評論家でエッセイストの坪内祐三(つぼうち・ゆうぞう)さんが13日、死去した。61歳だった。

 昭和33年、東京生まれ。早稲田大卒。雑誌「東京人」の編集者を経てコラムや書評、評論などの執筆を始める。「慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り−漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代−」で講談社エッセイ賞を受賞。著書に「靖国」など。「週刊文春」などでコラムを連載中だった。