神戸市北区有野町有野の民家などで男女3人が刃物で刺されるなどして死亡し、女性2人が重傷を負った事件で、兵庫県警有馬署捜査本部は17日、民家に住む無職、南部達夫さん(83)に対する殺人容疑で、同居する孫の無職、竹島叶実(かなみ)容疑者(26)を再逮捕した。

 竹島容疑者は16日、近くの神社で包丁と金属バットを持っていたとして、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されていた。調べに「自宅の包丁で誰でもいいから刺してやろうと思った」と供述し、捜査本部が5人殺傷との関与を調べていた。

 事件では、南部さんと妻の観雪(みゆき)さん(83)、2軒隣に住む無職、辻やゑ子さん(79)が死亡。竹島容疑者の母親の竹島知子さん(52)と近隣の無職、前北操(まえきた・みさお)さん(65)も重傷を負っているのが発見された。母親は竹島容疑者にバットで殴られ、他の4人は包丁で胸や首などを刺されたとみられる。