バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)西地区3位の島根スサノオマジックが6日、ホームの松江市総合体育館で第49戦に臨み、仙台89ERS(東地区)を84−77で下した。2連勝で通算29勝20敗。西地区2位・名古屋ダイヤモンドドルフィンズとのゲーム差は3で変わらない。今季は残り11試合。

 島根はペリン・ビュフォードが17得点、10リバウンド、13アシストで今季7度目のトリプルダブルをマーク。10点リードで迎えた第3クオーターは、仙台にリバウンドで優位に立たれ、2点ビハインドで終了。第4クオーターは勝負どころで安藤誓哉らの3点シュートが決まり、逆転した。安藤、ニック・ケイも2桁得点を挙げた。

 仙台との第50戦は、7日午後1時35分から同会場である。