コロナ禍の間に多くの立ち食いそば店が閉店する一方、空いたテナントで新たな商売を始める店も多く見られた。今回、紹介する『豊はる』もオープンは2023年の1月。新陳代謝の激しい時期に、勝負に出た新進気鋭の立ち食いそば店だ。

有名店『豊しま』から独立

『豊はる』があるのは、神田小川町。都営新宿線の神保町駅と小川町駅の中間ぐらい、靖国通りをちょっと入った、五十通り沿いだ。飲食店が並び、オフィスも多い。立ち食いそば店をやるには、なかなか良い立地だ。

店の看板には「是れはうまい! 肉そば 関東風」と書かれている。この文言にピンときた立ち食いそば好きは多いだろう。

これは肉そばで有名な『豊しま』の看板に書かれているもの。『豊はる』は、『豊しま』で働いていた西村さんが独立して始めた店なのだ。

豊しま春日店
住所:東京都文京区小石川1-5-1 文京ガーデンノーステラス1F/営業時間:7:00〜18:00(土・祝は7:00〜15:00)/定休日:日/アクセス:地下鉄三田線・大江戸線春日駅から徒歩1分

『豊はる』店主の西村さんは、チェーンのラーメン店で10年働いた後、居酒屋で働きながら2019年から『豊しま』で働き始める。最初は『豊しま』江戸川橋店、次に春日店だったそうだ。そのときから自分で立ち食いそば店を目指していた。

右が店主の西村歩さん。左はパートナーの石井千秋さん。
右が店主の西村歩さん。左はパートナーの石井千秋さん。

「ラーメンよりも、気軽に食べられる、庶民的な立ち食いそばが好きだったんです。ラーメン店では、本部で統括の仕事をするようになって、現場で働きたかったというのもありました」

時間をかけて小川町にいい物件を見つけた。しかし、いかに好立地とはいえ、新しい店が必ずうまくいくとは限らない。肉そばを全面に押し出したことで、開店当初から『豊しま』ファンが多く訪れたが……。

しかし、「新しい店をやるなら、オリジナリティを出したかった」と西村さん。

そこで始めたのが「パイカ」だ。

奥久慈卵を乗せたパイカ玉きしめん590円。ぜいたくなうまさ。
奥久慈卵を乗せたパイカ玉きしめん590円。ぜいたくなうまさ。

新たな看板メニュー

パイカは豚のバラ軟骨のこと。そのパイカを圧力鍋で煮て柔らかくした後に、味つけしたものを乗せたパイカそばを出したところ、大いに受けた。当初は『豊しま』から受け継いだ「肉そば」と「厚肉そば」が注文数のツートップだったが、今ではパイカが一番になったという。

人気のパイカは1日に2度、仕込むという。
人気のパイカは1日に2度、仕込むという。

とろっとしたパイカは一見、ヘビーそうだが、食べているとしょうががふわっと香り、意外にあっさりしている。ツユと合わせても旨味が過多になることなくちょうどいい。柔らかく煮られたパイカを玉子に絡めて食べれば、さらに奥行ある味わいになる。これは確かに『豊はる』の看板になるメニューだ。

是れがうまい!
是れがうまい!

オリジナリティにこだわり

オリジナリティについては、そのほかも力を入れている。天ぷらは自家製でこそないが、かき揚げ以外にあじ、いか、丸ちくわ、紅しょうがとそろえ、とろろやわかめ、大根おろしもあり。麺もそばとうどん以外に、冷やし用のそばときしめんをそろえている。

『豊しま』はそばうどんと、肉と厚肉、かき揚げとストイックなメニュー構成だが、こちらのメニューは幅広い。

牛ばら玉そば790円。添えられたしょうが味噌がまた合う。
牛ばら玉そば790円。添えられたしょうが味噌がまた合う。

また、その月おすすめのメニューもやっている。取材した2023年11月は「牛バラ肉そば」だ。

たっぷりと盛られた牛バラ肉は牛肉特有の匂いは抑えられ、むしろ上品な味わいで、ツユにもよく合う。大きく「肉そば」とうたった看板に負けていない。

立ち食いオンリーの店内は清潔感がある。
立ち食いオンリーの店内は清潔感がある。

オープンから10か月。常連さんはしっかりとついていて、開店から店じまいまで、客足が途切れない店となった。当初は『豊しま』の力もあったのだろうが、今では新たな看板のパイカが『豊はる』を引っ張っているのは、間違いないだろう。

豊はる
住所:東京都千代田区神田小川町3-11/営業時間:6:30〜18:00(土・祝は6:30〜15:00)/定休日:日/アクセス:地下鉄新宿線小川町駅から徒歩6分

取材・撮影・文=本橋隆司

本橋隆司
大衆食ライター
1971年東京生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経て2008年にフリーへ。ニュースサイトの編集をしながら、主に立ち食いそば、町パンなど、戦後大衆食の研究、執筆を続けている。