全国知事会長の村井嘉浩宮城県知事が国民スポーツ大会(旧国民体育大会)の廃止を含む見直しに言及したことについて、鳥取県の平井伸治知事が11日の定例会見で「今のまま3巡目に入るなら廃止した方がいい」と述べ、財政負担とスポーツ振興を考え、抜本的な議論の必要性を訴えた。

 国スポは原則各都道府県の持ち回りで開催され、現在2巡目。2033年に鳥取県での開催が控える。

 平井知事は競技会場の整備で競技団体が求める施設の水準が高く財政負担が重くなっていることを問題視。自治体は数百億円の事業費がかかる一方、国からの補助金は5億円程度にとどまる現状を挙げ「スポーツを地域に根付かせて振興させる仕組みなのか疑問を持っている。抜本から議論されるべきで、今後試行的に負担軽減させることもやっていくべきだ」と強調した。

 都道府県が大会で1位を目指す場合、得点が低い個人競技より得点が高い団体競技に力を入れる必要がある現状を挙げ「アスリート養成の阻害にもなり、もっと自然にスポーツ振興を考えてはどうか」とも指摘。「スポーツ団体や政府は現場の声を聞いてほしい。今後の大会の在り方を真剣に議論するべきだ」と投げかけた。

 国スポの在り方については、全国知事会や日本スポーツ協会が協議を進めている。