多数の客が入れ代わり立ち代わり訪れ、絶え間がないという意味を持つ「千客万来」。そんな場所にという願いを込めて名付けられた『豊洲 千客万来』が、2024年2月1日、ついに誕生した。手掛けるのは全国に多数温浴施設を展開する万葉倶楽部で、飲食店などおよそ70のテナントが入る。豊洲の地だからこそ楽しめる“本格・本物の食”と、絶景展望の温浴・宿泊施設としての顔を併せ持ち、豊洲市場ならではの活気とにぎわいを発信している。

「豊洲目抜き大通り」。古くから愛される東京の名店が数多く出店。
「豊洲目抜き大通り」。古くから愛される東京の名店が数多く出店。
広々とした施設外観。夜はライトアップも。
広々とした施設外観。夜はライトアップも。

施設は「食楽棟」「温浴棟」の2棟からなる。「食楽棟」は江戸の街並みが再現され、市場隣接という立地を活かした新鮮食材が並ぶ光景には、足を踏み入れただけで心が躍る。市場関係者や近隣住民などの利用を想定し、1階には手軽に食事を楽しめる店舗が。2階には江戸時代の活気あふれる市場を再現した、屋内の「目利き横丁」・屋外の「豊洲目抜き大通り」。3階には寿司屋を中心とした新鮮海鮮を楽しめるフードコートやバイキング店と、3つのフロアで構成されている。近隣の居住者と観光客へのアプローチも豊洲らしい魅力だ。食べ歩きや買い物から食事まで、その楽しみ方も無限大。

築地市場で愛される『丸武』の玉子焼きも。
築地市場で愛される『丸武』の玉子焼きも。
寿司から 海鮮丼まで、新鮮な海鮮を扱う店舗が多数。
寿司から 海鮮丼まで、新鮮な海鮮を扱う店舗が多数。

「温浴棟」は、“東京都心の温泉郷”として、箱根・湯河原から毎日運ばれる名湯を提供する24時間営業の温浴施設だ。その魅力は、なんといってもウォーターフロントの絶景展望。露天風呂はもちろん、温浴棟最上階に位置する足湯庭園では、360度パノラマで豊洲の景色を一望できる。特に夜間にはレインボーブリッジなどの夜景も存分に味わえる。さらに、温泉利用客でなくても無料で楽しめる足湯スポットも。カフェが隣接されているので、ひとやすみするのにもってこいだ。さまざまなシーンに合わせて利用できる客室も多数完備し、ホテルステイで特別な一日を過ごすのもまた楽しいだろう。

男湯露天風呂。東京湾を望む開放的な空間。
男湯露天風呂。東京湾を望む開放的な空間。
一般無料開放の「千客万来足湯庭園」。「Café six」「スカイダイニング」が隣接する。
一般無料開放の「千客万来足湯庭園」。「Café six」「スカイダイニング」が隣接する。

当初の予定から5年遅れての開業。待望の施設はいくら時間があっても足りないぐらい、食と温泉を楽しみ尽くせるスポットに。築地市場の貴重な財産である活気を継承したこの場所は、これからさらににぎわい、多くの人々を魅了し続けるに違いない。

豊洲 千客万来
住所:東京都江東区豊洲6-5-1/営業時間:物販・食物販・飲食店1F:10:00〜18:00、飲食店2F:9:00〜22:00(目利き横丁:9:00〜18:00)、飲食店3F:10:00〜20:00(各店舗営業時間は店舗のHPを要確認)、千客万来足湯庭園:10:00〜20:00/定休日:無/アクセス:ゆりかもめ市場前駅から徒歩4分(豊洲市場隣接)

文=近藤かおり(『散歩の達人』編集部) 写真提供=豊洲 千客万来
『散歩の達人』2024年3月号より