散歩の途中で小腹がすいたら、休憩も兼ねてジューススタンドへ。パッと飲めて手軽なうえに、野菜や果物をふんだんに使うから栄養補給もバッチリ。店を出た後もたくさん歩ける! 作り置きせず注文ごとに作ってくれる店ならなおさら、健康効果も期待できそうだ。

純度100%の濃厚さ!『HOTCAKE つるばみ舎』(経堂)

銅板でこんがりと焼き上げたホットケーキで名をはせる店だが、旬の果物で作る絶品フルーツジュースも見逃せない。注文したのは、ブドウ数品種と和梨をコラボした秋のミックスジュース570円。季節によって異なる季節限定ジュースを楽しめる。万惣フルーツパーラーで修業した目利きのご主人が、その時々で一番おいしい品種を組み合わせるため、日によってジュースの色と味の変化を楽しめる。果物を丸ごと飲んでいるかのような感動とカクテルのような美しさを兼ね備えた濃厚な生ジュースだ。

ホットケーキ2枚650円とフルーツ生クリームのトッピング400円。ホットケーキの作り方は、この絵本と全く同じとのこと。
ホットケーキ2枚650円とフルーツ生クリームのトッピング400円。ホットケーキの作り方は、この絵本と全く同じとのこと。
冬木透さん、麻依子さん。息の合った名コンビ。
冬木透さん、麻依子さん。息の合った名コンビ。

『HOTCAKE つるばみ舎』店舗詳細

HOTCAKE つるばみ舎
住所:東京都世田谷区宮坂3-9-4 アルカディア経堂1F/営業時間:11:00〜17:30LO(土・日・祝は9:00〜10:30のモーニングも営業。モーニング時間帯は生ジュース販売なし)/定休日:水・第2・第4火/アクセス:小田急線経堂駅から徒歩2分

市場のママが作るジュースに癒やされた!『喫茶 岩田』(市場前)

築地の仲卸業者に嫁いだ岩田サワ子さん。最初は加工場を手伝っていたが、どうしても喫茶店がやりたいと一念発起。専門の学校で勉強したのち、1987年に築地市場内で念願の店を始めた。客の目当ては670円のフレッシュジュース。リンゴ、ニンジン、レモン汁、牛乳を使用し、隠し味はハチミツ。場所柄、仕入先には事欠かない。2018年10月に誕生した豊洲市場に移転してからも、フレッシュな環境でフレッシュな生ジュースを提供し続ける。

フードの人気メニューはカラシをピリリと利かせたホットサンド670円。「フレッシュジュースによく合うのよ」とママ。
フードの人気メニューはカラシをピリリと利かせたホットサンド670円。「フレッシュジュースによく合うのよ」とママ。
看板娘が市場で働く人々の胃と心を癒やします。
看板娘が市場で働く人々の胃と心を癒やします。

『喫茶 岩田』店舗詳細

喫茶 岩田
住所:東京都江東区豊洲6-5-1 豊洲市場 水産仲卸売場棟3F/営業時間:4:00〜13:00/定休日:日・祝(水は不定)/アクセス:ゆりかもめ市場前駅から徒歩1分

栄養たっぷりの健康志向に愛を感じた!『アンデルセン』(茅場町)

昼は喫茶、夜はカラオケ。このスタイルで約50年、茅場町の一角をにぎわせている。通関業の事務所を経営する傍ら、店を切り盛りするマスターによれば「近隣の証券会社で働く常連さんが多いですね」とのこと。おすすめのジュースは青汁バナナ豆乳500円。栄養機能食品の青汁、食物繊維が豊富なバナナ、豆乳、という最強の健康タッグである。なお、気になる夜の部は2時間3000円で飲み放題、歌い放題と、こちらも良心的なお値段です。

ジュースは上から時計回りに人参、黒ゴマバナナ豆乳、ブルーベリー(すべて500円)。バナナはちょうどいい感じに熟したものを使用。
ジュースは上から時計回りに人参、黒ゴマバナナ豆乳、ブルーベリー(すべて500円)。バナナはちょうどいい感じに熟したものを使用。
ザ・昭和といった風情が漂う外観。
ザ・昭和といった風情が漂う外観。

『アンデルセン』店舗詳細

アンデルセン
住所:東京都中央区日本橋茅場町3-4-6/営業時間:10:45〜15:15・18:00〜23:30/定休日:土・日・祝/アクセス:地下鉄東西線・日比谷線茅場町駅から徒歩2分

アンズを7個も使う贅沢さ。『珈琲館 ろあーる』(大塚)

ビロード張りの椅子に座るとホッとする昔ながらの喫茶店。仕入れ状況によっては飲めるのが、なかなかお目にかかれないアンズジュース682円。あらかじめ砂糖で煮込んだアンズを氷と一緒にミキサーにかけるフラッペスタイルだ。ママいわく、「人気なのはオレンジやバナナ。アンズはちょっと変わった人が頼むわね」。贅沢にも1杯につき7個のアンズを使っており、飲み終わる頃にはそのままゴロンと入った実が姿を見せるのもうれしい。

飲み物とヤクルトが付くトーストセット682円のファンも多い。
飲み物とヤクルトが付くトーストセット682円のファンも多い。
ママはもともと1階の洋品店で働いていたが、コーヒーの専門店で修行を積み、1980 年に喫茶店を開業。
ママはもともと1階の洋品店で働いていたが、コーヒーの専門店で修行を積み、1980 年に喫茶店を開業。

『珈琲館 ろあーる』店舗詳細

珈琲館 ろあーる
住所:東京都豊島区南大塚2-41-7 勉強堂ビル2F/営業時間:9:00〜19:00(水・日は〜17:00)/定休日:木/アクセス:JR山手線・都電荒川線大塚駅から徒歩4分

店主夫妻も毎日飲んで元気。『生きた野菜ジュースの店 本店』(内幸町)

生きた野菜ジュースAコース(ニンジン、リンゴ、レモン)M550円〜 生きた野菜ジュースDコース(ケール100%)M550円〜  食べる野菜ジュースM550円〜 。【材料】ケール、セロリ、小松菜、ホウレンソウ、ニンジン、リンゴ、ゴマ、オリゴ糖など
生きた野菜ジュースAコース(ニンジン、リンゴ、レモン)M550円〜 生きた野菜ジュースDコース(ケール100%)M550円〜 食べる野菜ジュースM550円〜 。【材料】ケール、セロリ、小松菜、ホウレンソウ、ニンジン、リンゴ、ゴマ、オリゴ糖など

食べる野菜ジュースは擂(す)りごまをかけることで甘みを帯び、ケールやセロリの苦味を絶妙に食べやすくする。元気いっぱいの代表・松本寿男さんは御年83。50歳で心筋梗塞になり倒れたが、回復後は「人を助けたい」とこの店を始めた。道具にもこだわり、超低速回転のスズキ式ジュースマシンは圧力で押し搾るので熱が発生せず、栄養素をほぼ100%抽出できるとか。松本さんの笑顔が、その証拠!

笑顔がまぶしい松本夫妻。店を切り盛りする妻の洋子さんは「健康診断は今もA判定」。
笑顔がまぶしい松本夫妻。店を切り盛りする妻の洋子さんは「健康診断は今もA判定」。
松本さんが代表取締役を務める株式会社三松企画では、スズキ式ジュースマシンの販売も行う。
松本さんが代表取締役を務める株式会社三松企画では、スズキ式ジュースマシンの販売も行う。

『生きた野菜ジュースの店 本店』店舗詳細

生きた野菜ジュースの店 本店
住所:東京都港区西新橋1-5-9TSビル1F/営業時間:11:00〜19:00/定休日:土・日・祝/アクセス:地下鉄三田線内幸町駅から徒歩1分

注文ごとに作るコールドプレスジュース。『GREENROOM Tokyo』(上野毛)

ビーツ・ルビーショット(S)770円〜。 【材料】赤ビーツ、ニンジン、リンゴ、ミカン、ショウガ、乾燥ショウガ
ビーツ・ルビーショット(S)770円〜。 【材料】赤ビーツ、ニンジン、リンゴ、ミカン、ショウガ、乾燥ショウガ

スムージーとコールドプレスジュース、サラダが人気の八百屋カフェ。2月から上野毛の人気ビストロ『ワインの木 テラ』に間借り&コラボの予定で、メニューがより充実する。作り置きする店が多いコールドプレスジュースも店主の大江真友さんは注文ごとに一から調理。ビーツ・ルビーショットはショウガが味をきりりと引き締め、リンゴだけでも1個半と材料をたっぷり使うので腹持ちがよく満足度大。

メニューはすべてテイクアウト可。グリルチキンサラダは1620円(イートインの場合は1650円)。
メニューはすべてテイクアウト可。グリルチキンサラダは1620円(イートインの場合は1650円)。
「甘酒やショウガを使ったホットスムージーもあります。冷えを解消し、体を芯から温めたい人におすすめ」と大江さん。
「甘酒やショウガを使ったホットスムージーもあります。冷えを解消し、体を芯から温めたい人におすすめ」と大江さん。

『GREENROOM Tokyo』店舗詳細

GREENROOM Tokyo
住所:東京都世田谷区瀬田1-20-19/営業時間:11:00〜17:00/定休日:不定/アクセス:東急大井町線上野毛駅から徒歩6分

色彩心理学に基づいて心にも栄養を。『HOLIC color drinks』(豪徳寺)

ニュートラル・ホワイト630円。【材料】リンゴ、パイナップル、ヨーグルト、牛乳、手作りジンジャーコンフィチュール
ニュートラル・ホワイト630円。【材料】リンゴ、パイナップル、ヨーグルト、牛乳、手作りジンジャーコンフィチュール

店主の谷出一真さんは色彩心理士でもあり、ノウハウをレシピに応用。気持ちを落ち着けたいならニュートラル・ホワイトがおすすめだ。パイナップルのまろやかな甘みと酸味が気分を軽くし、高知産ショウガとハチミツ、スパイスで作る自家製コンフィチュール「世田谷じんじゃー」が体を温め、和ませる。「80歳を超える方が毎日来てくれるんです」と、店内は近隣住民の憩いの場にも。

左から、糀甘酒の美容効果も期待大のラグジュアリー ・ビューティ 650円。豆乳ベースのヒーリング・グリーン630円。パイナップルとパプリカ、イエローピーチを使うハッピー ・イエロー 630円。
左から、糀甘酒の美容効果も期待大のラグジュアリー ・ビューティ 650円。豆乳ベースのヒーリング・グリーン630円。パイナップルとパプリカ、イエローピーチを使うハッピー ・イエロー 630円。
谷出さんとの会話に和む。
谷出さんとの会話に和む。

『HOLIC color drinks』店舗詳細

HOLIC color drinks(ホリックカラードリンクス)
住所:東京都世田谷区豪徳寺1-22-5豪徳寺市場5/営業時間:11:00〜19:30LO/定休日:火 ・水/アクセス:小田急小田原線豪徳寺駅から徒歩1分

無農薬・減農薬野菜で八百屋が作る。『八百屋 三茶ファーム』(三軒茶屋)

季節のやさいスムージー430円。【材料】サラダほうれん草、季節の果物(写真はリンゴ)、バナナ、レモン、無添加リンゴジュース
季節のやさいスムージー430円。【材料】サラダほうれん草、季節の果物(写真はリンゴ)、バナナ、レモン、無添加リンゴジュース

こぢんまりした店内に、各地の提携農家から届く無農薬、または減農薬の野菜、果物がずらり。もちろん、スムージーの材料にも使われ、管理栄養士の資格を持つ店長がレシピを考案する。季節の野菜スムージーは氷、砂糖不使用で、旬の野菜とえぐみの少ないサラダほうれん草、柑橘のような酸味のある果物、凍らせたバナナをブレンド。新鮮ゆえ素材の味がしっかり出た、滋味深い一杯だ。

エコー仲見世商店街で営業。農家から直送されてくる新鮮な野菜、果物が揃い、時には ビーツ、サラダ春菊のような珍しいものもある。スムージーの完成を待つ間、買い物を するのも楽しい。
エコー仲見世商店街で営業。農家から直送されてくる新鮮な野菜、果物が揃い、時には ビーツ、サラダ春菊のような珍しいものもある。スムージーの完成を待つ間、買い物を するのも楽しい。
スタッフの田口藍さん。
スタッフの田口藍さん。

『八百屋 三茶ファーム』店舗詳細

八百屋 三茶ファーム
住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-13-16/営業時間:12:00〜19:00/定休日:日/アクセス:東急田園都市線・世田谷線三軒茶屋駅から徒歩1分

取材・文=信藤舞子、石原たきび 撮影=高野尚人、はちろいくえ