21日午後1時半ごろ、東京都中央区銀座の路上で、杉並区の自営業の40代男性から「男に金を取られた」と110番通報があった。現金4千万円を奪われたといい、警視庁築地署は強盗容疑で逃走した複数の男の行方を追っている。

 築地署によると、男性は近くで貿易関係の取引をしており、受け取った7200万円をトートバッグに入れて歩いていたところ、後ろから近づいてきた男に体当たりされ転倒。腹部を蹴られ、バッグを奪われた。男性にけがはなかった。

 男は逃げる途中札束を幾つか落としていき、男性が拾い集めたため、盗まれた額は4千万円だという。

 築地署が付近の防犯カメラを調べたところ、バッグを奪った男は、数メートル先にいたバイクとともに南西の新橋方向に逃走。バイクには運転者1人が乗っていたが、さらに走行中にビルの間からもう1人の男が現れ、バイクの後部座席に乗る様子が確認されている。

 バッグを奪った男は青色ジャンパーにジーパン。バイクは黒っぽいスクータータイプで運転手は男とみられ、白いヘルメットに黒っぽい服装だった。現場は東京メトロ銀座駅近くで、飲食店などが立ち並ぶ路地。