カッターナイフを見せながら乗用車にあおり運転をしたとして、福島県警福島北署は12日、暴力行為法違反容疑で福島市瀬上町の自称除染作業員、元木之夫明(のぶあき)容疑者(53)=道交法違反容疑で逮捕=を再逮捕した。容疑を認めている。

 再逮捕容疑は10日午前11時10分ごろ、同市本内の国道4号で、市内の男性(48)の乗用車を後方から軽乗用車で追いながら、窓越しにカッターナイフを見せて脅したとしている。男性と同乗していた家族にけがはなかった。

 男性が車から110番通報、同署前で検問を実施して、追いかけてきた元木容疑者に職務質問したところ酒気帯び状態であることがわかり、道交法違反容疑で同日に現行犯逮捕していた。同署は動機などを詳しく調べている。