12日未明から朝にかけて、東京都内で火災が3件相次ぎ、3人が死亡した。

 午前2時35分ごろ、調布市深大寺北町の民家から出火。東京消防庁によると、木造2階建ての住宅延べ約100平方メートルが焼け、焼け跡の2階部分から性別不明の1人の遺体が発見された。警視庁調布署によると、住人の30代女性と連絡が取れないといい、同署が確認を進めている。

 午前8時過ぎには、板橋区徳丸で火災が発生。東京消防庁によると、住宅2棟計約150平方メートルと周辺の3棟の外壁などが焼け、火元の住宅から性別不明の1人の遺体が発見された。警視庁高島平署が住人の70代男性とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 江東区扇橋では午前9時過ぎ、5階建ての集合住宅の3階から出火。東京消防庁によると、火元の部屋の約10平方メートルが焼け、室内から70代とみられる男性1人が救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。