大阪府松原市の田中厚志市議(42)=大阪維新の会=が今年3月、「体調不良」を理由に本会議を欠席しながら、妻と沖縄へ2泊3日の旅行に向かっていたことが10日、分かった。田中市議は取材に対し「私の認識が甘かった。市民を裏切る行為で申し訳ない。反省している」と陳謝した。大阪維新の会は処分を検討する。田中市議は維新市議団を5日付で離脱し、無所属となった。

 田中市議らによると、欠席したのは3月26日。当初予算案などを議決する閉会日だったが、妻を通じて維新市議に「体調不良のため欠席する」と嘘の連絡を入れて本会議を欠席。午後4時ごろに関西国際空港から沖縄へ出発したという。

 匿名の文書が寄せられ、維新市議が確認したところ、田中市議が認めたという。議長は8月29日付で戒告処分とした。田中市議は昨年9月に初当選し、1期目。