東京と横浜に挟まれた川崎。駅周辺には多くの商業施設が建ち並び、昼夜を問わず多くの人でにぎわう。そんな川崎のラーメン店は実に多彩。伝統の味を守る老舗から、店主の感性あふれるオリジナルメニューを提供する店まで、厳選した10店をご紹介!

こだわりの自家製麺と鶏白湯豚骨魚介系スープ『麺屋 利八』

特らぁめん1250円。トッピングはチャーシュー、メンマ、味玉、のり、ネギ、水菜。
特らぁめん1250円。トッピングはチャーシュー、メンマ、味玉、のり、ネギ、水菜。

JR川崎駅東口から徒歩10分、国道15号沿いにある『麺屋 利八』は、自家製麺にこだわったラーメン店。麺は店主が毎日製麺し、1日寝かして旨味を引き出す。

人気の特らぁめんは、基本のらぁめんにトッピングを豪華に追加したメニュー。丸鶏、鶏ガラ、もみじを使い、煮干し、げんこつを合わせて作る鶏白湯スープは、魚介系の風味と同時に甘みとまろやかさを感じる深みのある味だ。麺はもちもち食感と歯応えが絶妙のバランスで、小麦の旨味を感じることができる。

国産三元豚を店内で吊し焼きした自家製チャーシューは提供する直前にバーナーで炙る。旨味が強い那須御養卵を使った味玉、塩抜きに一週間かけた極太メンマと、トッピングにもこだわりが満載だ。麺、スープ、トッピングがそれぞれの味を引き立てている。
サイドメニューのジンジャーごはんは、ラーメンスープで炊き込んだごはんとジンジャーの辛味と香りが相性抜群。きざみネギの刺激と肉そぼろの旨味とのバランスもよく、ラーメンと一緒にぱくぱくといただける。

スープの旨味が染み込んだジンジャーごはん250円。
スープの旨味が染み込んだジンジャーごはん250円。
店内はカウンター席のみ10席。
店内はカウンター席のみ10席。

『自家製麺 麺屋 利八』店舗詳細

自家製麺 麺屋 利八(じかせいめん めんや りはち)
住所:神奈川県川崎市川崎区宮前町2-4/営業時間:11:00〜14:30・18:00〜20:00(木は11:00〜14:30、土・日・祝は11:00〜15:00・18:00〜20:00)/定休日:月、第1火/アクセス:JR川崎駅から徒歩12分

『鶏そば 一文』でつけ麺。濃厚昆布水に浮かぶ麺と鶏のつけ汁の対比を楽しめ!

JR川崎駅東口を出てアーケードから仲見世通りへ。徒歩7分ほどで『鶏そば 一文』にたどりく。

メニューは醤油、塩、つけ麺、混ぜそばの4つ。券売機の説明に「濃厚昆布水で鶏だしの一歩先へ……」と書いてあるつけ麺は、4種の昆布を水につけて濃厚な昆布だしをとり、それを麺に絡めて提供する。大山鶏と鴨を贅沢に使ったスープに醤油と甘酢、2種のかえしを合わせたつけ汁は、赤玉ねぎと九条ネギがいい香り。

「まずは麺だけを食べてほしいと」店主。昆布水に浸かった麺に炭塩とわさびをつけて食べると、爽やかな磯&わさびの香り、まろやかな旨味とほのかな塩味がいい。つけ汁につけると、滋味深い鶏の清湯を醤油と甘酢の酸味がキリリと引き立ててまた違ったおいしさに。鶏油を合わせた香味油、麺の持つ小麦の旨味と昆布の旨味などいろんな要素が5つも6つも重なり、よりボディの太いガツンとした味わいになっている。

特製つけ麺1150円。トッピングは2種のチャーシュー、味玉、メンマ、九条ネギに炭塩、わさび。
特製つけ麺1150円。トッピングは2種のチャーシュー、味玉、メンマ、九条ネギに炭塩、わさび。
麺は菅野製麺謹製の多加水麺。中太で喉越しがいい。
麺は菅野製麺謹製の多加水麺。中太で喉越しがいい。
木の温もりを感じる店内。稲妻型のカウンターが斬新だ。
木の温もりを感じる店内。稲妻型のカウンターが斬新だ。

『鶏そば 一文』店舗詳細

鶏そば 一文(とりそば いちもん)
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子2-8-5/営業時間:11:30〜13:40LO・18:00〜翌2:40LO ※スープが切れ次第終了/定休日:無/アクセス:JR川崎駅から徒歩7分

『中華そば おかべ』のしょう油ラーメンはとろっと濃厚な魚介豚骨スープが美味!

JR川崎駅西口から徒歩8分ほど。ビジネスホテルの中にある川崎屈指の人気店『中華そば おかべ』は、ホテルのオーナーでもある店主が2006年にオープンした。営業時間は、平日昼時の2時間限定。極上の1杯を求め、ビジネスパーソンが連日列を成す。

実はラーメン屋で修業したことがないという店主。さまざまな店を客として訪れてはラーメンづくりのノウハウを見て学び、ラーメンを題材にしたグルメ漫画から店舗経営の知識を得て、店を盛り立ててきた。

メニューは中華そば、つけ麺、担々麺、担々つけ麺の4種類。今回いただいた名物の中華そばは、ほどよく濃厚な魚介豚骨のしょう油ラーメン。とろっとしたスープは油やや多めで鰹節のパンチが効いており、豚骨の風味はまろやかで味わい深い。濃厚なのに食べ飽きることがなく、最後の1滴までたまらなく旨い。お腹に余裕がある人は〆に半ライスを注文して、スープぶっかけ丼をぜひ召し上がれ。

中華そば900円。トッピングはチャーシュー、メンマ、のり、モヤシ、ネギ。
中華そば900円。トッピングはチャーシュー、メンマ、のり、モヤシ、ネギ。
半ライス100円にラーメンのトッピングを乗せてミニ丼に。
半ライス100円にラーメンのトッピングを乗せてミニ丼に。
ホテルのエントランスにある券売機で食券を買って店内へ。
ホテルのエントランスにある券売機で食券を買って店内へ。

『中華そば おかべ』店舗詳細

中華そば おかべ(ちゅうかそば おかべ)
住所:神奈川県川崎市幸区幸町1-748-1 ビジネスイン オカベ1F/営業時間:044-541-7736/定休日:土・日・祝/アクセス:JR川崎駅から徒歩8分、京浜急行京急川崎駅から徒歩5分

『らーめん勇』の醤油とんこつ。2cmの分厚いチャーシューに食らいつけ

『らーめん勇』はJR川崎駅東口から徒歩10分、繁華街から少し外れた場所にある。店主は学生時代に『らーめん せたが屋』のつけ麺の味に感銘を受けアルバイトとして入店し、卒業後は社員に。最後は本店の店長まで上り詰めた人物だ。『せたが屋』の前島社長を尊敬し、その教えに倣って独立した今でも真心を込めてスープを作っている。

メニューは醤油らーめん、醤油とんこつ、汁なしの3本柱で展開し、なかでも一番人気は醤油とんこつだ。鶏と豚で取るスープは完成までに丸1日以上。分厚い豚バラチャーシューは実に3日もかかる。厚さは1.5〜2cmもあるボリュームで、提供直前に表面を炭で炙りパリッとした食感と香りをつけている。チャーシューを目指してやってくるファンもいるというのも納得だ。

プリンプリンの歯応え十分な中太麺は旨味たっぷりで、後味はあっさりとしたスープがよく合う。丼と別に刻みニンニクが小皿で提供され、好みの量を入れられるようにしてくれている心遣いもうれしいところだ。

醤油とんこつ880円。麺とともに茹でた野菜はシャッキシャキ食感。
醤油とんこつ880円。麺とともに茹でた野菜はシャッキシャキ食感。
ニンニクを少し入れるだけですんごいパンチのある味に。
ニンニクを少し入れるだけですんごいパンチのある味に。
店内はL字カウンターのほかテーブル席も完備。
店内はL字カウンターのほかテーブル席も完備。

『らーめん勇』店舗詳細

らーめん勇(らーめんゆう)
住所:神奈川県川崎市南町8-9-4 サウスウイング川崎101/営業時間:11:00〜14:30LO・17:00〜23:00LO/定休日:不定/アクセス:JR川崎駅から徒歩10分

川崎で家系ラーメンを食べるならここ。あの名店の姉妹店『横浜家系らーめん 雷家』

JR川崎駅から徒歩8分ほど、『横浜家系らーめん 雷家』。家系ラーメンの名店『六角家』で修業した店主が、伝統の味をしっかりと守りつつもマイルドにアレンジされたラーメンを提供する。

今回は家系ラーメンの王道、チャーシューメン+味付玉子+のりを注文。そそりたつのり、たっぷりのほうれん草、中央にはきざみネギ。麺が見えないほどのチャーシューと味付玉子。そしてスープの表面を覆い尽くすように浮かぶ鶏油。これぞ家系ラーメンだ。
しっかりとした豚骨の旨味と甘みを感じるスープ。鶏油がたっぷりと入っているが、意外と油感は少ない。塩味も控えめでマイルド。酒井製麺の中太ストレート麺は適度なもちもち食感で、スープの絡み具合も抜群だ。タレにしっかりと漬け込んだ自家製チャーシューにスープの旨味と鶏油が染み込んで、さらにおいしさが引き立てられている。

サイドメニューで人気なのがキャベチャ。ビールのお供にぴったりな一皿だ。

チャーシューメン+味付玉子+のり1200円。味は見た目よりマイルドだ。
チャーシューメン+味付玉子+のり1200円。味は見た目よりマイルドだ。
チャーシューをのせたキャベツにラーメンスープ入りの醤油タレをかけたキャベチャ150円。
チャーシューをのせたキャベツにラーメンスープ入りの醤油タレをかけたキャベチャ150円。
京急線沿いのさくら通りと市電通りがぶつかる場所にある。店内はカウンター席が10席。
京急線沿いのさくら通りと市電通りがぶつかる場所にある。店内はカウンター席が10席。

『横浜家系らーめん 雷家』店舗詳細

横浜家系らーめん 雷家(よこはまいえけいらーめん かみなりや)
住所:神奈川県川崎市川崎区小川町8-14/営業時間:11:00〜21:30/定休日:月/アクセス:JR川崎駅から徒歩8分

『中華料理 天龍』のお野菜モリモリ“天下一いずま”なタンメン

JR川崎駅を出て、東口のにぎやかなアーケードを歩くこと徒歩5分。銀座街の角にある『中華料理 天龍』は、のれんに書かれた“天下一いずま”で知られた名店だ。初代店主がつけたキャッチフレーズは登録商標を取得。「マズイの逆で“うまい”ってシャレですよね」と3代目は笑う。

タンメンは創業以来の看板メニュー。スープはトリガラ、とんこつ、野菜などを煮込んだ清湯。見た目通りの澄んだ味だ。鶏や豚、野菜の旨味もありながら、それらを引き立て合うやさしい塩味。その奥に感じるまろやかさ。

野菜はシャッキシャキで旨味が最大限に引き出されている。たっぷり盛られていて、なかなか麺にたどりつかない。野菜の山から麺を探りあてる。『竹島製麺』の中太平麺は、あっさりとした麺でスープや具材ともよく合う。同じく創業以来変わらぬ味の餃子はその日提供する分を餡から手作りするのがこだわり。川崎名物・餃子みそと相性抜群だ。

タンメン600円、餃子300円。合計900円なら毎日でも食べたい。
タンメン600円、餃子300円。合計900円なら毎日でも食べたい。
古き良き町中華の佇まい。のぼりの端にある“いずま”の文字に注目だ。
古き良き町中華の佇まい。のぼりの端にある“いずま”の文字に注目だ。
お昼時、夕飯時になるとコの字のカウンターがお客さんでギッシリに。
お昼時、夕飯時になるとコの字のカウンターがお客さんでギッシリに。

『中華料理 天龍』店舗詳細

中華料理 天龍(ちゅうかりょうり てんりゅう)
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-1-1/営業時間:11:00〜翌2:00/定休日:無/アクセス:JR川崎駅から徒歩5分

決め手は鶏スープと和風出汁のバランス! 『まがり鶏』の特製醬油そば

JR川崎駅東口から10分ほどの場所にある穴場的なラーメン&バー『まがり鶏』。おしゃれなカフェのようなスタイリッシュな空間で、鶏ベースのスープと和風スープを合わせた淡麗ラーメンが味わえる。

特製醬油そばのスープは、ブランド鶏・京紅地鶏のスープと、アサリ、シジミ、煮干し、昆布などの和風スープを別々で炊き、提供する直前に合わせたもの。鶏やアサリなどの素材は、同じ量でも気温や湿度、個体差によって味が変わるため、毎日バランスを変えている。

京紅地鶏、貝、煮干し、昆布などの旨味と、醤油ダレの香ばしさが調和したスープは、あっさりとした口当たり。鶏スープと和風スープ、かえしが織り成す奥行きを堪能できる。このスープが、三河屋製麵の全粒粉入りストレート細麺にほどよく絡む。
トッピングのチャーシューは、鶏胸肉と豚ロース、豚肩ロースの3種類。鶏チャーシューのしっとり感と香ばしさに驚かされるはず。スープは飲み切らず、和え玉を追加して味の変化を楽しむのがおすすめ。

特製醬油そば1250円。クリアなスープと全粒粉が練り込まれた麺のビジュアル面にも注目。
特製醬油そば1250円。クリアなスープと全粒粉が練り込まれた麺のビジュアル面にも注目。
温存しておいたスープに和え玉300円をIN。和え玉は油そばとしてそのまま食べるのもあり。
温存しておいたスープに和え玉300円をIN。和え玉は油そばとしてそのまま食べるのもあり。
ライトグリーンの外壁に、白い扉、紅白ののれんが映える。
ライトグリーンの外壁に、白い扉、紅白ののれんが映える。

『まがり鶏』店舗詳細

まがり鶏(まがりどり)
住所:神奈川県川崎市川崎区貝塚1-12-1/営業時間:11:30〜14:45LO・17:30〜23:00/定休日:火 (月のランチは不定)/アクセス:JR川崎駅から徒歩12分

『RAMENとりが』の鶏濃めん塩Richは、味変が楽しい洋風鶏白湯ラーメン

京急川崎駅から徒歩10分ちょっと。堀之内町の歓楽街を抜けた国道沿いにあるラーメン店『RAMENとりが』のテーマは、洋風の鶏白湯だ。

人気メニュー・鶏濃めん塩Richのスープは、丸鶏、モミジ、香味野菜を10時間以上かけて煮詰めたもの。これに塩ダレと鶏油を加えて仕上げる。とろみのあるスープをひと口すすると、鶏や香味野菜の重厚な旨味とまろやかな甘みが口の中を満たし、塩ダレがスッキリした後味にまとめていく。

菅野製麺所の中太ストレート麺は、小麦粉の香りが豊かで歯切れのいい低加水麺。低温調理された鶏&豚肉チャーシューとの相性も抜群だ。中央に盛られたサラダには、下処理したレタスやタマネギなどを使用。シャクシャク、ザクザクといった心地よい食感が楽しめる。

食べ進めながら、豆乳とレモンのエスプーマをスープに溶かしていけば、徐々に柑橘系の香りが加わって飽きがこない味わいに。また、味付き替玉を追加すると、スープの味がガラリと変わる。

鶏濃めん塩Rich 1170円。エスプーマが濃厚な鶏白湯にレモンの爽やかさを加える。
鶏濃めん塩Rich 1170円。エスプーマが濃厚な鶏白湯にレモンの爽やかさを加える。
麺にタレと香味油を和えた味付き替玉(ポルチーニ油)300円。味はポルチーニ油を含む4〜5種類から選べる。
麺にタレと香味油を和えた味付き替玉(ポルチーニ油)300円。味はポルチーニ油を含む4〜5種類から選べる。
赤い軒先テントがトレードマーク。店頭の自動販売機で購入した飲み物は店内持ち込みOK。
赤い軒先テントがトレードマーク。店頭の自動販売機で購入した飲み物は店内持ち込みOK。

『RAMENとりが』店舗詳細

RAMENとりが(らーめんとりが)
住所:神奈川県川崎市川崎区堀之内町13-15 高山ビル103/営業時間:11:00〜14:30・17:30〜22:00(日は11:00〜14:30)/定休日:月・火/アクセス:京急本線・大師線京急川崎駅から徒歩11分、京急大師線港町駅から徒歩9分

濃厚豚骨ラーメンからあっさり中華そばまで。『breath food』は麺類のオンパレード!

JR川崎駅の東口から徒歩15分ほどの住宅地に店を構える『breath food』は、おしゃれな佇まいのラーメン店だ。
看板メニューの黒ラーメン・赤ラーメンは、パンチの効いた濃厚豚骨ラーメン。焦がしニンニク油をプラスした黒ラーメンは、芳醇でやみつきになることまちがいなし! 赤ラーメンはマイルドながらもピリリと辛味が効いていて、スープの旨味がしっかり感じられる。

懐かし中華そばやタンメン、3種類の油そばなど麺類が目白押し。さらに、タンタン麺や五目カタヤキソバ、季節のおすすめ麺類もイロイロあって、客を飽きさせることがない。味のバリエーションもさることながら、ボリューム満点で食べ応えがあり評判を呼んでいる。

一見するとラーメン屋とは思えぬ外観&カフェのような雰囲気の店内なので女性も入りやすく、親しみのある丁寧な接客と居心地のよさもポイントが高い。何度でも足を運びたくなる店だ。

人気ナンバーワンの黒ラーメン950円。トッピングは、チャーシュー、味玉、ホウレンソウ、のり。
人気ナンバーワンの黒ラーメン950円。トッピングは、チャーシュー、味玉、ホウレンソウ、のり。
クリーミーな豚骨スープは、ほどよくコッテリしていてマイルドな味わい。
クリーミーな豚骨スープは、ほどよくコッテリしていてマイルドな味わい。
まるでカフェのような内装。カウンター4席、2人掛けテーブル2席。
まるでカフェのような内装。カウンター4席、2人掛けテーブル2席。

『breath food』店舗詳細

breath food(ブレスフード)
住所:神奈川県川崎市川崎区新川通9-10/営業時間:11:00〜14:40 LO・17:00〜21:30LO/定休日:日/アクセス:JR川崎駅から徒歩14分、京浜急行京急川崎駅から徒歩15分

華やかな香りの自家製ラー油が味の決め手『麻婆まぜそば 麻ぜろう』

JR川崎駅から徒歩8分『麻婆まぜそば 麻ぜろう』。麻婆まぜそば・担々麺・塩そばの3本柱で展開するラーメン店だ。

かつて本格的な中華料理店を営んでいた店主が、人気メニューだった麻婆豆腐を「お客様がもっと気軽に食べられるように」と台湾まぜそばをヒントにアレンジ。旨辛テイストの麻婆まぜそばが誕生した。

艶やかな麻婆豆腐を麺の上にとろ〜りとかけて、鶏もも肉の蒸し鶏とチャーシューなどを全部よーく混ぜて麻婆と麺をなじませて食べると、マイルドでフワンと香る中国スパイスたちが鼻に抜けていく。豆腐こそ細かく砕かれて粒状になっているけど、この味は紛れもなく本格派の麻婆豆腐だ。

やや太めで短くカットされたまぜそば用の麺は、もっちりとしていて1本1本に麻婆豆腐をまとっている。麺が短いから麻婆豆腐がよく混ざるし、箸で取りやすい。最後に少しだけ残った麻婆は、無料の半ライスであますことなくいただける。

麻婆まぜそば1050円。テーブルに供された途端にスパイシーな香りがして食欲をそそる。
麻婆まぜそば1050円。テーブルに供された途端にスパイシーな香りがして食欲をそそる。
まんべんなく混ぜていただきます。麻婆がけっこう濃厚なので麺が重い。
まんべんなく混ぜていただきます。麻婆がけっこう濃厚なので麺が重い。
L字型のカウンターから店主が調理する様子が見られる。
L字型のカウンターから店主が調理する様子が見られる。

『麻婆まぜそば 麻ぜろう』店舗詳細

麻婆まぜそば 麻ぜろう(まーぼーまぜそば まぜろう)
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-12/営業時間:11:45〜14:45LO・17:45〜21:45LO/定休日:水/アクセス:京急川崎駅から徒歩4分、JR川崎駅から徒歩8分

取材・文・撮影=丸山美紀(アート・サプライ)、パンチ広沢、羽牟克郎、コバヤシヒロミ、上原純