世界中のカブトムシやクワガタ約40種類を集めた「わくわく昆虫フェスタ」が兵庫県淡路市夢舞台の国営明石海峡公園で開かれ、夏休みの子供たちでにぎわっている。31日まで。

 同公園が毎年開催している人気イベントで、東南アジアや中南米など世界各地に生息するカブトムシやクワガタを飼育ケースで展示している。特に人気なのは、世界最大のカブトムシとされるヘラクレスオオカブト。子供たちはケースをのぞき込んでは「大きい」「強そう」などと口にしていた。

 同県姫路市から家族と訪れた小学3年、岸本晃成君(9)は「虹色に光っているニジイロクワガタがかっこよかった。いつか飼ってみたい」と話していた。

 午前10時〜午後5時で期間中無休。午前10時と午後3時からの各20分間はヘラクレスと記念撮影が可能。夏休みの自由研究向けに工作教室や自然観察会なども行っている。問い合わせは同公園管理センター((電)0799・72・2000)。