JR川崎駅から近すぎず遠すぎない、絶妙な距離が穴場感を醸し出すラーメン&バー『まがり鶏』。鶏料理店で腕を振るった店主が独学で生み出したラーメンは、鶏スープに和風の出汁を掛け合わせた飽きが来ない味わいに仕上がっている。各種具材のクオリティもさることながら、替え玉ならぬ和え玉を追加すれば、満足感が加速度的に増していく。

非日常感が心地いい、スタイリッシュなラーメン&バー

昼夜を問わず多くの人々が行き交う川崎駅周辺。飲食店が軒を連ねる仲見世通りをはじめとした商店街や複合施設などが充実しており、暮らしに必要なあれこれは、ほぼ駅の近くで事足りる。

JR川崎駅の中央東口から川崎駅前大通りに沿って10分ほど進むと、商店街のにぎわいは鳴りを潜め、脇道に入った途端ディープな街の香りが……と同時に見えてきたのが、ラーメン&バー『まがり鶏』だ。

ライトグリーンの外壁に、白い扉、紅白ののれんが映える。いい意味でラーメン屋らしくない。
ライトグリーンの外壁に、白い扉、紅白ののれんが映える。いい意味でラーメン屋らしくない。

昔ながらのラーメン屋とは一線を画す外観は、おしゃれなカフェそのもの。看板に描かれたラーメンのイラストだけが、ここがラーメン屋であることを主張している。恐る恐る白い扉を開けてみると、店内もまたラーメンのラの字もないスタイリッシュな空間。

入り口から見て手前にはゆったりとしたテーブル席が、奥には小さめのテーブル席とカウンター席がある。テーブルも椅子も装飾も、いわゆるラーメン屋のイメージと結び付かない。

外観に負けず劣らずラーメン屋らしからぬ店内。妙に居心地がいいのは、ここがバーでもあるからなのかも。
外観に負けず劣らずラーメン屋らしからぬ店内。妙に居心地がいいのは、ここがバーでもあるからなのかも。

「ラーメン屋っぽくないものをつくりたかったんですよね」と語るのは、店長の前田裕さん。2020年11月にオープンした『まがり鶏』の物件は、以前はスナックだったのだそう。言われてみれば、スナックの面影が見え隠れしているようにも思えてくる。

「非日常的な感じを意識して、奥さんと2人で組み立てました。ラーメン屋だと思って来た人にはびっくりされちゃうかもしれないですけど、女性のお客さんが1人で来てくれることも多いんですよ」。

日々の積み重ねによって磨き上げられた珠玉の一杯を

『まがり鶏』では、鶏ベースのスープと和風スープを合わせた淡麗ラーメンが味わえる。今回は、同店イチオシの特製醬油そば1250円を注文。醬油そば1000円に味玉と鶏&豚チャーシューを追加したメニューだ。

煮干しをはじめ、貝や昆布など、出汁にこだわった和風スープ。日々バランスを調節している。
煮干しをはじめ、貝や昆布など、出汁にこだわった和風スープ。日々バランスを調節している。

オーダーが入ると、スープづくりに取り掛かる前田さん。ブランド鶏・京紅地鶏のスープと、アサリ、シジミ、煮干し、昆布などの和風のスープを別々で炊き、提供する直前に合わせる。

日本人だから出汁感を大切にしたくて、出汁にはこだわって作っています。鶏やアサリなどの素材は、同じ量を使っていても、気温や湿度、個体差によって味が変わっちゃう。なので、毎日ちょっとずつバランスを変えているんです。いちばんのこだわりは、このバランスですね」。

鶏胸肉と豚肩ロースのチャーシューを炙っているところ。盛り付ける前のひと手間を惜しまない。
鶏胸肉と豚肩ロースのチャーシューを炙っているところ。盛り付ける前のひと手間を惜しまない。

スープと並行して、麺、トッピング、かえしを用意。国産鶏肉と那須高原豚のチャーシューは、両面をバーナーで炙っていく。かえしは大量の乾物を使った醬油ダレ。こちらも器に注いでからバーナーで炙る。温めておくことで、スープになじみやすくなるという。また味玉をお湯ではなくスープに入れて炊くのも見逃せない。

かえしもバーナーで温めておく。Wスープと合わせる前に欠かせない下準備のひとつだ。
かえしもバーナーで温めておく。Wスープと合わせる前に欠かせない下準備のひとつだ。

前田さんが注文を受けてからラーメンをつくり始めるのは「アツアツで食べてほしい」から。そして、たとえ提供するまでに時間がかかったとしても「手を抜かず、丁寧につくりたい」からだ。

「ラーメン=クイックっていうイメージはあると思うんですけど、ぼくのラーメンはクイックじゃないです。たとえばチャーシューだって、焼かないで乗せればいいのかもしれない。でもそれだと冷たいし、スープの温度も下がっちゃいますからね」。

淡麗スープが美しい特製醬油そば。赤タマネギや九条ネギといった野菜が彩りを添えている。
淡麗スープが美しい特製醬油そば。赤タマネギや九条ネギといった野菜が彩りを添えている。

スープ、麺、具材が合流して完成した特製醬油そばには、前田さんの料理人としての誇りが宿っている。これは何としてでもアツアツの状態で食べたい!

まずはスープを口へ運ぶと、京紅地鶏、貝、煮干し、昆布などの旨味や醤油ダレの香ばしさが見事に調和した上品な味わい。あっさりとした淡麗系らしい口当たりとともに、鶏スープと和風スープ、かえしが織り成す奥行きがしっかり感じられる。

クリアなスープをひと口すすれば、鶏、貝、煮干し、醤油ダレなどが心地よいハーモニーを奏でる。
クリアなスープをひと口すすれば、鶏、貝、煮干し、醤油ダレなどが心地よいハーモニーを奏でる。

このスープが、三河屋製麵の全粒粉入りストレート細麺にほどよく絡む。小麦の豊かな風味と歯切れの良さが印象的だ。赤タマネギ、九条ネギ、水菜のそれぞれ異なるシャキシャキ感も、いいアクセントになっている。

鶏×和風のスープによく合うストレート細麺。全粒粉が練り込まれたビジュアル面にも注目したい。
鶏×和風のスープによく合うストレート細麺。全粒粉が練り込まれたビジュアル面にも注目したい。

トッピングのチャーシューは、鶏胸肉と豚ロース、豚肩ロースの3種類。いずれも甲乙つけがたい一品だが、とくに鶏チャーシューのしっとり食感と香ばしい風味には驚かされた。前田さんによると「鶏肉をマリネしてから低温調理することによって、パサつかず、香ばしさや旨味も出る」のだとか。半熟の味玉はトロトロ&濃厚で、スープとの一体感がたまらない。

薄切りで柔らかい豚ロースのチャーシューは、噛むほどに旨味がじゅわっとあふれ出す。
薄切りで柔らかい豚ロースのチャーシューは、噛むほどに旨味がじゅわっとあふれ出す。

特製醬油そばに夢中になりすぎて、思わずスープまで飲み干しそうになる。が、和え玉300円を注文したのなら、スープは温存しておきたいところ。この和え玉は、麺に京紅地鶏の鶏油(チーユ)と、かえし、粉末の煮干しを和えたもの。油そばとしてそのまま食べるのもありだが、残しておいたスープに投入すると、鶏と煮干しの風味がより華やかに!

和え玉の麺は特製醬油そばと同じもの。ただし味付けが異なるため、ひと口目はそのままで。
和え玉の麺は特製醬油そばと同じもの。ただし味付けが異なるため、ひと口目はそのままで。

「もともとスープのベースに煮干しを結構使っているから合うんでしょうね。できれば和え玉まで辿り着いてもらって、スープに入れてもらって、味の変化を楽しんでもらう。その一連の流れをイメージしてつくりました」。

温存しておいたスープに和え玉をIN。煮干しの存在感が増したスープは、飲み干したくなること必至。
温存しておいたスープに和え玉をIN。煮干しの存在感が増したスープは、飲み干したくなること必至。

ちなみに、もしお腹に余裕があれば、鶏飯350円も注文してみてほしい。鶏チャーシューと赤タマネギ、九条ネギをタイ米(ジャスミンライス)に盛り付けたご飯物だ。岩塩やニンニク、ショウガを加えた鶏スープで炊いたタイ米は、チャーシューとの相性抜群。さらにナンプラーやニンニク、唐辛子などを使用した、鶏飯専用のタレが食欲を刺激する。

タイ米を採用した、ちょっと珍しい鶏飯。スープでタイ米を炊いているうえ、専用のタレで味付けしてある。
タイ米を採用した、ちょっと珍しい鶏飯。スープでタイ米を炊いているうえ、専用のタレで味付けしてある。
鶏胸肉のチャーシューは、タイ米に合わせても絶品。マリネと低温調理による風味と食感を味わおう。
鶏胸肉のチャーシューは、タイ米に合わせても絶品。マリネと低温調理による風味と食感を味わおう。

「最初は白米でやっていたんですけど、面白くなくて。だったらもう、ほかとはまったく違うご飯をつくっちゃえばいいかな、と。そもそもラーメン屋でタイ米を出しているところ、なかなかないですよね」。そう語る前田さんは、してやったりの表情だ。

焼き鳥歴20年以上、ラーメン歴ゼロからのスタート

前田さんが『まがり鶏』をオープンして3年。すでに多くのラーメン通から高く評価されているが、実は前田さん、同店を始めるまでラーメン屋の経験はなかったというから驚きだ。自身が納得できるラーメンに仕上がったのは、つい最近のことなのだとか。

「もちろん常にベストを尽くしているんですけど、日々味を変えて、修正することに躍起になっていたというか。いまは、その修正が追いついたところですかね。お客さんが求めている味に近しいもの、自分の出したいものが、やっとできたかなと思います」。

改良に改良を重ねてきた特製醬油そば、和え玉、鶏飯は、妥協を許さない前田さんの努力の賜物だ。
改良に改良を重ねてきた特製醬油そば、和え玉、鶏飯は、妥協を許さない前田さんの努力の賜物だ。

ラーメン歴がゼロだったとはいえ、前田さんにはたゆまぬ探究心と、そして20年以上にわたって鶏料理を扱ってきた経験値がある。

「18歳のときから川崎の焼き鳥屋で修業していました。焼き鳥屋の修業しながらアルバイトでバーに入り、そのあとに焼き鳥バーを立ち上げたのが25歳のとき。39歳ぐらいで、焼き鳥に関しては正直やり切ったかなっていうところがあって。次は鶏を使ったラーメンをやろうと決めました」。

焼き鳥とバーとラーメン。考えてみれば、焼き鳥もラーメンもお酒との親和性が高い。だからここはラーメン&バーなのか。

「ゆくゆくは焼き鳥とラーメンを出すお店をつくりたい」とこれからの展望を語る前田さん。
「ゆくゆくは焼き鳥とラーメンを出すお店をつくりたい」とこれからの展望を語る前田さん。

昼と夜の食事どきを過ぎると『まがり鶏』は飲んでしゃべって、ラーメンで締める吞兵衛たちが集う不思議な空間になるという。ラーメン&焼き鳥&バーが誕生する日は、そう遠くないかもしれない。

まがり鶏(まがりどり)
住所:神奈川県川崎市川崎区貝塚1-12-1/営業時間:11:30〜14:45LO・17:30〜23:00/定休日:火 (月のランチは不定)/アクセス:JR川崎駅から徒歩12分

構成=アート・サプライ 取材・文・撮影=上原純

アート・サプライ
編集プロダクション
1971年創業の編プロ。「旅&食&散策」ジャンルに強く、情報誌では子供向けから鉄道やドライブでの大人旅まで。さらにグルメ系ではラーメンや唐揚げ専門情報誌をはじめ、日本全国うまいもの紹介なども手掛けている。