岡本倫明氏(おかもと・みちあき=余部鉄橋列車転落事故の遺族連絡会会長)11日、病気のため死去、83歳。葬儀・告別式は13日午前11時、兵庫県香美町香住区香住1235の9、如来堂ホールで。喪主は長男、潔政(きよまさ)氏。

 同町の旧国鉄山陰線余部鉄橋で昭和61年12月、回送中の列車が強風にあおられて転落、12人が死傷した事故で妻を亡くした。遺族連絡会の会長を務め、現場の観音像の世話を続けた。