) 撮影=鈴木愛子
『散歩の達人』2023年10月号より