昭和56年放送開始の連続ドラマから平成14年のスペシャルまで、長きにわたり愛された「北の国から」。現在、有料放送の「日本映画専門チャンネル」で高画質の「デジタルリマスター版」が放送され、またも人気を博している。連ドラ開始当初、大きな話題にはならなかったのに、やがて国民的な人気を得るに至った。撮影開始から40年が経過する今、関係者らが作品を振り返る。(兼松康)

 脚本の倉本聰が北海道・富良野に移住したのは昭和52年。「寒暖差の激しいところ、自然林のあるところを北海道中、探した。僕が来た頃は、冬と夏の気温差が70度ぐらいあった」という。もともと東京生まれの倉本。自ら望んだ移住だったが、「最初の2〜3カ月は自然に試された感じで。ひどい鬱になった」と振り返る。

 自然に親しみ、やがてそんな土地を舞台にドラマを書くことになった倉本。黒板家の五郎(田中邦衛)、純(吉岡秀隆)、蛍(中嶋朋子)が富良野へ移住してからが描かれたが、その背景の設定は後になって作られた。黒板家のルーツは徳島の蜂須賀藩の家老、稲田家にあり、そこから北海道・静内地方へ移った末裔(まつえい)というものだ。

 人物の来歴を作ることで「ドラマにした際の“化学反応”があり、面白くなる」というのが倉本の持論。例えば、スペシャルの「’84夏」で、父子3人でラーメンを食べながら、純が丸太小屋の火事について自身の責任を告白するシーン。早く店を閉めたがるラーメン店の女性店員(伊佐山ひろ子)が、食べかけの器を片付けようとする場面で、五郎が「まだ子供が食ってる途中でしょうが!」と激高する有名な場面だが、倉本はここにも、表には描かれていない女性店員の設定を用意していた。

 「子供が2人いて、早く帰らないと預けている先にも迷惑がかかる」という設定で、「彼女には彼女の理屈がある。生活も履歴も全く違う人物がぶつかることでの化学反応。それを考えるのがドラマの面白さ」と話す。父子の大切な時間を邪魔する無粋な店員にしか見えないシーンもまた異なる味わいが出てきそうだ。

 ドラマを特徴づける純のモノローグは、高倉健との会話がヒントになったという。「健さんの間(ま)は長く、5分でも10分でも黙っていて、突然返事が返ってきたりもする。その間合いの中のインナーボイス(心中で語られること)を考えるようになった。それをナレーションにすると意外と面白かったので」

 「…わけで」「…と思われ」といった口調は、「裸の大将放浪記」の山下清の語り口を利用したという。

 「今でも、視聴率50%を取れるドラマを作るのは不可能ではないと思う」と倉本。ただそれには「演出家、役者、スタッフを全てそろえなきゃならない」という前提がある。

 衣装一つをとっても、「衣装の履歴を考える必要がある。夜汽車で30時間かけて東京に着いた五郎のワイシャツにノリがピシッとついていて、怒ったことがあった」と明かす。

 「美術も衣装もメークも役者も、全員がそんな意識の上に立って合体したときに初めて、40%や50%を超えるドラマができる可能性は、なきにしもあらずだ」と話す。ただ、そうした意識の伝達を「テレビ局は継承していない」と手厳しい。

 「北の国から」では、そうしたスタッフや役者がそろっていた。だからこそ約40年の時を経ても色あせることなくテレビドラマ史に輝き、愛されるドラマになっている。

 「日本映画専門チャンネル」では現在、毎週土曜午後10時から連続ドラマ版の「北の国から」(全24話)を放送中(日曜午前8時から再放送)。「北の国から’83冬」以降のスペシャルドラマ版も順次放送予定。