ひばりヶ丘駅の周辺は、妙にアットホームなくつろぎ感があるこだわりの店が目白押し。昔ながらのもっちり太麺うどんや、素材や製法に一家言あるラーメン、異国の食卓に迷いこんだかのような世界の味まで堪能できる。ジャンルが豊富なのでおなかと相談して選ぼう!

ラーメンサニー

つけ麺元祖の味を守り続ける

店主は山岸氏の一番弟子だった。
店主は山岸氏の一番弟子だった。

ラーメンの神様・山岸一雄氏の教えを守るもりそばが食べられる。並盛りでも330gもある麺は、山岸氏が配合した特別な小麦粉を使用した多加水麺で、モッチリとして喉越しがいい。合わせるつけ汁は、豚のゲンコツをベースに鶏ガラや煮干し、サバ干しなどの魚介系を加える。インパクトは少ないが甘みや辛さ、酸味のバランスがいい。昔ながらの固ゆでの玉子や歯応えのいいメンマ、秘伝のタレに漬け込んだ肩ロースチャーシューなども秀逸。

もりそば770円。中太麺と優しいつけ汁は食べ飽きない。
もりそば770円。中太麺と優しいつけ汁は食べ飽きない。
平成2年創業の東池袋大勝軒系の老舗格。
平成2年創業の東池袋大勝軒系の老舗格。

『ラーメンサニー』店舗詳細

ラーメンサニー
住所:東京都西東京市ひばりが丘北3-2-4/営業時間:11:30〜15:00/定休日:水・第3火/アクセス:西武池袋線ひばりヶ丘駅から徒歩1分

栄屋うどん店

製麺所で食べる家庭的なうどん

肉汁うどんはこれだけのボリュームがあって560円とリーズナブル。
肉汁うどんはこれだけのボリュームがあって560円とリーズナブル。

昭和29年創業。元々はうどん玉や天ぷらなどを販売していたが、店の奥に2つのテーブルが置かれ、店内でも食べられる。自慢のうどんは無添加にこだわった太麺で、小麦の旨味や香り、ツルツルとした喉越しを実感できる。人気の肉汁うどんは、豚肉がたっぷりと入ったつけ汁と、うどんの相性が抜群。家庭的で飽きの来ない味わいは毎日食べたい。うどんのゆで汁で割って最後の一滴まで味わおう。

調理は奥さんの担当。
調理は奥さんの担当。
店頭に立つご主人が販売を行っている。
店頭に立つご主人が販売を行っている。

『栄屋うどん店』店舗詳細

栄屋うどん店(さかえやうどんてん)
住所:東京都西東京市ひばりが丘北 4-1-29/営業時間:11:00〜16:00(テイクアウト11:00〜18:00)/定休日:月・火/アクセス:西武池袋線ひばりヶ丘駅から徒歩2分

ロスオーチャー

旨・甘・辛が絶妙なるバンコクの味

ガパオライスのランチセットはスープ、デザート付き980円。
ガパオライスのランチセットはスープ、デザート付き980円。

「趣味程度でやるつもりだったんですけど」と頭をかくのは店主の並木勉さん。バンコク出身で、幼い時から屋台の味を知り尽くす奥様のペンナパーさんが、2010年に小さな店を始めるとすぐに評判となり、家族で営むことに。唐辛子、ニンニク、シーズニングオイルなどを調合した特製ソースで鶏の粗みじん肉を炒めたガパオは、タイ産の香り高きジャスミン米も絶妙の炊き具合で、最初は甘み、後から辛みが押し寄せる。青パパイヤで作るサラダ・ソムタムの歯触りもクセになる!

ソムタム1200円。タイのシンハー、チャーン各550円。
ソムタム1200円。タイのシンハー、チャーン各550円。
並木一家。蓮君もおもてなし。
並木一家。蓮君もおもてなし。

『ロスオーチャー』店舗詳細

ロスオーチャー
住所:東京都西東京市ひばりが丘北3-3-23 香蘭ビル2F/営業時間:11:30〜14:30・17:30〜21:00LO/定休日:月/アクセス:西武池袋線ひばりヶ丘駅から徒歩2分

取材・文=速志淳、佐藤さゆり(team まめ) 撮影=丸山泰、オカダタカオ、加藤昌人