川崎駅東口方面の閑静な住宅街にある『breath food』は、まるでカフェのような店構えのラーメン店。看板メニューの濃厚豚骨スープの黒ラーメンをはじめ、中華そば、タンメン、油そばや焼きそばもあり、麺類のバリエーションは10種類以上。どれを選んでも間違いなし! 次は何を食べようかと何度も通いたくなりそうだ。

女性1人でも入りやすいおしゃれでアットホームなラーメン店

JR川崎駅の東口から徒歩15分ほど。第一京浜(国道15号線)を越えた先にある住宅街に、ぽつぽつと飲食店が散らばっている。

そのなかで、ぱっと見にはカフェかハンバーガー屋と思しき、おしゃれな店を発見!

市立川崎病院付近の角地にあり、『市原仏具店』に併設している。
市立川崎病院付近の角地にあり、『市原仏具店』に併設している。

足を止めて看板をチェックすると、ラーメンの写真がズラリ。ほかに丼物や炒め物などもあり、町中華メニューが目白押しだ。

定番メニューは、こってりスープの黒&赤ラーメン、あっさりスープの中華そば&タンメン、油そば。
定番メニューは、こってりスープの黒&赤ラーメン、あっさりスープの中華そば&タンメン、油そば。
定番のほかに、その時どきのおすすめメニューがいろいろある。
定番のほかに、その時どきのおすすめメニューがいろいろある。

『breath food』は、兄弟2人が営むラーメン店。兄の市原俊輔さんと弟の建輔さんは川崎の有名ラーメン店で修業を積み、2021年に独立して店を構えた。

「仏具店を経営している父が『これからは自分たちの店をもって商売をしたらいい』と背中を押してくれて、改装した仏具店のスペースを半分借りて店をオープンしました」と建輔さん。

店主の市原俊輔さん。カウンター越しに客との会話を楽しんでいる。
店主の市原俊輔さん。カウンター越しに客との会話を楽しんでいる。

「兄弟だからお互いの性格をよくわかっていて、腹を割ってなんでも言い合いえるのが家族経営のいいところです。4歳違いの兄は、優しくて真面目でリーダーシップがある人。ぼくはどちらかというと相手に合わせてついていくタイプなので、バランスもちょうどいいんだと思います」。

2人はアットホームな空間とフレンドリーな接客をコンセプトに掲げ、客が「ひと息(breath)」つくことができて、「おいしいもの(food)」を食べて元気になれる店を目指しているという。

ラーメンづくりに対するこだわりだけでなく、お客さまにおいしく食べてもらえるように空間づくりにもこだわっている。

カウンター4席、2人掛けテーブル2席。外観も内装もまるでカフェのよう。
カウンター4席、2人掛けテーブル2席。外観も内装もまるでカフェのよう。

「この店では、カフェのように居心地の良い空間と、お客さまとの会話、人と人のつながりを大切にしています。女性1人でも入りやすい雰囲気なので、時には女性のお客さまだけで満席になることもあるんですよ」と建輔さん。

確かに外観からして誰もが気軽に立ち寄れそう。店内は小ざっぱりとして、どこか落ち着きを感じる。

カウンター席の下の荷物入れは、ハンドメイドの木製バスケット。
カウンター席の下の荷物入れは、ハンドメイドの木製バスケット。

ラーメン屋ではまわりの客のペースに合わせて食べなければとつい焦ってしまうものだが、この店ではせかせかした気持ちにならずにゆっくりラーメンを味わえそうだ。

肉厚チャーシューがドーンとのった香ばしい濃厚豚骨ラーメン

今回は、人気ナンバーワンの黒ラーメン950円をチョイス。

トッピングは、チャーシュー、味玉半玉、ホウレンソウ、のり。
トッピングは、チャーシュー、味玉半玉、ホウレンソウ、のり。

この店の黒ラーメンは、マー油入りの濃厚豚骨ラーメン。マー油はニンニクや長ネギなどを揚げてつくる真っ黒な香味油のことで、この焦がしニンニクの香りが食欲をそそる。

まずはスープをひと口いただくと、なんともクリィ〜ミィ〜〜〜で実にマイルド! 香ばしいマー油のパンチが効いていて、あまりに絶品でレンゲを持つ手が止まらない。九州出身の客に「本場の熊本ラーメンみたいで好みの味」だと絶賛されたこともあるのだとか。

濃厚ながらもしつこさをまったく感じないので、豚骨ラーメンが苦手な人やご年配の方も食べやすいだろう。

クリーミーな豚骨スープは、ほどよくコッテリしていてマイルドな味わい。
クリーミーな豚骨スープは、ほどよくコッテリしていてマイルドな味わい。

続いて麺をズルリ……。この中太麺、味わい深くて風味よし! 麺とスープのからみ具合も抜群にいい。

『breath food』では菅野製麺所の麺3種を使用。黒ラーメンは中太ちぢれ麺。
『breath food』では菅野製麺所の麺3種を使用。黒ラーメンは中太ちぢれ麺。

ドーンと鎮座する豚バラチャーシューはしっかりめの味付けで、スープに負けじと濃厚な旨味が口いっぱいに広がる。ほろっとやわらかく、肉肉しい感じで大満足♪

香ばしく焙られた肉厚チャーシューは、口の中でほろっとほどけて美味。
香ばしく焙られた肉厚チャーシューは、口の中でほろっとほどけて美味。

「奇をてらわずに、良い食材を使ってシンプルにおいしいものをつくる」のだと言う建輔さん。その言葉通り、スープ、麺、具材の1つ1つに味へのこだわりが感じられる1杯だ。

味玉もめっちゃおいしかった! プラス200円でチャーシュー・味玉・のり増量にすれば良かったなあ……。スープも1滴残さず飲み干すほどリピ確の旨さです!

「次は何食べよ?」と楽しみが止まらない麺類のラインナップ

「もともと中華料理をウリにした店だったんで、あっさり系の中華そばや特製の焼きそばも常連さんに人気があるんですよ」と建輔さん。チャーハンやニラレバ炒めなど、町中華さながらのメニューを豊富に取りそろえている。

麺類のラインナップが豊富で、チャーハンや丼もの、炒め物もある。
麺類のラインナップが豊富で、チャーハンや丼もの、炒め物もある。

麺類のラインナップも充実しており、油そばやタンタン麺、ワンタン麺に味噌野菜ラーメンなどなど、その数は常時10種類を超える。常連客のリクエストに応えて生まれた裏メニュー的なラーメンもあり、手探りでメニュー開発を進めるうちに種類がどんどん増えていったのだそう。

壁面には新メニューやおすすめの麺類が多数掲示されている。
壁面には新メニューやおすすめの麺類が多数掲示されている。

「ぼくたちは『こんな店があったらいいな』『この味はきっとお客さまに喜んでもらえるだろうな』といつも想像をふくらませながら、店づくりを行っています。これからも兄弟で切磋琢磨しながら旨いラーメンをつくって、お客さまが毎日通いたくなるような居心地の良い店にしていきたいと思います」と建輔さん。

店名のごとくほっとひと息することができて、次は何を食べようかと楽しみが尽きない『breath food』。よし、今度は隠れ人気メニューのタンメンを食べに来るぞ!

breath food(ブレスフード)
住所:神奈川県川崎市川崎区新川通9-10/営業時間:11:00〜14:40 LO・17:00〜21:30LO/定休日:日/アクセス:JR川崎駅から徒歩14分、京浜急行京急川崎駅から徒歩15分

構成=アート・サプライ 取材・文・撮影=コバヤシヒロミ

アート・サプライ
編集プロダクション
1971年創業の編プロ。「旅&食&散策」ジャンルに強く、情報誌では子供向けから鉄道やドライブでの大人旅まで。さらにグルメ系ではラーメンや唐揚げ専門情報誌をはじめ、日本全国うまいもの紹介なども手掛けている。