意外にもラーメンの名店が集う大井町。数多くの名店がひしめき合う中で、さんたつ編集部が推薦する食べておきたい13店をご紹介。あなたの好みに合う1杯がきっと見つかるはず!

創作イタリアンラーメン。『ajito ism(アジト イズム)』

トマトと辛みが効いたつけ汁と麺の相性抜群のぺぺロッソ880円。
トマトと辛みが効いたつけ汁と麺の相性抜群のぺぺロッソ880円。

野菜をふんだんに使うトロッとしたスープ・ベジポタの元祖といわれる。人気のロッソに辛みを加えたつけ麺ぺぺロッソがおすすめ。スープパスタのようだが、煮干しやカツオ、醤油が加わり、正しくつけ麺なので特注の太麺とよく合う。つけ麺ロッソのつけ汁にチーズやサラミ、特製スパイスを入れたまぜそば、ピザソバ880円もおすすめだ。

店内入り口付近にはさまざまなフィギュアが飾られている。
店内入り口付近にはさまざまなフィギュアが飾られている。

『ajito ism』店舗詳細

ajito ism(アジト イズム)
住所:品川区大井1-37-4 オラシオン大井1F/営業時間:11:00〜14:00・17:30〜20:00(土・日・祝は昼のみ。昼夜とも売り切れ次第閉店)/定休日:土・日(臨時休あり)/アクセス:JR・私鉄・りんかい線大井町駅から徒歩8分

無化調の手打ち白河ラーメン。『麺壱吉兆(めんいちきっちょう)』

澄み渡ったスープと手打ち麺の中華そば670円。
澄み渡ったスープと手打ち麺の中華そば670円。

福島のご当地ラーメン・白河ラーメンが食べられる店。毎日5時間かけて孟宗竹(モウソウチク)で打つ麺は、太めの縮れ麺でコシが強く、無化調のあっさりスープは鶏ガラがベースで、素材の甘みと深いコクを引き出す。口の中で麺がスープを持ち上げ、ハーモニーを奏でるよう。毎日作る炭火焼きのチャーシューには、肉々しい旨味が凝縮!

孟宗竹で打つことで独特の縮れとコシが出る。
孟宗竹で打つことで独特の縮れとコシが出る。
間口いっぱいのカウンター席。入り口から客の背中が見える造りが味わい深い。
間口いっぱいのカウンター席。入り口から客の背中が見える造りが味わい深い。

『麺壱吉兆』店舗詳細

麺壱吉兆(めんいちきっちょう)
住所:品川区東大井5-6-6/営業時間:11:30〜14:30・17:30〜20:30(日・祝は昼のみ。土も昼のみの場合あり)/定休日:月・火/アクセス:JR・私鉄・りんかい線大井町駅から徒歩3分

常連さんのリクエストで生まれた大井町伝統の味。『金門飯店』

お店1番人気のなすラーメン800円。
お店1番人気のなすラーメン800円。

大井町で50年以上の歴史を誇る老舗中の老舗である『金門飯店』。「誰もが気軽に食べられる中華料理」をコンセプトに親しみのある味わいの本格中華を提供し続けてきたが、お店で根強い人気を誇るのが常連さんの発案で生まれたというなすラーメン800円。煮ることでうまさが増す九州産の長なすをふんだんに使い、高温の油で油通しをしてから調理することでなすはシャキシャキのままラーメンとのハーモニーを生み出す。親子二代で作るラーメンは今もなお、大井町の人たちに愛され続けている。

どんぶりを覆い尽くすなすのうま煮には、長なすを1本半分も使用。豚バラ肉との相性もバッチリ!
どんぶりを覆い尽くすなすのうま煮には、長なすを1本半分も使用。豚バラ肉との相性もバッチリ!

『金門飯店』店舗詳細

金門飯店(きんもんはんてん)
住所:東京都品川区大井1-55-5/営業時間:11:00〜14:00・17:00〜21:00/定休日:日/アクセス:JR・私鉄大井町駅から徒歩5分

店主こだわりの後味の良いラーメン。『幸龍』

魚介豚骨スープと黒マー油が味の決め手になっている「黒龍」790円。
魚介豚骨スープと黒マー油が味の決め手になっている「黒龍」790円。

「どこにもない味で、後味の良いラーメン」を目指してきた店主の酒井邦幸さん。その答えとしていきついたのが化学調味料を一切使わない体に優しいラーメン。創業以来、不動の人気を誇る黒龍790円は複数の魚の焼き干し、煮干しなどを使用した豊かな味わいのスープに自家製の黒マー油を仕上げに使うことで濃厚ながらまろやかな味わいに。特製の中太ストレート麺との相性も抜群。それでいて食事後はどこかすっきりと軽やかな味わいになるという不思議な一杯。気が付けば次の日も店に足を運びたくなるのも納得の味わいだ。

多くの名店御用達の三河屋製麺で作られた特製の麺を使用。通常よりも太めにすることでスープとの相性もアップ。
多くの名店御用達の三河屋製麺で作られた特製の麺を使用。通常よりも太めにすることでスープとの相性もアップ。

『幸龍』店舗詳細

幸龍(こうりゅう)
住所:東京都品川区大井1-20-29/営業時間:11:00〜翌1:00※スープがなくなり次第終了/定休日:無/アクセス:JR・私鉄大井町駅から徒歩5分

地元人も納得の和歌山ラーメン。『のりや食堂』

本場・和歌山県人からも旨いと評判の中華そば650円。
本場・和歌山県人からも旨いと評判の中華そば650円。

都内では数少ない和歌山ラーメン店。スープは膜を張るほどの濃厚さだが、丁寧に下処理をしたゲンコツを使っているので、嫌な臭みがなく豚骨の旨みを感じる。パツンとした食感の細麺がスープとよく絡み、九条ネギがいいアクセントになっている。すりゴマと豚骨スープのつけ汁がたまらない「つけそば」730円も人気。

「毎日打つ麺がぶれないように注意しています」と店主の宮川さん。
「毎日打つ麺がぶれないように注意しています」と店主の宮川さん。

『のりや食堂』店舗詳細

のりや食堂
住所:品川区東大井5-19-9 アーバンハイム東大井1F/営業時間:11:30〜14:30・17:30〜24:00(土は〜15:00。日・祝は〜15:00・〜21:00)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・りんかい線大井町駅から徒歩2分

これぞ“大井町オリジナル”な鶏豚Wスープ。『江戸一』

店主のこだわりがたっぷり詰まった鶏豚ラーメン670円。
店主のこだわりがたっぷり詰まった鶏豚ラーメン670円。

「僕が自分で食べて、『おいしい!』と思うラーメンを作りたかったから店を出したんです」と、店主の荒木昌宏さんが語る通り、オリジナリティあふれる一杯が魅力的なのが『江戸一』。自慢のラーメンは醤油豚骨スープをベースに鶏ガラで取ったスープを加えるというWスープ製法で作られたオリジナルなら、麺も探し求めた小麦「春よ来い」を1から練り上げて作るオンリーワンのもの。手間暇かけて作られる鶏豚ラーメン670円は深みがありつつマイルドな味わいのスープに、ツルツルとした麺が見事にマッチ。思わず替え玉をお願いしたくなる一杯だ。

麺は全て手打ちの完全オリジナル。替え玉では通常の麺だけでなく細麺も選択可能!
麺は全て手打ちの完全オリジナル。替え玉では通常の麺だけでなく細麺も選択可能!

『江戸一』店舗詳細

江戸一
住所:東京都品川区大井5-3-9/営業時間:11:00〜24:00/定休日:日/アクセス:JR・私鉄大井町駅から徒歩1分

ひと口食べればもうヤミツキ!『武術家』

どんぶりからもスープの濃厚さがわかる特製ラーメン880円。
どんぶりからもスープの濃厚さがわかる特製ラーメン880円。

実は横浜家系ラーメンのお店が多い大井町。その中でも本家顔負けの濃厚スープが自慢というのが、この『武術家』。スープ作りに使用するのは豚骨と水だけという超シンプルなもので、寸胴でその2つの材料をひたすら煮詰めていく。長時間煮込むことで生まれる超濃厚スープが自慢の特製ラーメン880円の味わいはまさに一度食べたら病みつきになるほどの味に。横浜家系ラーメンの王道、酒井製麺所の麺をアレンジした太めの麺とともにすすれば、空腹があっという間に満たされること間違いなし!

店主の松本龍二さん(右)とスタッフの皆さん。スープ作りは力仕事のため、3人でフル稼働して作っていく。
店主の松本龍二さん(右)とスタッフの皆さん。スープ作りは力仕事のため、3人でフル稼働して作っていく。

『武術家』店舗詳細

武術家(ぶじゅつか)
住所:東京都品川区大井1-50-14SK幸生ビル1F/営業時間:8:00〜翌1:45LO(日は7:00〜)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄大井町駅から徒歩1分

クリーミーなスープと絶えない愛嬌。『濱虎家』

大きなチャーシュー3枚をはじめとしたトッピングが自慢のオールスターラーメン930円。
大きなチャーシュー3枚をはじめとしたトッピングが自慢のオールスターラーメン930円。

2021年で9年目を迎えるという『濱虎家』。クルマ1台通るのが精いっぱいというくらいに細い路地のすずらん通りにありながら、お店はどの時間に行っても客足が途絶えることなく連日大盛況。その理由となっているのが濃厚ながらもどこかクリーミーな味わいのスープが自慢のオールスターラーメン930円とお客さんへの絶えない愛嬌。オーナーの天野太雅さんによると近隣のお店や常連さんたちとはバーベキューや飲み会などのイベントを開催してきたのだとか。「みんなで大井町を盛り上げたい」という思いから生まれたラーメンだからこそ、大井町に来たら食べないわけにはいかないだろう。

メニューは食券制。お店オリジナルのポップがうれしい。
メニューは食券制。お店オリジナルのポップがうれしい。

『濱虎家』店舗詳細

濱虎家(はまとらや)
住所:東京都品川区大井5-4-13/営業時間:11:00〜翌2:00/定休日:年末年始/アクセス:JR・私鉄大井町駅から徒歩3分

お客様ファーストなトッピングに注目。『武蔵家』

チャーシュー5枚、玉子1個というトッピングから命名された「AREA51」950円。サービスのライスはおかわり自由!
チャーシュー5枚、玉子1個というトッピングから命名された「AREA51」950円。サービスのライスはおかわり自由!

コロナ禍以前から「朝ラーメン」と称して早朝から営業していたという『武蔵家』。店主の川味隆則さんに伺うと「ゲンコツと背ガラ、そして鶏ガラなど」で取ったスープを生かしたラーメンは濃厚さがウリの横浜家系ラーメンらしさを残しつつ、どこかマイルドで深みのある味わいに。そしてそれ以上に嬉しいのがトッピングの多彩さ。「お客さんのリクエストに合わせていたら増えてしまった」というトッピングの数々はまさにこの店ならではのオリジナル。自分好みの組み合わせを見つけるのも楽しい!

同じ横浜家系ラーメンをウリにする『武術家』『濱虎家』の店主とも盛んに交流しているという。
同じ横浜家系ラーメンをウリにする『武術家』『濱虎家』の店主とも盛んに交流しているという。

『武蔵家』店舗詳細

武蔵家(むさしや)
住所:東京都品川区大井5-4-10/営業時間:7:00〜翌2:00(金・土・祝前日は7:00〜翌3:00)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄大井町駅から徒歩5分

オンリーワンの豚骨ラーメン。『ラーメン道楽』

タップリのネギが嬉しい道楽ラーメン950円。
タップリのネギが嬉しい道楽ラーメン950円。

濃厚なスープがウリの豚骨ラーメンは1990年代から全国的なブームになっていったが、『ラーメン道楽』はそんな豚骨ラーメンが流行るよりも前にオリジナルのアレンジを加えたラーメンで人気になっていたお店。長時間煮込む独自のスープはスタッフ総出で仕上げていく手間暇のかかるものだが、その手間暇こそが根強いファンを生む所以。まろやかな味わいのスープとお店オリジナルの腰の強い麺、そしてトッピング1番人気という山盛りのネギが常連客の心をガッチリとつかんで離さない。「シャキシャキになるように仕上げて、最後にネギには特製のタレをかけて和えるのがポイント」というネギをラーメンとともにたっぷり堪能したい。

お店のトッピングはネギ。たっぷりと盛ってくれるのもうれしい!
お店のトッピングはネギ。たっぷりと盛ってくれるのもうれしい!

『ラーメン道楽』店舗詳細

ラーメン道楽 鮫洲本店(らーめんどうらく)
住所:東京都品川区東大井1-21-9/営業時間:24時間営業/定休日:無/アクセス:京浜急行鮫洲駅から徒歩1分

焦がしネギ香る老舗秘伝の一杯!『中華そば 永楽(えいらく)』

3種の油で炒めた焦がしネギが具のモヤシやニンジン、豚肉を囲む。麺は平打ちの卵麺。
3種の油で炒めた焦がしネギが具のモヤシやニンジン、豚肉を囲む。麺は平打ちの卵麺。

1953年開店の老舗で、現在は3代目が切り盛り。代々変わらないレシピで作られるもやしそば850円の特徴は、餡の周りをおいしそうな焦がしネギが包囲していること! 3種の油で香りを立たせた焦がしネギの香味とコショウの風味が癖になり、箸が止まらない。そのパンチのある味と、豚のげん骨や背ガラ、鶏ガラなどで作る澄んだスープのバランスがまた絶妙。餡たっぷりなのは「最後まで熱々を」という店主の思いから!

老舗のため年配のお客も多い。2階席も用意。
老舗のため年配のお客も多い。2階席も用意。
開店当初から東小路飲食店街に店を構える。昼時は大体行列が。ラーメン650円やワンタンメン800円も人気。
開店当初から東小路飲食店街に店を構える。昼時は大体行列が。ラーメン650円やワンタンメン800円も人気。

『中華そば 永楽』店舗詳細

中華そば 永楽
住所:品川区東大井5-3-2/営業時間:11:30〜21:20LO(土・日・祝は〜 20:20LO)/定休日:月・第3火/アクセス:JR・私鉄・りんかい線大井町駅から徒歩2分

地元育ちの店主が作る「食べたかったラーメン」『麺屋 焔』

透き通ったスープが嬉しい塩らぁめん700円。
透き通ったスープが嬉しい塩らぁめん700円。

「生まれも育ちも大井町なんですけど、僕がこのお店を開く頃はいわゆる淡麗系のラーメンがなかったんですよ」という西川大輔さんがお店を開いた『麺屋 焔』。自身の好みというすっきりとした味わいのスープ作りを目指し、鶏とカツオ節、煮干し、サバ節、そして昆布と魚介類をふんだんに使い、丁寧に作りこんだことで透き通るような美しいスープに仕上がった。「これからも厨房で精魂込めて作るので、大井町へ来られた際はぜひ食べに来て欲しいです」というメッセージも印象的だ。

店主の西川大輔さんのポリシーが溢れるお店はラーメン屋さんとは思えないほどスタイリッシュな雰囲気に!
店主の西川大輔さんのポリシーが溢れるお店はラーメン屋さんとは思えないほどスタイリッシュな雰囲気に!

『麺屋 焔』店舗詳細

麺屋 焔(めんや えん)
住所:東京都品川区大井1-53-5/営業時間:11:30〜14:30・17:30〜スープ切れまで(土・休は11:30〜スープ切れまで)/定休日:日/アクセス:JR・私鉄大井町駅から徒歩3分

夢中で食べられる名店の味。『RAMEN火影 produced by 麺処ほん田』

ふんわりと鶏の良い出汁の匂いが漂ってくる特製鶏だし塩RAMEN1000円。
ふんわりと鶏の良い出汁の匂いが漂ってくる特製鶏だし塩RAMEN1000円。

淡麗系ラーメンの超有名店「麺処 ほん田」の店主、本田裕樹氏がプロデュースしたことで話題になった『RAMEN火影 produced by 麺処ほん田』。大井町に移転して2021年で3年目となるが、今では常連客に愛されるお店に。自慢のラーメンは伝統の鶏をメインにしたスープには若干の豚ガラ、そして味をまろやかにする香味野菜を使用。さらにあの透き通ったスープを生む肝心のカギを握る火加減にも細心の注意を払うという手の込んだもの。しかしその手間こそがこのラーメンの味の決め手。透き通るような味わいのスープは気が付けば飲み干してしまうこと請け合い!

大井町駅から歩いて1分という好アクセスで多くのお客さんが店内に溢れていた。
大井町駅から歩いて1分という好アクセスで多くのお客さんが店内に溢れていた。

『RAMEN火影 produced by 麺処ほん田』店舗詳細

RAMEN火影 produced by 麺処ほん田(らーめんほかげ)
住所:東京都品川区大井1-1-9/営業時間:11:30〜15:00・18:00〜22:30LO(土・休日は11:30〜22:00)/定休日:月/アクセス:JR・私鉄大井町駅から徒歩1分

取材・文=速志 淳、鈴木健太、福嶌弘 撮影=金井塚太郎、井原淳一、福嶌弘